スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ39号感想

●戦国バショウ
読みきりです。
ヒロインの口の形を見て、ちょっとリリエンタールを思い出してしまった。
リリエンタール・・・。

【参考画像】
リリ口
↑こんなの。


おっと! 戦国バショウの感想に戻ります。
この漫画についてですが、絵柄とストーリーが良かったと思います。

ストーリーは、どこかの映画みたいな演出で、
飛脚が現世にやってきて、過去に戻れるまで頑張るぞ!みたいな感じ。

今回のストーリーで具体的に良かった点は、
暗黙的にハッピーエンドが示唆された所にありますね。

-----------------------------------
・過去に戻れるのか?
・姫は助けられるのか?

-----------------------------------
とか気になったのですが、最後に巻物が登場。
そこには飛脚に助けられる姫の姿が描かれてました。

コレにより、
-----------------------------------------------------------
・バショウは(将来的に)現世から、過去へ戻れる
・華音は、(恐らく)姫の子孫なので、 飛脚に助けられた後も無事

-----------------------------------------------------------
という事が分かります。
本当に良い終わり方でした。


ついでに、悪かった点。
悪かった点は何と言っても悪役ですね。

悪役は悪くて当然なのですが、その"悪さ"の方向が悪い。
(ちょっと混乱しそうな文章になってきた)

何というか、最近の悪役は単純な下衆として描かれる事が多いので、
なんか不快感を与える存在になってるんですよね。

主人公に「コイツを頑張って倒して!」とか思うよりも先に、
「この悪役 イヤな奴だな・・・」という不快感を感じるんですよ。
(主人公が悪役を倒しても、それ程 爽快感が感じられる!という訳でもなかったりしますし)

ここら辺はどうにかして、"良い悪役"を作ってもらいたい所。


最後に気になった点。
気になった点といえば、何といっても ヒロインが突然 12頭身になったシーンです。
いくらなんでも縦長過ぎますよアレは。
("キャプテン翼"的な縮尺の違和感。)

※204Pを冷静に見てみてください。


●サイレン
シャイナさんが、圧倒的な早さでお亡くなりになりました。
なんだかんだで、一番 見せ所を見せられなかったキャラクターではなかろうか。

だって誰も倒せてないですよ。 (自分の記憶上)
それに、記憶に残っている事といえば、
------------------------------------
・ヒリューとタツオを再会させるきっかけを作った
・朧を超新化させるきっかけを作った
・雨宮さんに、骨を折られた

------------------------------------
これぐらいです。
ドルキさんの方がまだ頑張ってましたよ。

もっと活躍しても良かったかなーという印象。
まぁ、負けた事に関しては仕方ないですね。
------------------------------------
主人公が新技を覚えた直後の敵は、
大抵 その新技でやられる

------------------------------------
という法則があるのですから。

シャイナさんは犠牲となったのだ・・・。
主人公達の新技公開の為にな・・・。

勝つためには、
新技がある程度使い古されて、マンネリして来た時を狙うしかないのです。


●ワンピース
ここで覇気の説明が行われました。

赤色、青色とか、いっぱい色があるのかな?とか思ってましたが、
下記の3つのみっぽいです。
------------------------------------------------------------------
・見聞色 (見えない敵の位置、考えを読み取れる)
・武装色 (自分や武器を強化、またロギア系へ攻撃可能)
・覇王色 (相手を威圧する。威圧された敵は死ぬ気絶。)

------------------------------------------------------------------

多分、ルフィは武装色に特化するんじゃないかなーと予想。
だって一番必要なのはコレだと思いますし。

見聞色は、黄猿みたいなのが相手だと、持ってても意味無いですからね。

あと、覇気を身につけただけで 今まで全く歯が立たなかった強敵に勝ち始めるのもアレなので、
もう1つ、 +αがあるといいなと思いました。

特に覇気に関しては見た目的な変化が無いので、
「今までと見栄えは変わらないのに、敵が大ダメージ受けてる?」
みたいな心境になる可能性が高いです。

なので、ルフィから煙(オーラ的な何か)が出たり、
新しい技を出したり、 攻撃時のアクションを激しくしたり、

とにかく今までとは違う演出が必要になると思いました。



●トリコ
さて、最後にGTロボ? が出てきましたので、今後の予想。

まず、ノッキングマスター次郎? → 違いました という展開があったので、
今回も、安易な「GTロボでした」 という展開は避けてくる と思います。

じゃあ、どんな展開が来るのか?の予想。
-------------------------------------------------------
【1】 GTロボにはモデルとなった生物が居て、 今回はその生物。
【2】 やっぱりGTロボでした。
【3】 GTロボそっくりの着ぐるみを着た誰かさん。

-------------------------------------------------------
とりあえず、コレは【1】か【3】でしょう。
自分は、【1】に絞って見る事にします。


次に、【1】だった場合、どんな行動に出るか?の予想。
-------------------------------------------------------
【1】 突然、トリコ達を襲撃。 四肢を切断しない程度の怪我を負う。
【2】 ピーチ姫的な存在となった 小松を攫う。
【3】 「コ・ン・ニ・チ・ワ」とか言い始める。

-------------------------------------------------------

自分は、【3】だと予想しておきます。
【3】では無いとしても、禍々しい展開にはならない、と予想しておきます。

根拠は、背景が明るかったからですね。
恐怖を煽る場合は、 大抵、背景が黒くなるんですよ。
もしくは、敵?と思われる相手から何か負のオーラ的なものが出ている。

しかし、今回は白い背景に「オオオオオ」という描き文字だったので、
怖い展開にはならないと予想しました。


●少年疾駆

―6年後。

・・・!
で、出た・・・!
突然 時間軸が飛ぶと一気に最終回を迎えるという法則が・・・!

いや、まだわからないですが、
でも掲載順位的に最終回を迎えるんじゃないかな。

敗因は・・・
んー最初のテンポが遅かったのかな?
(話の)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

吹奏楽コンクール 支部大会の結果 と 感想

支部大会が終わり、結果及び感想を書こうと思います。
結果は・・・ 銀賞でした。

--------------------------------------------------------
オリンピックとかとは違いますよ。
吹奏楽コンクールは、金・銀・銅の賞のいずれかが貰えるので、
銀といっても凄いワケではありません。

英検で例えると「不合格A」ぐらいの扱いです。
--------------------------------------------------------

う、うー悔しい。
正式なメンバーじゃないというのに、凄く悔しいな。
※自分は、コントラバスで賛助出演。

詳しい点数を聞いてみたのですが、 (審査員の総合点数で評価される)
合格点が109点ぐらいで、 自分達は103くらい だったようです。

※見事、金賞を受賞して全国大会に推薦された団体は130点ほど あった模様。


とりあえず、銀賞と言われた時は、
周りの声も無かったので、 まだまだなんだろうなぁと思いました。

※「銀賞」と発表される際の観客の反応には、2通りの反応があります。
--------------------------------------------------------------------------
その1: 普通に拍手
普通に、参加した団体を労う拍手です。

その2: 「えぇーっ!?」という声が上がる
大勢の観客が、「この団体は金賞だろう!」と思っていた場合にのみ発生。

素晴らしい演奏にも関わらず、審査員の評価するポイントとズレてたりするとこうなる。
しかし、多くの人を感動させられる実力は持っている団体と言える。
--------------------------------------------------------------------------



そして、 他の団体の演奏を聴いて面白かったなーと思った点。(感想)

自分は、自分達の演奏が終わった後 他の団体の演奏を聴いてたんですが、
「課題曲 Ⅳ 汐風のマーチ」が 妙に多かったです。
(課題曲は4,5曲ほどあって、その中から必ず一曲選んで演奏する)

「また Ⅳかよ!」とか思ってました。
(6団体 聴いた中で、4団体がⅣ。)

・・・結構、人気が出そうな課題曲が出ると、それに偏ったりするんですよね。
吹奏楽のための「風之舞」とか。

まぁ、それは置いといて、面白かった点。
「Ⅳが多いな 他の課題曲も聴きたいな」とか思ってたのですが、
同じ曲が続く反面、
団体ごとの演奏の違いが聴けた んですよ。
これは非常に面白かったです。

----------------------------------------------------------
・大胆に、激しく、力強く演奏する
・全体的に、落ち着いていて淑やかな音を作っている

(曲が盛り上がる所でも、 力む事無くサラッとやる感じ)
・テンポを少し速め(遅め)にしている
----------------------------------------------------------
こんな感じで、色んな演奏方法がありました。
で、しかも一概に「この演奏は駄目」とは思えないんですよ。

「こういう演奏方法も良いな」という風に、
それぞれの異なる演奏方法に良さが見つかるような状態。

これが非常に面白かったです。
以上、コンクールの結果および感想でした。

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

吹奏楽コンクール支部大会 本番に行ってきます!

