スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DirectSound8でストリーミング再生する方法!(ソースコードあり)

とりあえず、グローバル変数で実装した、
ストリーミング再生するプログラムを公開したいと思います。


とりあえず、単刀直入に。
↓ソースコードです。
【参考ファイル】Sample_Sound.txt

で、いくつかソースコードの説明をば。
---------------------------------------------------------------------
【1】イベントの個数、確保するバッファはconstで定義してありますが、
  無闇に数値を変えないでください。 壊れる可能性があります。
【2】プログラム中の以下のファイル名を、任意のファイル名に書き換えて利用して下さい。
   std::string g_FileName = "FunnyClown.wav";
【3】「→」キーを押すと、ひたすらストリーミング再生します。
【4】例外(他のソフトウェアとの競合とか)が発生した際、
 予期せぬ動作をする可能性があります。
  ※自分のPCでは特に強制終了などの問題はありませんでした。

---------------------------------------------------------------------
こんな感じです。

何かあれば気軽にお申し付けください(`・ω・´)

※自分も手探りで実装したので、
質問に関しては答えられない可能性があります、 ご了承ください・・・!(_ _)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ジャンプ25号感想

●トリコ
珍師範が文字通り"飛んでやってきた"訳ですが、
何かやられました。

あっさりとやられすぎである。
ワンピースでいうとべラミーみたいな感じ。

下手すると、師範代の方がまだ粘ってたんじゃないのか。


一方、小松の方は・・・
-------------------------------
「蘇生包丁」だ どうかしたか?
切れば切るほど・・・刺せば刺すほど蘇る・・・

-------------------------------

攻撃ではなく、切れば切るほど蘇る技を受けたようです。

えーと・・・。

dira2


とりあえず、現状の疑問点を纏めてみる。

【1】千代婆さんは結局 何?
「千代婆さんが美食會かどうか?」、という事が
未だに明らかにされていません。

正直、周囲のキャラクターが
「千代婆さんが美食會だったのか・・・!」と言い続けている中、
千代婆さん = 美食會で確定 という描写を
先延ばしにする必要は無い
と思うんですよね。

"美食會じゃなかった説"を提唱しておきたいと思います。

【2】竹ちゃんのコンビ相手は?
千代婆さんと見せかけて、
-------------------------------------------------------
俺のコンビ相手は・・・
美食會の・・・あそこに居るヴェェアァアとか言って暴れているゴーレムだ。
-------------------------------------------------------
こんな事を言い始めるかもしれない。

しかし、ここでもそうですね。
千代婆さん = 美食會? という情報を先延ばしにしている様な気がする。


●恋染紅葉
-----------------------------------
ある時は連ドラの主演女優!
またある時は極フツーの女子高生!
しかしてその実体は・・・!?

新進気鋭のグラビアアイドル・・・
ナナちゃんです!

-----------------------------------
                     _____
    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,      /-、 -、    \
   /_____  ヽ    /  |  ・|・  | 、    \
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   / / `-●-′ \    ヽ
   |  ・|・  |─ |___/   |/ ── |  ──   ヽ   |
   |` - c`─ ′  6 l   |. ── |  ──    |   |
.   ヽ (____  ,-′   | ── |  ──     |   l
     ヽ ___ /ヽ     ヽ (__|____  / /
     / |/\/ l ^ヽ    \           / /
     | |      |  |     l━━(t)━━━━┥

・・・えっと、これ
実際に言われたらどんな反応すればいいんだろう?


---------------------------------
いきなり帰っちゃうなんて・・・なんで?
オレ・・・怒らせちゃったのか・・・!?

---------------------------------
あたりめーだろ(´・ω・`)

自分以外の女の胸や顔を見て興奮するような男
好きになるとでもお思いか。

そんな女性が居たら
逆にお会いしてみたいわ!


●めだかボックス
漢字を組み合わせて、意味の方を変えてしまうとは面白い能力ですね。

ところで、皮膚に水が付いたら、
皮 + 水 = 波
という事で、体の表面が"波"になってしまうような気がするのですが、
そこら辺はどうなんだろう?
(能力のON/OFFを切り替えられるのかな?)


