スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接の反省

面接でちょっと残念な結果になったのですが、
何故 駄目だったのかを考えてみます。

質問内容、回答、考察、の順で行きます。

【質問】あなたは最近ゲームで遊びましたか?
【回答】現在は就職活動に取り組んでおり、遊んではいません。
【考察】 後から考えてみると、面接官の方は「自社製品で楽しんでくれているかな?
という事が知りたかったのかもしれません。
基本的に無意味な質問はしないのです。


【質問】あなたは最近、とても楽しいと感じたことはありますか?
【回答】動画共有サイトのコメントなどを見て、楽しいと思いました。
【考察】緊張して自分でもなんだか良く分からない事を言ったと感じてます。
この回答は良くなかった・・・!  あと、
これも、「自社製品で楽しんでいるかな?」という事が知りたかったのではないかと思います。
結局、自分は志望企業の自社製品について語らなかったのです。


【質問】ゲーム業界で、尊敬している人は居ますか?
【解答】ニーズを把握し、経営できる I 社長は凄いと思います。
【考察】これは多分、志望理由をハッキリとさせたかったのかもしれません。
「何故我が社なのかな?」「我が社に尊敬する人物などは居るのかな?」と。
自分は、あろうことか他社の人を賛美してしまいました。
面接官の方からすれば、
じゃあその優秀な社長が居る企業へ行かれてはどうですか?
となりますね。
うん。
他社の話はするべきではなかった。(´・ω・`)


-------------------------------------------------------------------
あと、個人的に感じた事。
面接官の方は、面接のテクニックとして終始笑顔の状態で居ることが多いです。
(学生の緊張を解き、より多くのことを引き出すため)
しかし、逆に考えると
表面上では笑顔でも、実はキレている事があります。
これは怖い。

で、そんな気持ちは時々言葉に表れたりします。
以下、他のサイトや実体験に基づく例。

ケース① 「君の地元に●社があるよね。そっちの方が経済的にもいいんじゃない?」
【解説】遠まわしに、ウチの企業には来るな、向いていない と言っている。

ケース② 「本日はお疲れ様でした。あなたは、将来有望だと思いますので
何か嫌な事があってもめげずに就職活動を頑張ってください。」
【解説】何故か励ましの言葉がかかる。採用の可能性はほぼ無いという事。

ケース③「選考の結果は後日郵送します。まぁ無いとは思いますが、
ご縁がありましたらよろしくお願いします。」
【解説】 面接官の方物凄くキレてます。
採用しない、という旨を明確にしています。
(これは某ゲーム企業の選考で、ひたすら他社製品の賛美
及び某ゲーム企業の製品では一切遊んだ事が無いという事が発覚したため)

とにかく、面接官の方に失礼が無いように言葉を考えておかないとヤバイです。

テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。