今日は、吹奏楽コンクール支部大会 本番です。
※自分は、とある団体で 賛助メンバーとして参加している。
 楽器はコントラバス。


で、以前も説明しましたが、コンクールのおおまかな流れはこんな感じとなってます。

-------------------------------------------------------------------
都道府県大会 → 支部大会(中国支部、関西支部など) → 全国大会
-------------------------------------------------------------------

つまり、今日の支部大会を通過すれば全国大会へ行けるという訳です。
さて、どうなるんでしょうかね。

支部大会って、全国大会へ行ってた団体でも
油断すると落ちてしまうようなイメージがあります。
(それだけ 参加団体のレベルも高く、審査も厳しい)


聞いた話ですが、上位の大会になればなるほど、予選を通過出来るかは
審査員との相性や、出場順の影響も出てくるらしいですね。

まず、前者ですが、
上位の大会になると、
-----------------------
・音程が合ってない
・リズムがあってない
・出す音を間違える

-----------------------
上記の様な、初歩的なミスはみんなしなくなるので、
曲の表現の仕方とか、そういう細かい所が見られるようになるんですね。

で、「この曲は、こういうの表現の仕方にしたほうが良い」みたいな
考えを持っている審査員が居た場合、
その審査員の考えに最も近い団体が評価されやすいのです。

例えば、曲の最後のフェルマータは「長めに伸ばすのがいい」とか、
逆に、「短めに終わらせるのがいい」とか。

正直、ここら辺は感性によります。
(音楽には、普遍的な答えが無いのである。 難しい所。)

まぁ、それを逆手にとって、
------------------------------------------------------------------
審査員がどんな演奏の仕方を好むかを調べて、
その審査員にあった演奏方法に変える

------------------------------------------------------------------
という戦略をとってる団体もある模様。


次に後者についてですが、
やっぱり、演奏のレベルが高くなり、また差を見分けるのが難しくなる為、
---------------------------------------------------------------
最初に聞いた演奏は忘れがちになり、
最後の方に聞いた演奏は記憶にある程度残っている

---------------------------------------------------------------
という状態が審査員の中で発生したりするっぽいです。

自分の経験ですが、
「金賞じゃなかったけど、録音で全ての団体を聞いたら一番上手かったと思う」
みたいな評価を多数の著名な方々から受けることもあったので、

やっぱり演奏順による影響は多少はあるんだと思います。
(全ての団体が演奏が上手いと、
     よっぽど飛びぬけた演奏じゃない限り、印象に残らなくなる)


まぁ、ともかく、最善を尽くしてきます!
結果は、また後ほど。

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

"雰囲気がいい"ゲームの紹介

ゲームって色々とあると思うんですが、
その中でも雰囲気が重要なゲームってあると思うんです。

世界観とかストーリーとか、その他画像などで、
独特の雰囲気が作り上げられてるような、そんなゲーム。


で、そういった雰囲気が重要なゲームにおいては、
何より雰囲気を壊さない工夫が重要だと思います。

雰囲気が重要なゲームでは、 "ゲームらしい要素"を入れると、
かえってゲームとして駄目になる場合があると思いますからね。


例えば、スプラッターハウスというゲームがあるんですが、
これは、いい感じに怖い雰囲気が作られてます。

このゲームで、もし敵にHPバーとかが付いてたら興醒めすると思う。
・HPバー ・・・ 格闘ゲームで よく画面上部に表示されるような HP残量のメータ。


あと、牧場物語シリーズ
牧場物語では、異性のキャラクターと仲良くなると結婚出来たりするんですが、
(そういえば、自分は牧場物語をプレイして、一度も結婚したことないなぁ・・・。
               淡々と農作業とかに夢中になってるような気がする。)

もし、その「仲の良さ」が
------------------------------------------------
仲良し度: 562
(仲良し度 800以上で結婚できます)

------------------------------------------------
こんな感じで数値化されてると、多分 悲しくなると思う。

※実際の牧場物語は、ハートの色が赤色に変わるみたいな演出で、
仲の良さを把握する事が出来るようになってます。


まぁ、要するに
ゲーム = 結局は内部の数値やパラメータをやりとりしてるだけ と、
悟られたら駄目なんですよ。

上手い具合に、そこは隠蔽しないといけない。

まぁ、ゲームによって、何が雰囲気を壊すのかは色々と変わってくると思います。
RPGなんかでは、HPが数値化されてても特に気にしないと思いますし。


最後に、雰囲気が良いと思うゲームの紹介。

・ICO
【参考URL】ICO

・スプラッターハウス
※全体的に、怖い雰囲気が漂ってる作品。
ちょっとグロテスクな描写もあるので、あえてリンクは貼りません。
(検索すれば、すぐにプレイ動画なんかは見つかるかと)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

街中で 物凄い人に会った

自分が家へ帰る途中の事です。

ビルが立ち並び、人通りも多い場所を歩いていたんです。
夜の21:00くらいだったので、屋台で何かを食べてるサラリーマンの人とかが
結構多く居ました。

で、そんな状態で ふと目の前を見ると・・・

【参考画像】
god.jpg

ん・・・!?

なんか、一人だけ別の世界から来たような人が居ました。
髪を真っ白に染めて、何故かウサギの耳が生えてて 、
ドレスみたいなのを着ていた・・・!


お、驚いた・・・!
衝撃的だった・・・! 見た瞬間 腰が抜けるかと思った・・・。


今まで、メイド服で浜辺を歩いている人とか
見たことありますが、ここまで強烈な印象を与えられたのは初めてです。

周囲の人は、みんなスルーしてるし、
本人も、妙に堂々と自然体で歩いているので、

何とも不思議な空間(雰囲気)でした。
(通行人に、特に驚く反応もされず無視される ドラえもん状態。)


別に、
近くにそういうお店がある訳でも無く、何らかのイベントがあっている様子も無かったので、
あれは、私服だと・・・思います。

他にもラムダデルタ卿みたいな
全身ピンクのドレスで、コンビニに入っていく人も居ましたし、

ramuda.jpg
↑ラムダデルタ卿。

まぁ、そういった人は一定数居るんだと思います。
しかし、割合的には少ないので見た瞬間 とてもビックリします。
ウサギの耳までついているのは、今まで見たこと無かったので特に。

本当に! 本当に居たんですよ!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

知らなかった大型バイクの恐怖

先日、人気の無い道路を歩いていた時の事です。
突然、「パァー! パァー!」クラクションが鳴り始めたので

「何事!?」と思っていると、
目の前に、バランスを崩してケンケンで前へ進むバイクの運転手が現れました。


【参考画像】
バイク
(バランスを崩し、意図せずにクラクションを押す状態になってたと思われる)


で、しばらく様子を伺っていると、
ガシャーン!という音と共に倒れてしまいました。

【参考画像】
バイク2


「大丈夫なのか!?」と思っていたところ、
すぐに運転手は立ち上がり、「あーあ」みたいな反応をしてたので、

あ、大丈夫なんだな、と思い 立ち去ろうとした所、
また運転手の様子がおかしい事に気付きました。

【参考画像】
バイク3

・・・どうやらバイクを起こせない様子。

20秒以上苦闘してたので、急いで運転手の所へ向かい、
「手伝いましょうか?」と言い、持ち上げるのを手伝いました。

そして、持ち上げようとして驚愕しました。

重い・・・!
とんでもなく重い・・・!