<追記予定!>

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ゲーム「 哥欲祟-ウタホノタタリ 」 感想

「 哥欲祟-ウタホノタタリ 」というゲームについて感想を書いてみる。
※ちょっとした同人の怖い?ゲームなのです。


先に雑談。

最初にタイトルを見たとき、
「ウホッノタタリ」(ウホッの祟り)に見えてしまった。

きっと自分は疲れてたんだろう。
(ウホッの祟り、だとしても、それは ある意味怖いゲームだと思うが)


= 以下、ネタバレ注意 =


【感想1】似ている設定が多いかなと感じた。

ウホッのタ
ウタホノタタリは、端的に言うと、
"ひぐらしのなく頃に"と
被っている(似ている)設定が多い
です。

ここら辺は、もっと独自路線を行って欲しいなと思いました。

【似ている箇所まとめ】
・村を取り壊して、新たな建造物を建てる予定があった
・名前の継承がある
・名前を継承したものは、儀式を行う必要がある
・食人文化疑惑


【感想2】後半の村のマップが広い
後半の村のマップが無意味に広いです。

初代ポケモンで例えると、
マサラタウンから、ふたごじま まで徒歩(&波乗り)
で行くのに等しいくらいの面倒くささがある。

広い割には、イベントや罠などが凝っている訳でもないですし、
村のマップはもう少し小さくしても良かったと思う。


【感想3】展開のストーリー性があると良かった
このゲームではタイトルの通り、
「祟り」と呼べるような現象が起こるのですが、
--------------------------
・突然、謎のモンスターが現れる
・突然、キャラクターが死んでいる
--------------------------
上記のように、ドッキリイベント(?)を用意しただけで、
物語の中の展開というのが希薄だったと思います。

似たようなゲームに"青鬼"というゲームがあるんですが、
こちらの方は、
--------------------------------------
・"青鬼"が家のどこかに居る
・見つかったら殺される
・だから、登場人物(たけし)はクローゼットに隠れる
--------------------------------------
上記のような感じで、話の流れがあったので良かったと思います。

比較すると、以下のような感じでしょうか。
・ウタホノタタリ ・・・ 何が起こるか全く分からないから怖い
・青鬼 ・・・  何が起こるか(最悪の結末)が分かるから怖い
(どちらも怖いのは共通ですが、自分は後者のが良いかなと思います)


【感想4】最後の質問攻めがエグい
このゲームは、最後の方で質問攻めに遭います。
(TrueEnd?の場合)

Q1.あなたは、この現象を何だと思う?
A.祟りだと思う  → GAME OVER
B.殺人だと思う → Q2へ
C.事故だと思う  → GAME OVER

Q2.そうね、じゃあ犯人は誰だと思うの?
A.田中だと思う  → GAME OVER
B.山田だと思う  → GAME OVER
C.犯人はヤス  → Q3へ
D.私が犯人です → GAME OVER

Q3.それはどうして?
A.アリバイが無かったから → GAME OVER
B.証拠があるから → Q4へ
C.他の人の証言があるから → GAME OVER
D.殺害動機があったから → GAME OVER
E.被害者のダイイングメッセージがあったから → GAME OVER
F.ヤスが自白したから → GAME OVER

Q4.証拠というのは何?
A.血痕の付いた鍵 → GAME OVER
B.バールのようなもの → GAME OVER
C.折りたたみ式ナイフ → GAME OVER
D.液体の入ったビン → GAME OVER
E.床に着いた血痕 → Q5(以下略

こんな感じで、正しい選択肢を答えないとゲームオーバー、
さらに、そういう選択肢が何回も続く
場面があります。

真相に気づいた人のみ、ゲームをクリア出来るようになっているのかもしれませんが、
正直、選択式なので、
真相を理解してなくても 適当に 全通り試すだけでクリア出来ます。

これなら、廃墟とか村とかを探索している際に、
もっと真相へのヒント及び、主人公の会話シーンなんかを挟んで、
ゲーム進行中に真相に気づいていく過程を演出した方が
良いかな?と思いました。