軽い気持ちじゃ絶対に持ち上がりません。
大型バイクがあんなに重いなんて
知らなかった。



び、びっくりした・・・。 予想外の重さに、若干 恐怖すら感じた。
例えるならば、冷蔵庫や力士を一人で持ち上げるようなもんです。

人気の無い道路だったから良かったものの、
大通りとかだったら、動かすに動かせなくて二次被害が発生してたかもしれない。


とりあえず、倒れたバイクは無事起き上がり、
自分と、近所の家から「大丈夫か!」と言って出てきた上半身裸のおじさんに見送られて
運転手の方は、どこかへ行かれました。

良かったです。
というか、倒れたら起き上がらせられる機能か何かがあればいいのに、
とか思いました。
倒れたら大変ですよ。間違いなく。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ジャンプ38号感想

先週、「わーいジャンプだ!」と思ってたら
合併号だった事を思い出して、がっかりしたのは秘密。

ともかく、今週のジャンプ感想~!

●ワンピース
ほぼ仲間達の現状報告で、更に大きく変化したモノも無かったので、
今の所、特筆すべき天は無いかな?と言った印象。

気になるといえば、サンジが惨事になっていないかぐらいかな?


●バクマン
んーどうだろう?

予告状についてですが、更にもう少しひねって面白くしたほうが良いと思う。
(ヒネり過ぎて、難解になりすぎるのもアレですが)

というか、「縦に読め」みたいなヒントが無いので、
暗号文(挑戦状)としては、理不尽かも。

自分が明智君だったら、「"い"と"か"を消して、ここを縦に読めばよかったんだよ!」と言われても、
「いや、そんなの分かんないし・・・」という反応をすると思う。。


で、ヒネッた方が面白い、と言う事についてですが、
例えば、犯行時間ギリギリになって以下のメールを送るとします。


件名:私のdoconoの最新携帯から、古い携帯のキミへ。

明智君、キミはコレまでか
すごく残念な気持で一杯だ
よな?暗号解読が難しいん
ならば、キミはこれまでだ
ヒントだ。「糸に従え」。
それじゃ。


明智君は、糸 + 従 = 縦
つまり、「このメールを縦に読め」という暗号に気付き、

「花壇(かだん)だ。」という文章を見つけます。
そして、明智君は急いで学校の花壇へ向かうのですが、誰も居ないのです。

「おかしいな・・・!?」と明智君が焦っている所へ、
PCPが真の犯行場所からネタばらし、みたいな。


------------------------------------------------------
PCPは明智君の携帯が古いという事を知っており、
それを利用して、ミスリードさせる暗号メールを送信。

明智君の古い携帯の、メールの1行は12文字。
そして、doconoの最新携帯のメールの1行は13文字。

文章を全て13文字ずつに直すと、

件名:私のdoconoの最新携帯から、古い携帯のキミへ。

明智君、キミはコレまでか
ごく残念な気持で一杯だよ
?暗号解読が難しいんなら
、キミはこれまでだヒント
。「糸に従え」。それじゃ

となり、 真の犯行現場は砂場でした。みたいな。
(明智君は、見事に引っ掛かって悔しがる、というオチ。)
-------------------------------------------------------

あと、本編のメール文章について。
計算通り(けいさんどり)になってたのが気になりました。
どおりです。

自分は、他にも「気ずく」みたいな間違いがあると、
どうしても気になる。


●宇宙卓球
ん、んー これは駄目だ。
何が駄目なのか?というと、 原理が無い。

例えば、
---------------------------------------------
・「P2!」であれば、卓球の戦略、曲がる玉の原理
・「ぷーやん」であれば、主人公の計算能力の説明

---------------------------------------------
のように、 現実・非現実は置いといて、
何らかの設定があって、それに基づいたストーリー展開をしてたと思うんですよ。

しかし、この漫画は「主人公が卓球が得意」という設定があるだけで、
主人公が試合に勝って終わり、となってしまっているのです。


今回は、電撃を使う対戦相手だった訳ですが
---------------------------------
主人公:「こうすれば、電撃は流れないだろ?」
相手:「な、何っ!?」

---------------------------------
こんな感じの、「敵の能力に対する対応策や、打ち方などの戦略」があった訳でも無く、
なんか、いつの間にか玉を返せるようになって勝利してました。

これは、意外性も何も無いので、試合展開が面白くならないと思います。

その為、もしこの漫画が 連載になった場合は、
特に中身の無い勝利だらけになってしまいそうな気がしました。


●ぬらりひょんの孫
あっこの蘆屋道満との対決は、TVで見たことがありますよ。
TVでは「幼い男児」じゃなくて、確か箱の中身が「鼠 数匹」に変わってた
言ってました。 

多分、ここら辺はアレンジされたんでしょうね。

で、この過去の蘆屋道満さんですが、現代でも出てくるのかなー?と思いました。
みなごろし地蔵って居るじゃないですか。

アレの正体が蘆屋道満さんで、復活した安倍晴明に再び挑戦しようとしているとか、
そんな展開は無いだろうか。


●トリコ
多分、『「オゾン草」を食うぞー』とか言って、
独りでベジタブルスカイに行ったら発狂すると思うんだ。

独りじゃキツいよきっと。
(まぁ、オゾン草が食えなくても、 他の野菜で、満足出来るかも?)


●サイレン
マグマグ様はお亡くなりになりました。
なんだろう、カプリコを応援したくなってきたぞ。


あとマリーの体を乗っ取ろうと、ミスラさんが近付くのですが、
ヴィーゴさんが、凄くナチュラルにミスラの背中を刺し始めました。
相変わらず、彼は狂っている。(いい意味で)

しかし、マリーという守るべき存在が出来た事によって、
ヴィーゴさんの目に光がともったような気がする。
今後も、大きな変化が現れるかもしれない。


それにしても、
マンネリな展開は避けてくれてるので面白いですね。
(敵と味方のスリ換わりがあったり、敵同士の間で 予想外の出来事があったり)

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

このコンテストに出場(?)します!

文字色まず関係の無い話。
ブログ管理画面に出てくる、 ゾンビゲームの広告が果てしなくきもちわるいです。
(「ざわ・・・ざわ・・・」という文字と共に、ゾンビの顔が一杯出てるヤツ)

【参考URL】ゾンビゲームの画像
(クリックすると、画像が表示されます。 苦手な方はスルーして下さい。)

たまに、「コレで人が増えるのだろうか?」と疑問に思う広告があったりするんですが、
このゾンビのヤツも、疑問に思う広告のひとつです。

個人的にIKEMENが銃をぶっ放してる画像の方が人が集まりそうな気がしなくも無い。
-------------------------------------------------------------------------------


で、本題。
自分はコレに参加します。

【参考画像】
ゲームコンテスト


第4回 福岡ゲームコンテスト。
【参考URL】福岡ゲームコンテスト


去年は「参加したいなー」と思いながらも、参加できませんでした。
ですが、今年は参加します。
「参加したい」ではなく、参加します。

期限は平成22年12月15日(水) 必着なので、
それまでにゲームを完成させます!頑張るぞ!

予定としては、 「就職活動で企業へ提出する予定の作品」を提出する予定。
うん、要するに自作作品の使いまわし ですね。


でも、就職活動に使う予定の作品は不可、みたいなルールは無かったので問題ないでしょう。
ゲームのアイデアも考えてるので、 全力で挑戦します。
(絵や音楽は、まぁ何とかします。)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

・・・こんなジュースは、誰も飲めません。

自動販売機って、あるじゃないですか。

色んなタイプのものがあるんですけど、今回の話は、
紙コップタイプのジュースの自動販売機についてです。

どんな自動販売機かと言うと、
下記の手順でジュースが出てくるタイプのものです。
-----------------------------------------
1.受け取り口に、コップが落ちてくる
2.次に、氷が落ちてくる
3.最後に、ジュースが注がれる

-----------------------------------------

【参考画像】
machine.jpg


この前、このタイプの自販機で、桃ジュースを飲もうとしたんですよ。
すると、不思議な事が起こりました。

ボタンを押しても、なかなかコップが落ちてこないんです。
あれ、壊れたのかな?とか思ってたのですが、次の瞬間・・・

【参考画像】
machine2.jpg

なっ・・・!?

なんと突然、 コップも何も無いのに氷をばら撒き始めたのです。
・・・自販機 ご乱心。

そして更に・・・!


【参考画像】
machine3.jpg

ウワ"ァアアァ―――ッ!?
注文した桃ジュースがーッ!!


なんとジュースも発射し始めたのです。
何を考えているのだ このヤロウ(自販機)・・・!

で、ジュースを発射し終わった後、

しばらすると 「ピッピッピッ」と、
自販機から「出来ましたよ?」みたいな効果音が鳴りました。


ふ、ふざけるなァッ!!
どうやって飲めというのだ!!


こんな意味の分からん対応をされたのは初めてである。


このままだと納得が行かないと思ったので、近くの店員の人に事情を説明したところ、
店員の方は、「あっ ちょっと待ってくださいね」と言った後、

なんか数秒で自販機を直してくれました。


※紙コップが途中で詰まってた模様。
店員の方は、取り出し口から直接手を入れて、
上の方で詰まってる紙コップを取り出してくれました。

そして、もう一回桃ジュースを頼んだら、 普通に出た。


全く、機械は予め決められた動作しかしない から困る。
ともかく、紙コップが落ちてこない?と思ったら急いで引っ張り出すと良いでしょう。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

文部科学省が、こんなものを公開したようです(注目されてる?)

文部科学省が、こんなものを公開したようです。
その名も、『プログラミン』

【参考画像】
プログラミン


このプログラミンというのは、簡単に説明すると、
---------------------------
・画像を左へ移動
・画像を回転させる
・3秒間一時停止させる
・クリックされたら実行

---------------------------
こんな命令を組み合わせて、
アニメーションやゲームを作ってみよう!というものです。
(子供達に、楽しんでもらう、というコンセプト)


で、更にこちらがプログラミング(?)の画像です。

【参考画像】
プログラミン2

下のアイコンみたいなのが「プログラミン」で、
それを画像へドラッグ&ドロップして命令を組み立てて行くといった感じです。

で、このプログラミンをやってみた感想ですが、
凝ったゲームを作るのは難しいと思う。

本当になんか、簡単で固定的な命令が用意されていて、その中から選ぶみたいな仕様なので、
ゲームのようなモノに仕上げるのは大変です。

例えるならば、
"PowerPoint"のアニメーション機能で
           ゲームを作ろうとしてる
ような感じ。

スライドショー的なものは作れても、
ゲームは・・・んーどうかな? みたいな状態ですね。


まぁ、もともとゲーム開発に利用するためのものではなく、
楽しんでもらうためのものなので、

そのコンセプトの視点で見れば、 別になにも問題はないと思います。
あ、あと 作ったプログラムは公開できるので、公開して楽しんでもらうのも良いかも?


【参考URL】プログラミン | 文部科学省

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

FX の恐ろしさを知りました。

FXというものをご存知でしょうか。

FXというのは、 外国為替証拠金取引の事で、
なんか「上手く稼げる!」みたいな感じで紹介されてたりします。

通貨を買って、時期を見計らって両替するような感じですかね。
-----------------------------------------------------------------
例えば、
1ドル=100円 の時に 10ドル買ったとします。
で、 1ドル=120円 の時に 10ドルを売ります。

すると1200円。
「資産が1000円から1200円に増えました!」となるのです。

-----------------------------------------------------------------

ただ、このFXは恐ろしい面もあります。

上記の例で言いますと、
ある日ドルの価値が無くなり、1ドル=0円となったとします。
すると、1000円で買った10ドルは無価値。 つまり1000円の損失になります。


1000円だと大したことは無いですが、
FXの細かいルールは色々とあって、数百万単位の挑戦をする人達が居たりするんです。
一攫千金を狙ってるわけですね。
(利益が数百万、数千万単位。 しかし、損失も数百万、数千万単位。


しかし、為替相場なんてなかなか読めるもんじゃないので、
大失敗する人が結構 居るようです。
(家が無くなったとか、数千万が一気に吹き飛んだとか、色々。)


↓ちょっと画像がデカいですが、大失敗した人のブログ。

【参考画像】
Sacrifice1.jpg


「さようなら。」て。
こんな短い文章だけで、なんか、尋常じゃない絶望感が・・・。


更に、他の方のブログ。

【参考画像】
Sacrifice2.jpg

見てください。この、「今からお金いっぱいを貯めて、ゴージャスな生活するぞ!」という
夢を持ち、希望に満ち溢れたブログ記事を。

で、この人の次の記事がコレですよ。

【参考画像】
Sacrifice2_2.jpg

か、悲しすぎる・・・!
何ということだ・・・。

この人の場合、何が悲しいかというと、
文章を見るに、人柄が良さそうなんですよ。
(「よし!がんばるぞ!」みたいな、健気さがある。)

それなのにも係わらず、2日で大失敗。
しかも、「記事をがんばって更新する」と言っていましたが、 FXを続けられなくなったので、 
コレを最後に更新がなくなりました。


・・・FXは恐ろしいですね。
今日はFXの恐ろしさを知りました。
(成功している人も居るには居るみたいですが・・・)


自分は恐らくFXはやらないでしょう。

"レッドストーン"というオンラインゲームで、
『 地獄の鉄床 』や、『 天井の鉄床 』、『 魔法のボンド 』などを
ひたすら転売しまくって資産を5億ぐらいにした事はありますが、

(相場より安い露店を見つけて購入、 相場付近で売る、の繰り返し。)

ゲームと現実は違いますからね。 止めておきます。
※挑戦する方は、充分 注意しておいた方が良いかな、と。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

なぜ "絵 劣化現象" が起こるのだろう?

今日は素朴な疑問を書いてみる。

何故、 "絵 劣化現象"が起こるのだろうか?
という事について。
-----------------------------------------------------------
・絵 劣化現象・・・同じ絵なのに劣化したように感じる事。
※自分で勝手に名前をつけました。
-----------------------------------------------------------

自分は時々落書きをしたりするんですが、
描いてる途中は、「おぉ なんか上手く描けた」とか思ってるんですよ。

ですが、しばらく時間が経ってから見てみると、
『これはひどい』という感想を持つようになるんです。


まぁ、子供の頃に描いた絵を 大人になって見てみたら「下手」と思うのは当然なんですが、
問題は、この"絵 劣化現象"が極めて短期間の間でも起こるという事です。


例えば、人物の絵を描いて、次の日に見たら
------------------------------------
・顔のバランスがおかしい
・輪郭に対して、目が大き過ぎる
・骨格がおかしい

------------------------------------
とか色々と気付く点があるんですよ。
・・・描いてる途中は全然 気付かないのに。


この現象は何故 起こるのだろうか。
さっぱり分からない。

※とてつもなく絵が上手い人とかは、
初めから完璧な状態を絵に出来ると思うので、この現象は起こらないかもしれません。




あと、ソースコード。 ソースコードでも似たような事が起こります。

プログラミングやってて、原因の分からないバグが出て困った場合、
その時は原因がさっぱり分からないんですが、

一旦、作業を中止して もういちどソースコードを見てみると
「あっ ここが違う!」 みたいな感じで案外アッサリ原因が分かったりするんです。
・・・何でかな?