【感想5】素材は良かった
得たいの知れないモンスターの画像や、呪いの声などのSEなどは
非常に良かったと思います。

実写の家族写真や、ビデオ再生の演出もあって、
撮影や録音など気合入れてたんじゃないかなと思われます。

まぁ、その分上記の【感想1】~【感想4】あたりが
非常に惜しいかなと。 そう感じました。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

~ 自分が所属している ゲーム製作サークルの紹介! ~

以前より、自分が所属している 
ゲーム製作サークルの紹介をしたいと思います。
("東方"のゲームを作る、という事で発足したサークルです。)

所属サークルは、
"みかんこーぼー"
です。


※実は、このサークル専用のブログが存在したのですが、
完全に機能停止に陥っていたため、

自分のブログで吸収・合併することとなりました。
元・サークルのブログは以下です。
【参考URL】みかんこーぼー のブログ

メンバーが増えるのか、会社化するのか分かりませんが、
とりあえず、今後はみかんこーぼーとしての活動記も載せていきます。
よろしくお願いします!(`・ω・´)


-------------------------------------------
【メンバー紹介】
以前より、絵師さんが描いた絵をポツポツと載せた事がありましたが、
その方の名前は乙谷さんと言います。

pixivで活動してたりするので、気軽に覗いてみてください。
現在、浪人生として頑張っているとの事。

【参考URL】pixiv - 乙谷@ブランク系浪人生

【参考画像】
otoyasan.jpg

※pixivが見れない人用。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ジャンプ25号感想

●トリコ
千代ばあさんは強かった。
いつの間にか内臓がなくなってるとか、怖いですな。

・・・というか本当に内臓が無いんだが、
捌いた内臓はどこへ?

んーまぁ、千代ばあさんの力で消滅したんでしょう。 たぶん。

とりあえず、千代ばあさんは
自分の意思で寝返ったっぽいですね。
(幻の食材"GOD" 目当て?)

で、残りは 予想通り 人工生物と、洗脳された竹ちゃんでした。
正直、小松は 食義をほぼマスターしているので、
洗脳された竹ちゃんには勝てると思う。

【追記】
「千代ばあさんが美食會に・・・!?」と周りが言っている中、
千代ばあさん本人は
美食會に所属しているとは明言してないですね。
("我々"という表現しかしてない)

これは何らかの伏線なのであろうか?
以前、美食會ではない、第3勢力の組織が描写されましたが、
もしかすると、その第3勢力側についているのかも知れぬ。


●ワンピース
ローの狙いは、同盟を組んで4皇の一人を引き摺り下ろす事でした。

ルフィの性格からして、
「そんな事知るか」みたいな反応をしそうなんですが、

仲間の精神が入れ替わっている以上、
断ることは出来ないので、同盟を組むことになるかなと思う。


●恋染紅葉
いきなりキスとか展開速いな。
まだ3話目ですよ?

やる事なくなっちゃうよ。

-----------------------------------------------
主人公「めちゃくちゃ恥ずかしくない・・・!?人目もあるし・・・」
紗奈「わっわたしだって!! でも『手を繋いでこの通りを抜けた』って
    書いてあるんだもん!」

-----------------------------------------------
恥ずかしいなら、台本どおりに進めなくてもいいんじゃないかな?
頑なに台本どおりにする必要は無かろうて。

本番の撮影の時も、"くろまき"をバックに撮影して、
画像を合成しちゃえば良い
んじゃなかろうか。

※クロマキー合成・・・ 撮影の際、バックを青色や緑色の単色の背景にしておき、
              編集の際、その単色の背景を透過させ、別の映像と合成させる技術。

              バックの青色や緑色の布みたいなのを通称"くろまき"と呼ぶようである。
              (小学生の頃、(確か)RKBラジオを見学した際に、教えてもらった。)

<追記予定!>

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DirectSound8でストリーミング再生が出来ました!!

DirectSound8で
ついにストリーミング再生が成功しました!