まぁ、纏めるとこんな感じ。
-------------------------------------------------------
見ているもの(対象)は全く同じなのに、
時間の経過等によって評価(気付く点とか)が変わる

-------------------------------------------------------


特に画力が向上した訳でも無く、
プログラミング技術が向上した訳でも無い。
しかし、 見た感想が大きく変わる。

なんででしょうかね。 とにかく不思議な現象です。
まぁ、脳でなんやかんやが発生してるんでしょう。
(実に適当な結論である。)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

このネコが、大人気になったらしい

何だか、とても人気になったらしいネコが居るようです。
そのネコとはこちら。

【参考画像】
loooong_cat.jpg


やけに胴が長いネコ、通称 " のびーるたん "です。

無表情で手を伸ばし、しかも胴が長い という特徴がシュールだったのか、
"のびーるたん"を知っている人達の間では とても人気者に。

色んな合成画像なんかも作られたっぽいです。
その合成画像はコチラ。 ↓

【参考画像】
loooong_cat2.jpg


で、しかもこの "のびーるたん"は海外でも人気が出たようで、
海外では、"LongCat"という名で親しまれてるっぽいです。

【参考画像】
loooong_cat3.jpg


ついでに、"のびーるたん"の本名は「シロ」との事。


で、最後に、"のびーるたん"とは直接関わりはないですが、
こんなFlashもあるみたいです。

【参考画像】
十一月

少女が歩いていると、捨てられたネコが・・・という作品。
【参考URL】十一月        ※音楽も流れます
【参考URL】MARU PRODUCTION (上のフラッシュを作った方のHP。)

どうして! どうして拾ってあげなかっ(略

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

自作ゲーム制作状況とか

とりあえず、
-----------------------------------------
・Xファイル読み込み 成功
・スキンメッシュアニメーション 成功
・境界球生成 成功
・装備品(3Dモデル)切り替え 成功

-----------------------------------------
こんな感じで、 ある程度の事は無事 実行出来たので、
現在は、既に作った部分の改良を行ってます。


例えば、Xファイルの読み込みは、"CLoadXFile"というクラスを作って
そのクラスに読み込みを任せてたのですが、

いかんせん関数の数や、全体のステップ数が多くなりすぎたので、
下記の様に分割しようかなーとか思ってます。
(というか、やってる途中です)
----------------------------------------
Frameを読み込むクラス
Animationを読み込むクラス
Meshを読み込むクラス
上記3つのクラスを呼び出すクラス (CLoadXFile)

----------------------------------------

まぁ、 分割しなくても動きますし、
DXUTなんかも混沌とした長いコードで実装されてたんですけど、
やっぱり自分は、見づらい事この上ないので分割します。


あと、最適な境界球を生成するクラスも作らないといけないですね。
全ての頂点をすっぽり包む形式だと、どうしても無駄な領域が多くなってしまう。


とりあえず、今後の目標はこんな感じにしたいと思います。
-----------------------------------------------------------------
・XFileを読み込む部分のクラス分割
・境界球生成 部分の改良
・視点を扱う(カメラ)クラスの作成

-----------------------------------------------------------------


ついでに、大きな目標としては
-----------------------------------------------------------
・企業への提出作品完成、提出
・協力して下さる方々を募って、共同制作のゲームを作る。
・その他、ぷよぷよなどの自作ゲーム作成。

-----------------------------------------------------------
こんな感じになります。
上から順に、優先順位1,2,3です。

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

"LSD"で、何か狂いそうになる

LSDってなんか変ですよね。
ちょっと変な気分になる。
-------------------------------------------------------------------
※あ、「LSD」で検索したら、
『薬物乱用は一度でも「ダメ。ゼッタイ。」』みたいなページが
引っ掛かりますが、

自分の言うLSDは覚醒剤ではありません。
ゲームの方です。

という訳で、自分は別に覚醒剤と関わったりしてないので、
警察は呼ばないで下さい。
-------------------------------------------------------------------

で、LSDというのがコチラ。

【参考画像】
LSD.jpg


パッケージに「こんなのゲームじゃない」とか書かれてますが、
うん、ゲームじゃないと思います。

(何とも形容しがたいモノなんですが、
  強いて言うならば、電子ドラッグでしょうか。)


内容は、
奇妙な音楽を聴きながら、奇妙な世界を歩き回る
といった感じです。
本当にそれだけ。 だから何ともいえない不思議な気分になる。


まぁ、こういった独特で突飛な存在は、
独特でインパクトが強いだけに、 好きになる人も出てきます。
-----------------------------------------------------
大抵の人は興味がない・あまり好きになれない、 だけど
一部の人達の間では人気が出る

-----------------------------------------------------
↑なので、 こんな感じになったりします。


あ、あとコレと非常に似たゲームで「ゆめにっき」というゲームがあるのですが、
踏むとピコピコ鳴ったりする床などを見ても、

ひょっとしてLSDの影響を受けたんじゃないかな?とか思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
コチラのゲームのエンディングは衝撃的です。

・・・自分が、初めて「ゆめにっき」のエンディングを見たときは、その場で固まりました。
しばらく、呆然として画面を見続ける状態に。
本当、何なんだろうあのエンディングは。
--------------------------------------------------------------------------------

まぁ とりあえずLSDについてですが、Youtubeの方にプレイ動画があったので、
見たことの無い人は、どんな感じなのか見てみるのも良いかもしれません。
(動画は10本あるみたいですが、自分は2本目で止めました。)

【Youtube】奇ゲー紀行1:Playstation用ソフト「LSD」1/10
【Youtube】奇ゲー紀行1:Playstation用ソフト「LSD」2/10



~おまけ~
上記の動画の関連動画で、また別の ある意味狂ったゲーム動画
見つけたのでご紹介。

プリルラ(Pu・Li・Ru・La)とかいうヤツです。
オープニングは普通のパズル系ゲームのオープニングみたいな雰囲気なのですが、
(パズルボブル、ぐっすんおよよ、とか)

ステージが明らかにおかしい。 ・・・何なのあのステージ。

とりあえずコレが、オープニングの画像です。 ↓

【参考画像】
pulirula.jpg


いかにもファンタジーって感じで、良さそうな雰囲気ですよね。
でも、この良さそうな雰囲気が完膚なきまでに壊れるステージが登場します。

・・・アニメ絵と実写絵を混ぜ合わせるからカオスな事になるんですよ。もう。

【Youtube】プリルラ オープニング
【Youtube】プリルラ ステージ3
(最初に「馬鹿デカい顔」が登場するので注意。 ビックリするかと。(6~7秒あたり。) )

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

インターネット上での 興味深い騒動

インターネットというのは ほぼ底がなくて面白いですね。
色々と調べたと思っていても、自分の知らない情報がゴロゴロと転がってる。

で、今回は (既に知っている方も居るでしょうが)
個人的に気になった 初めて知ったインターネット上での騒動(ネタ?)
書いてみようと思います。



■食人事件
【概要】
ある日、自分の先祖が、人を食っている状況が描かれた文書が見つかる。
その文書を見つけた人物は、 「俺の先祖は恐ろしい人物かも知れない・・・」等と
コメントし、 出てきた文書の画像をアップロード。

その画像を見た人たちは、文書にある図や文字を解読をして行くのだが・・・。

【感想】
最後は衝撃的な結末を迎えます。 怖くはありません。
・・・むしろある種の爽快感を感じるかも?

【参考URL】uraNews4VIP 俺の先祖は恐ろしい人物かも知れない・・・
【参考URL】uraNews4VIP 俺の先祖は恐ろしい人物かも知れない・・・2
------------------------------------------------------------------



>>1精神異常 事件
【概要】
コレ、ちょっと怖いです。 とりあえず、
「定価で買っても後悔しなかったであろうゲームソフト」をどんどん挙げて行くスレッドで
起こりました。

初めの方は>>1(スレッドを立てた人)が、
 >>11 
なんか作った人が初代サカつくを作った人らしく。評判も良いしシリーズ化しそうです
>>12
なんだかんだで1が一番楽しいです。わかりやすさと破天荒さが素敵です
>>13
定価で良いから発売日に買っておけばなあ・・・1000本に一本くらいそういうのありますね
こんな感じで、「そのゲーム良かったですよね」みたいに返事を出していたのですが、
途中から、返事の文章が徐々におかしくなり、最終的に日本語が壊れていきました。

↓おかしくなっている>>1のコメントの一部です。
あああああアタマ痛えええええちょっとヤヴァイよ私!小生!なんか右腕も圧迫感な痛みが 
>>687
マルドゥックかよ!なんかマルドゥックって犬のソースみたいだね。マルドゥックソー(ry
あああああ駄目だ駄目だ頭痛いよ目も痛いよあんまりだよ!楽園読んでみるよ!

なんか自分で一分前に書いたレスを読むと背筋が凍りますヤヴァイよこの人。起きると原稿が出来ている。
猥雑で、なんら価値の無い唾棄すべきものだ。・・・先生。・・・私は、【TIPS】文学青年です。
・・・ホラまた街の発狂小説家の独白と編集の知られざる実態にシフトしてるよワー俺みたい狂ってるゥー(半音上げる)


【感想】
>>685(9月9日) と >>685(9月12日) の間に、
>>1の精神に何か異常が発生したのかもしれません。

で、レス900台後半は もう手が付けられない状態になってます。
続編のスレッドは荒れてしまって、訳が分からない事態に。

結局、>>1が精神的なストレスでおかしくなってしまっていたそうです。
んーコレは怖い。体と精神は大事にしないといけないと思いました。

余談ですが、 ストレスで健康だった人が狂ってしまう、みたいな事は
プログラマーなんかでも あるらしいですね。


【参考URL】定価で買っても後悔しなかったであろうソフトは?
【参考URL】定価で買っても後悔しなかったであろうソフトは?2
【参考URL】◆a.ryGxLpW2 です。
(後日、正常に戻った>>1の人が立てたスレッドです。)
------------------------------------------------------------------------------

■古式事件
【概要】
古式と名乗る男性が、 自分の嫁を探すために自分で出会い系サイトを構築。
(色んな人の出会いの場を作るのではなく、 あくまでも、古式自身の嫁探しの為である。)

しかし、サイト自体が痛々しいものだったらしく、某巨大掲示板の方々に目を付けられる事に。
その後、「女のフリをしてチャットをしてやろう!」みたいな突撃をかます人達が現れ、
"古式"の様子を監視したり、OFF会が開催されるなど、大規模な騒動へ発展します。


【感想】
これは、展開が面白い事件(?)でした。

ネットオカマとして"古式"とチャットをしていたら、
本当に何も知らない女性の方が登場したりとか。
("古式"監視スレッドでは、「この人誰!? 一般の人!?」と慌てる事になる)

※ここら辺は上手くまとめてあるサイトがあるので、そちらをご覧下さい。

で、"古式"と名乗る人物についてですが、
「もう本当に駄目だなぁ」と思いました。

とにかく、 思考の仕方が「ときめきメモリアル」という恋愛シュミレーションゲーム
なっており、 人間的な関わり方が出来てないのです。
--------------------------------------------------------------------
・同期間に、複数の女性にアタック("同時攻略"?)したり、
・「2人の女性を見て、どっちが良いのかを選ぶ。」みたいな事を言ったり

--------------------------------------------------------------------
まぁ、ここら辺も下記のサイトにいけば色々と分かります。
それと、この"古式"さん、最後まで更正することはありませんでした・・・

【参考URL】ネットウォッチ@2ch ネカマ作戦記

※ヒストリー1~25までありますが、
多分 全部読もうとするとかなりの時間がかかると思うので、
一気に読もうとせず、少しずつ読むと良いと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ジャンプ36・37号感想

今週は河下先生の描いた、
ヒロイン集合ポスターが付いておりました。

コレ、結構 頭の体操になりました。
「コレ・・・誰・・・!?」みたいな感じで、十数分ほど
必死こいて細かな特徴などを見つけて特定を頑張ってましたからね。

とりあえず、難易度別にしてみた。
---------------------------------------------------------------------
難易度1
・ONE PIECE・・・ナミ
髪型と髪の色、 あと「人気の有る漫画は大体センターに持ってこられる」という
ジャンプの表紙的 法則により特定。

・NARUTO・・・サクラ
・バクマン。・・・亜豆美保
・BLEACH・・・井上織姫
・SKET DANCE・・・鬼塚一愛
・ぬらりひょんの孫・・・つらら
・PSYREN-サイレン-・・・雨宮桜子
・黒子のバスケ・・・相田リコ
主に髪型と髪の色、ですぐに分かりました。

・銀魂・・・神楽
チャイナ服と、頭についてる変なので特定。

・ピューッと吹く!ジャガー・・・ビューティ田村
彼女は、他のヒロインと被りようがない唯一無二の存在です。 最高です。


難易度2
・べるぜバブ・・・邦枝葵
しばらく誰だか分かりませんでしたが、胸の包帯みたいなので特定。

・リボーン・・・笹川涼子
・保健室の死神・・・鏑木真哉
・トリコ・・・リン
・めだかボックス・・・黒髪めだか
「この漫画のヒロインは、まだ特定してないよね」という消去法のもと、
髪型、髪の色で特定。

・逢魔ヶ刻動物園・・・蒼井華
デッキブラシで特定。 デッキブラシが無かったら、特定は厳しかったかもしれない。


難易度3
・いぬまるだしっ・・・たまこ先生
消去法と、胸を気にしている動作から判断。

・少年疾駆・・・朝希ちか
たれ目と、閉じたときに口角が下がるという独特の口の形により推測。

・メタリカメタルカ・・・ デカケーツ シノ
消去法と、胸のペンダントみたいなもので、なんとか特定。


難易度100
・SWOT・・・蓮野ねね
黄色いメガネという、原作と全然関係の無いアイテムを付けられたことにより、
特定難易度が凶悪に。 消去法も効かない。

・こち亀・・・秋元・カトリーヌ・麗子
別人です。
---------------------------------------------------------------------
大体こんな感じでしたね。
で、「コレ誰が誰なのか、解答編は無いの!?」と思ってたら
396Pにありました。


●ブリーチ
愛染様は、あと何回変身を残しているんです?

これだけ「倒したか!?」→「大丈夫でした」を繰り返すと
「どうせ また死んでないのでは?」という感情が強くなってしまいます。

で、更に 本当に倒した時は
「あれっ、死んだんだ。 そう・・・」みたいに、
あまり達成感も爽快感も感じなくなってたりします。

(今までの攻撃で何故死ななかったのか(急所を悉く外してた、とか)と
  何故最後は死んだのかを 理論的に説明出来れば ある程度納得できると思いますが)


●ぬらりひょんの孫
「心を読む事が出来る妖怪(サトリ)」とのバトルだったんですが、
この手の敵の倒し方がパターン化してきたような気がします。

幽遊白書、クレヨンしんちゃん、サイレン、ワンピースなど、
色んな漫画で「相手の考えを読める敵」(味方)が出てきましたが、
------------------------------------------------------------------
・無意識で攻撃をする
・次の一手を読めたとしても、絶対に避けられないような攻撃をする

------------------------------------------------------------------
大体、攻略法が上記の2つのどちらか になってると思います。
んー。ここら辺は、是非 マンネリを脱出してもらいたい所・・・!