長かった・・・。

範囲外アクセスで強制終了したり、作成したスレッドが暴走したり、
酷い目に遭った。

まぁ、完成したので良かったです。

まだ、クラス化はしていないので、
クラス化とかが出来れば、ソースコードを公開しようかなとか考え中。
(というか、たまたまBGM再生が上手く行っているように見えるだけで、
   内部でデータが損壊している、という可能性もあるので、再度 見直してみたい。)

とりあえず、スレッドについて。
自分は始め、通知イベント毎にスレッドを作成していたのですが、

DWORD WINAPI ThreadFunc1(LPVOID lpParameter)
{
while(1){
if(WaitForSingleObject(g_Event[0], 1) == WAIT_OBJECT_0){
//中略
}
}
return(0);
}
DWORD WINAPI ThreadFunc2(LPVOID lpParameter)
{
while(1){
if(WaitForSingleObject(g_Event[1], 1) == WAIT_OBJECT_0){
//中略
}
}
return(0);
}


よく考えてみたら、
上記のEventハンドル配列の添え字を変えればスレッドは複数も要らない事に気づき、
以下の様に修正しました。

DWORD WINAPI ThreadFunc(LPVOID lpParameter)
{
while(1){
 if(WaitForSingleObject(g_Event[g_EventNum], 1) == WAIT_OBJECT_0){
  //中略
           g_EventNum ^= 1;
 }
}
return(0);
}

※イベントが、 以下の様に設定されており、
g_Event[0] ・・・ バッファの中間
g_Event[1] ・・・ バッファの最後

それぞれのイベントが発生した際、以下の処理を行います。
g_Event[0] ・・・ バッファの最初から中間までを、次の再生時間のデータで更新。
g_Event[1] ・・・ バッファの中間から最後までを、次の再生時間のデータで更新。

ここら辺はまた次回、細かい説明を行いたいと思います。
ではでは!(`・ω・´)

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

文字列の変換がややこしいと思った(LPWSTR、CHAR*など)

えーと現在DirectSound8を用いたサウンド再生を行っているのですが、
その際、mmio関数群を用いてWAVEファイルを読み込んでいます。


そしたら、読み込みの際LPWSTRの引数の部分でエラーが出ました。
(一部 変数の宣言部分などを省略してます。)
// Waveファイルオープン関数
bool CSoundFactory::OpenWave( std::string t_FileName) {
// Waveファイルオープン
memset( &mmioInfo, 0, sizeof(MMIOINFO) );
hMmio = mmioOpen( t_FileName, &mmioInfo, MMIO_READ );
return(TRUE);
}


【表示エラー】
1 番目の引数を 'std::string' から 'LPWSTR' に変換できません。


「あぁ、型変換がうまく行っていないんだな。」と思い、
書き直してみたコードがこれ。
// Waveファイルオープン関数
bool CSoundFactory::OpenWave( std::string t_FileName) {
// Waveファイルオープン
char t[100] = {'\0'};
 for(int i = 0, count = t_FileName.size(); i < count; i++)
{
t[i] = t_FileName[i];
}
//LPWSTRへ変換!
LPWSTR tt = (LPWSTR)t;

memset( &mmioInfo, 0, sizeof(MMIOINFO) );
hMmio = mmioOpen( tt, &mmioInfo, MMIO_READ );
return(TRUE);
}


上記の様にすると、コンパイルエラーは発生しなくなりました。
しかし、waveファイルの読み込みに失敗するようになりました。

なぜ・・・!?
と思い、上記のttという変数をしらべてみると、

"轆轤荼薇饂飩"という様に、
意味の分からない文字化けした文字列が格納されてました。

どうも、キャスト(char → LPWSTR)した際に文字化けが発生するようです。
この野郎・・・!!


で、色々と調べてみたところ、
以下の様にしたら、あっさりと読み込みまで成功してしまいました。

bool CSoundFactory::OpenWave( std::string t_FileName) {
// Waveファイルオープン
size_t origsize = t_FileName.size() + 1;
const size_t newsize = 100;
size_t convertedChars = 0;
wchar_t wcstring[newsize];
mbstowcs_s(&convertedChars, wcstring, origsize, t_FileName.c_str(), _TRUNCATE);

memset( &mmioInfo, 0, sizeof(MMIOINFO) );
hMmio = mmioOpen( wcstring, &mmioInfo, MMIO_READ );
return(TRUE);
}

※変数の宣言、エラー処理もろもろ省略してます。

よく分からんが、
mbstowcs_s関数を使えばOKのようです。
こんな関数 聞いたことない・・・!