●逢魔ヶ刻動物園
海へ行ってウワバミさんが溺れそうになる、というお話でした。

いやーしかし水難は怖いですね。
泳ぐのが得意な人でも、ノー・パニック症候群を引き起こして死亡したりしますし。

で、今回の話に付いてですが、
恐らくウワバミさんは離岸流(リップカレント)にハマってしまったのでしょう。
-----------------------------------------------------------------
離岸流・・・岸から沖の方へ流れて行く、とても強い海水の流れ。
     泳ぎの得意な人でも抗う事は困難。

-----------------------------------------------------------------
とりあえず、そういう時は浜に向かって泳ぐのではなく
浜と平行に泳げばいいらしいですよ。
(離岸流が発生している領域は比較的 狭く、そこから脱出する為。)

で、離岸流から脱出した後は、普通に浜に向かって泳げばいいらしいです。


●トリコ
今回も色んな読者の考えた食材などが登場してました。

で、その中でも ひと際 目立っていたのが『ポテトの泉』。

ざ、斬新過ぎる・・・!
大抵、動物や植物、食材などをモチーフにしている中、
一人だけ「泉」という地形をモチーフにしたのです。

しかも、「病気が治る水が湧き出る」みたいに、水と関係が有るわけではなく、
ポテトがいっぱい溜まってるのです。
ポテトですよ?

凄い発想力だ・・・!
これを考えた深見君は、明るく自由な発想力を持っているに違いない。


あと最後に出てきた足跡ですが、これは
GTロボと見て良いのでしょうかね。

しかし、今回は「オゾン草を狙う・・・!」みたいな美食カイの動きもありませんでしたし、
(というか、主にグルメ界へ行くといってましたし)

多分、 バトルにはならないんじゃないかなーと。


●ワンピース
どうやら、ルフィも仲間もパワーアップ期間に入りそうですね。
大体こんな感じになるのかも?
-----------------------------------------------------
ルフィ・・・"覇気"の体得など。
ウソップ・・・ヘラクレスンと共に修行。
ゾロ・・・ヒューマンドリル等と戦闘。
ナミ・・・ウェザリアの技術流用。
チョッパー・・・薬の研究。(ランブルボールの新化?)
ロビン・・・ ???
ブルック・・・アプーさんが残した楽譜や演奏技術とかで演奏技術向上?
フランキー・・・かつて見た設計図を思い出しながら、自分を改造。
サンジ・・・"攻めの料理" 会得。

-----------------------------------------------------

で、これらの修行の中で、
ある意味一番キツいのはサンジではないのでしょうか。

昼夜問わず、オカマ達がドレスを着せようとして来るんですよ。
自分だったら、 その意味不明な状況に参ってしまうかもしれない。
(精神的に)

もう、下手なホラー映画よりも怖い状況ですよ。

まぁ、無事 修行が終わる頃にはドーピングコンソメスープ的なものも作れるようになり、
更に、新人類拳法もマスターして足技も強化されてるんじゃないかなーと。

一石二鳥ですね!
・・・いざ再会!というときにオカマに変貌していたっていうのはナシですよ?
悲しすぎる・・・!

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

ポケモンについて、『確かに!』と思ったこと

ちょっと別のサイトのコメント欄あたりで、
「確かに!」と思える、ポケモンについての意見があったので、
紹介してみようと思います。


それは、
「最近のポケモンは、
      動物っぽさが無くてイヤだ」

というもの。


確かにそうですね。
自分も物凄く納得できました。

最近のポケモンは、初代のポケモンより、何か
----------------------------------------------------
幾何学的な形が組み合わさって
出来てるかのようなポケモン

----------------------------------------------------
が増えたと思います。
動物っぽさが無い。

画像が荒くなっちゃってますが、一部の最新のポケモン達です。

【参考画像】
pokemon.jpg


この他にも、幾何学模様に近いポケモンは
レジアイス・ミジュマル・ラブカス・トゲチックとか色々居ますね。
(初めて見たとき、(デザイン的に)ラブカスって手抜きじゃない?と思ったのは内緒。)


まぁ幾何学的な形でも、ラティアスとか、好きなポケモンは居ます。
ただ、動物的なポケモンも増えてくれるといいなーとか
思いました。


※最新作のポケモンにも、勿論 動物っぽいポケモンは居ます。
問題は、幾何学的なポケモンとの割合でしょうか。
幾何学的なポケモンばかりになると、何だか無機質に感じてしまうかもしれない。



ついでに、新作での動物っぽいポケモンの画像。

【参考画像】
pokemon2.jpg

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

学校が燃えたので、警備員が居ました

実は最近、結構 身近な所で火災が起きてたりします。
しかも、 どうも放火くさい。

場所は、 いずれも高校の剣道場など。
【参考画像】東福岡高また火災 6月・7月と同じ剣道場

で、数日前に自分の通ってる大学のすぐ近くの高校 も 燃えました。
(というか、大学付属の高校なのです。)

体育館の一部が燃えて、剣道着などを焼いたとの事。
出火原因は今の所 不明っぽいですが、 こうも立て続けに起こると
人為的な何かがあると思える。

東福岡高校の方では、約2ヶ月の間でもう3度目の火災らしいですし。


出火原因の方はともかく、 今日 大学の方へ向かっていた所、
その火災が発生した体育館の場所にいつもは居ない警備員の方が立ってました。

現在 特別警戒中とのこと。
ちょっと適当ですが、下記の画像の青い丸のところが警備員の方が居た場所です。

【参考画像】
見取り図

※見ても分かるように、火災が起きたのは結構 駅から近い場所です。
そして、駅から高校へ行く人、大学へ行く人は必ず通る通路上にあります。


ともかく、大規模な火災にならなくて良かったです。

あと、犯人があちこち放火し始めたら、いくら人が居ても足りなくなると思うので、
監視カメラなどの防犯装置を取り付けるのも効果的なんじゃないかなーと思いました。

(犯罪が発生するかどうか分からない所に、 手当たり次第 人を配置して行くのは
                       人件費など色々と無駄が増えると思いますし)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

境界球を用いた3Dモデル表示 に成功!

境界球作成クラスを作り、
そして、境界球を用いた3Dモデルの表示に成功しました!\(`・ω・´)/

【参考画像】
Skin_System12.jpg

左上:ボーン毎の境界球 & メッシュ自体の境界球
右上:ボーン毎の境界球のみ
左下:メッシュ自体の境界球のみ
右下:境界球なし


見事です。
無事 境界球生成部分も完成しました!

で、半透明の境界球内部に、薄っぺらい円盤が見えると思うのですが、これはアレです。
Zバッファと、半透明ポリゴンの相性の問題です。
(「半透明 Zバッファ」で検索すれば、恐らく理由を詳しく書いてるサイトが見つかるでしょう。)

まぁ、境界球は可視化出来れば結構なので、
この際、細かい事は気にしない事にします。
(遊ぶ時は、境界球は表示しないですし。)


それよりも問題なのは境界球の誤差ですよ。
見ても分かるように、オブジェクトを丸い球で包み込むため、
オブジェクトよりも、かなり当たり判定の範囲が広くなってます。
(剣が特に顕著)

どうしようかなーコレ。
ちょっと対策を考えてみよう。


あと境界球の中心座標と、半径の求め方は、
---------------------------------------------------------------
【1】X軸・y軸・z軸方向の最小値、最大値を求める
【2】(最大値 - 最小値)/2をして、X軸・y軸・z軸それぞれの中点を求める。

(中点 = 境界球の中心座標)
【3】中心座標から、最も遠いメッシュ(ボーン)の頂点を半径とする。
---------------------------------------------------------------
こんな感じです。