TCHARとか、LPCTSTRとか、LPTSTRとか 全然なじみが無いし、
変換する関数も 全然知らないものばかりで、

文字列の変換はややこしいなと思いました。
何で こんな状態になってるんだか。

とりあえず、引き続きDirectSound8の実装を続けます!

※今回 参考にしたサイト。↓
【参考URL】さまざまな文字列型間で変換する

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ジャンプ24号感想

●トリコ
今回の話はよかったです。

珍師範が、トリコのは"ただの食事"と言っていた理由、
トリコがまだ"食没"には至っていなかった という事がよく分かりました。

極限状態での、食への感謝が無いと現れないとは・・・。
まさに"奥義"といった感じですね。


一方、寺には本格的に 洗脳(?)されたコック達が侵攻してきました。

鬼みたいなのが 後ろのほうで痙攣(?)してたんですが、
こいつは認識能力を備えているのだろうか?

なんかしゃべりかけても
「ウガ。」とかしか言ってくれない
ような気がするんだが・・・。

トリコの背景に出ていたオーラに似ているので、
グルメ細胞で造られた人工生物か何かかな? と思ってる。


●恋染紅葉
ずっと妄想を見せられてる気分なんだが?

----------------------------
ていうか紗奈さん!?
何いきなりオレに腕枕させてんスか!?
可愛過ぎるんですけどぉぉーーッ!?

----------------------------
なんと言うか、主人公のテンションが
こっちのテンションと乖離しまくってる。

例えるならば、
バレンタインデーでチョコを貰って、
「やったぁぁあ!!!」とか喜んでいる男を近くで眺めている
感覚。

あぁそうですね・・・それは嬉しいでしょうね・・・。うん。
みたいな気分。


●パジャマな彼女
まくらが死ぬというリミットが提示されて、
この点に関してはよかったと思います。
(今まで、「日常生活送れてるし、元に戻る必要性あるの?」という状態だった為)

しかし、ホタルとかいう霊(?)は一体何なんでしょうかね。
勝手に「約束した」とか訳の分からんこと言ってるが。

↓もしかすると、こんな展開だったのかも知れん。
------------------------------------------------------
【1】まくらは、実は 第一話で交通事故で死んでいた
【2】ホタルの霊能力により、まくらが復活。
【3】しかし、「恋愛を成功させないと、やっぱり死ぬ」という制約(約束)があった

------------------------------------------------------


あと、治療法を探すとか行ってた医者の立場が気になる。
医学 VS 霊能力になると思うんですが、
どっちが勝つのかな?


●いぬまるだしっ
展開が速いんですが、
いぬまるだしっは終わってしまうん?(´・ω・`)

冷奴ネタは面白いと思いました。


●magico
マスコットキャラたちは、
ピサロ様を喜ばせるために動き続けるゴーレムだった
、との事。

・・・約一名 自分の私欲の為だけに動いている
メガネが居る
ような気がするんですが、気のせいでしょうか。

変態キャラは、あの男ウサギかな?とか思ってたんですが、
こっちのほうは「ラビットブイッ!」とか言い出して何かマヌケキャラになってしまった。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

今後のプログラミング予定について

本題と外れた話題が いつの間にか多くなってしまっていたので、
※本題・・・ ゲームプログラマーを目指すひと。

プログラミングの進捗などを
これから細かく報告して行こうと思います。

--------------------------------------------------
■製作日程
【1】東方イベントのゲーム製作(9/9発表予定)
【2】福岡ゲームコンテスト用のゲーム製作
(多分 行われるだろう。)

--------------------------------------------------
■活動日程
【1】デバッグ会社での勤務継続。
  開発部門に異動したいとか思ってる。

(出来るか分からんので、会社をアテにせずに 
          自分でスキルを身につける事も同時進行)
--------------------------------------------------

大まかにこんな感じです。


で、現在のプログラミングの状況なのですが、
DirectSound8を使って 音声を再生する部分を作っています。

現在出来たのは以下の2つです。
①複数のセカンダリバッファから
プライマリバッファにミキシングして再生
②CreateEvent関数、 CreateThread関数を用いて、
  バッファの再生位置通知イベントを受け取らせる