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

自作曲を公開してみる ~9曲目~

今日は、自作曲を公開してみます。
未完成のモノが多いのですが、今回のは、一応完成してます。


で、曲自体はというと、んーなんか変な感じ。

自作ゲームなんかに使おうと色々と曲を作っているのですが、
この曲は使いどころが分からない。

とりあえずダンジョンや街のBGMなどには向かないと思ったので、
なんかのキャラクターのテーマソングにでもしようかな。

変な男爵みたいな人のテーマソングにしよう。
うん、そうしよう。

(トリコの"クロマド"みたいな感じの人)


【自作曲】 MadBaron.mid
あ、あと今回は初めてティンパニを使ってみました。
無駄にドコドコいわせてます。


----------【追記】----------
音量の落差が激しいので、ちょっと修正しました。
多少はマシになってるかも?
【自作曲】 MadBaron2.mid

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

書籍:「 3D格闘ゲームプログラミング 」について とか。

ウイルスバスターって、厄介ですね。 動作が重い。

「あれ?Yahoo検索の表示が遅い・・・?」と思って、右下をみてみたら
『ウイルスバスター2009をアップデートしています』とか出てるんですよ。

お前のせいか!みたいな。
作業に支障をきたすぐらい重くなる時は、作業を一旦中断することもしばしば。

「あなたがウイルスではないですか?」と問い詰めたくなる時がある。
-------------------------------------------------------------------------

で、本題。 アニメーションについて。

以前、アニメーションについての参考書籍として
3D格闘ゲームプログラミングという本を立ち読みしました。

【参考画像】
3D格闘
【参考URL】3D格闘ゲームプログラミング [大型本]


で、この参考書籍を読んで思ったこと。
平行移動成分はXファイル側に入れるべきなのか?
という事です。

この本では、どうも平行移動成分までXファイル側で定義してたっぽいんですよ。
これ、面倒臭くはないですか?

何が面倒くさいのかと言うと、勿論 行列による表示です。


まず、Xファイルは原点中心にモデルを作るじゃないですか。
で、単位行列で表示させたら当然 原点に表示されますし、
x軸に2移動する行列で表示すればxyz = (2,0,0)の部分に表示されます。


しかし、Xファイル上で平行移動成分のアニメーションまで定義してしまうと、
行列とズレてしまうんですよ。


例えば、x軸方向に2進んでアッパーをするアニメーションがあるとします。
この時、キャラクターをxyz = (2 0 0)の場所に表示させようと、
x軸に2平行移動する行列をかけると、

アニメーションで x軸方向+2 & 行列でのx軸方向+2となり、
キャラクターは、xyz = (4 0 0)の場所に表示されてしまうんです。

【参考画像】
アッパー

上記で紹介した本には、
「アニメーションで移動したら、ゲーム空間上の位置を計算しなおしてあげましょう」
みたいな事が書いてありましたが、

明らかに面倒くさいです。
それに、 x軸方向に進んでアッパーさせるようにしようとか、
変更が入ったらいちいちXファイルのアニメーションを修正しなければならない。

Xファイルで定義するアニメーションというのは固定ですからね。
アイテムを取ったらスピードアップする、とか色々と変更を加えたい場合は、
プログラム上で行列の値を変更させたりした方が良いと思います。


で、動きが複雑になって面倒になってきたら、
外部ファイルにすれば良いんじゃないかなーと。

---------Speed.txt--------------
Level1, 2
Level2, 5
Level3, 7
Level4, 10

--------------------------------
まぁ、何かこんな感じで、
速さや強さの値を定義するテキストファイルを作って、読み込ませるとか。


まぁ、ともかく自分は平行移動に関しては全部行列側でやった方が良いと思うのです。
アニメーションを実行したら、主人公の座標がずれたぞ? 
                            みたいな事にはなりたくない。)

実際のゲーム業界ではどうなってるのか分かりませんが、
とりあえず自分は、 平行移動成分は入れない方向で行こうかなー、と。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ジャンプ35号感想

●瞬間×ヒロイズム
あの、申し訳ない。
申し訳ないんですが、気が付いたら次のブリーチを呼んでました。

お・・・俺の 凡才的本能が「読むのをやめろ」と言った・・・
こ、 こんな事は初めてだ・・・


多分、説明が長すぎたんですよ。
特に興味を惹かれていない状態で、
なんか文字数が多いフキダシが出てくると、読む気力が無くなってしまう。

先週の花咲一休さんは、出だしから独特の設定紹介で
興味を惹かれましたからね。

そこら辺の差と、あと花咲一休さん自体が面白かったので、
それと比較してしまった結果、読み飛ばすという行動に至ってしまったのでしょう。

(後で、改めて全部読みましたが)

あと、アングルを工夫して無理にパンツを描写するのはお止めください。
(風でスカートがめくれて、という展開がある訳でも無く、
      「日常会話の1コマ」で、何故かパンツが見えるアングルになっている。)

脈絡も無く、漫画のキャラクター達のリアクションがある訳でも無く、
淡々と パンツだけが突然出てきても困る。
(※ただし、磯野ワカメを除く)

最後に。
ポケモンが好きな人は、カラー絵の主人公を見てザングースを思い出すかもしれない。


●逢悪ヶ刻動物園
この漫画には、ベアトリーチェ様が居ますよね。


●ワンピース
ルフィが起こした事件とは、
「再び海軍本部に現れ、軍艦を奪い、16点鐘した」でした。

チョッパーの「何でまた!?」というのは、
「何でまた海軍本部に!?」という意味だったのでしょう。

逆に、ビビの「んーおしゃれ?」というのはどういう意味なのだろう?
ちょっとリアクションがかみ合わないような気がする。

まぁ、ともかく1人を除いて
ルフィが起こした事件の意味を、
みんな『分かった!』 『成程!』と納得したようです。

ゾロ・・・!


●めだかボックス
江迎さんは、空気も腐らせることが出来るそうです。
・・・空気が腐るって何?

原理が良く分からないのですが、まぁ空気が汚染するという事でしょう。
ラドンか何かが発生してるんじゃないでしょうか。
---------------------------------------------
原子番号86 Rn(ラドン)
無色無臭の気体で、希ガスの中で最も重い元素。
天然の放射性ガスであり、高濃度の場合 肺がんを引き起こす。


~蛇足~
ピラミッドの深層部なんかでは、ラドンガスが充満している所があり、
それが原因で、身体に悪影響を受ける場合があるらしいです。

で、その悪影響の原因はラドンではなく、 「ピラミッドに侵入して、呪いを受けた・・・!」
と解釈されてたとか何とか。
(無色無臭だから、呪いか何かだと思い込んでしまいますよね)
---------------------------------------------

というか、前にも言いましたが
この人、 ますます日常生活が出来ないですよ。
どう生活しているのか?、ではなく、どう生存しているのか?が気になる。


●トリコ
エアゴリラさんが、数匹お亡くなりになりました。


●スケットダンス
普通にクイズ勝負を仕掛ければ良かったと思う。
何故、「妹が誘拐された」というシチュエーションにしたのか。 ちょっと不謹慎ではないかな、と。

もし安形さんが警察を呼んで事が大きくなったらどうするつもりだったんだろう。

それは置いておくにしても、「妹をペロペロしてやるぞ」とかは、
ちょっと・・・うん。ダメなんじゃないかなーと。
(ネタばらししても、胸のモヤモヤが残る可能性がある)

自分は、「妹が誘拐された、みたいな嘘はつかないだろう」と思って、
-----------------------------------------------------------------
【1】非通知でかけてきたのは、本物の犯人
【2】椿や生徒会の人達が協力して、犯人逮捕へ
【3】安形さん「安心して後を任せられるな。 特に椿、お前は・・・」

-----------------------------------------------------------------
みたいな展開を予想してました。


あとクイズの方(&解答による文章)に関しては良く考えられてるなーと思いました。
面白かったです。

一部、問題自体にケアレスミスもあるようでしたが、
不定積分をして、最後に"+C"と書くのを忘れた みたいな、ちょっとした うっかりミス)

まぁ、そんなに気にはならない感じでした。

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。