以下の③や④が実装できれば 適当にクラス化して
サンプルソースコードを公開したい
と思っています。
③長い音声ファイルの ストーリーミング再生
④WAVE形式 以外の音声ファイルの読み込み


出来る限り早く作って行きたいと思います。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

なんか変な曲を作曲してみた

なんか不思議というか、
よく分からない曲が出来ましたので公開してみます。

タイトル:FunnyClown.mp3
(訳:変なピエロ。)

※"MIDI TO MP3 MAKER" という変換ソフトを使っているのですが、
 無料版は1分間までという制約があるため、残念ながら1分でブツ切りになっています。

今回、初めて曲の途中でテンポを変えてみました。
途中から早くなります。

↓以下のURLをコピーペーストすると聞けると思います!(`・ω・´)

【URL】 http://rudora3.web.fc2.com/FunnyClown.mp3

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

ジャンプ23号感想

●恋染紅葉
最初の夕日の絵は綺麗だと思いました。

とりあえず本編への突込みに入りたいと思います。
--------------------------------------------------
「き 昨日撮った写真! お 俺にくれませんか!?」
「いいよ!あげる!」

--------------------------------------------------
・・・。

こんな展開ありえないよ。
こんな展開ありえないよ。

(なんとなく2回 言いました。)

現実でシミュレートしたら多分、こうなる。
--------------------------------------------------
男:「き 昨日撮った写真! お 俺にくれませんか!?」
女性:「えっ ・・・どうしてですか」
男:「いや、その 記念というか」
女性:「すみません、それはちょっと・・」

終わり。(色々と)

--------------------------------------------------


で、更にありえない展開が。
--------------------------------
「わっ わたしとデートしてくれない?」
「わたしを抱きしめてみて! ぎゅ~って!」

--------------------------------

! ?
もう理解不能。
ありえないんだぜ。(気絶)


とりあえず、突然ですが
少年漫画と少女漫画で恋愛モノの違いを纏めてみる。
※あくまで個人的な見解なので、あまり気にしないでください。


■少年漫画
【1】相手(好きな女性)から、 「好きです」とか言われる。
(原因不明。)

【2】主人公は、 唐突な出会いや、解説役の紹介で、ヒロインを意識し始める。
(出会い頭でぶつかる、 「●年●組の●●さんはスタイルも顔も~」みたいな紹介がある。)

【3】告白された際、 好きな人がブレる。
(この人やあの人、俺は誰と付き合えばいいんだ・・・!?みたいな。優柔不断。)

【4】主人公の妄想シーンが入る
(突然「キスをしよう」とか言われたりして・・・みたいなヒロインの性格などを無視した妄想。)

【5】好きな人から嫌われた際、相手の方が自己解決する。
(あの時、 ●●君が女子更衣室に居たのはこういう理由があったんだ・・・!謝らなきゃ!とか。
 主人公が相手を怒らせてしまうのではなく、 誤解で嫌われる、というパターンが多いかも

【6】恋愛をサポートするマスコットキャラみたいなのが居ない。
(そもそも、ヘタレな主人公なのに周囲の女性が勝手に惚れて行く みたいな
    怪奇現象が発生する為、恋愛をサポートする必要性なし。)


■少女漫画
【1】相手(好きな人)から、 「好きです」とか言われない。
(片思いで辛い、みたいな そんな感じ。)

【2】初めから主人公が 男の性格、顔立ちなどを知っている。
(●●くんは 運動神経も抜群で、優しくて・・・とか。)

【3】告白された際、 好きな人がブレない。
(●●くんは良い人だけど、 やっぱり私は××くんの事が・・・!)

【4】主人公の妄想シーンは入らない。
(変な性的妄想はない。 「先輩きっと(優しいから)喜んでくれるだろうなぁ」といった、
  相手の性格を考慮した、起こりうる未来を想像するシーンはある。)

【5】好きな人から嫌われた際、相手の方が自己解決しない。
(主人公が、好きな人を怒らせる行動をやってしまう → 「嫌われちゃった・・・どうしよう・・・」
 友人のアドバイス & 主人公が何らかの対処を行う → 好きな人との関係が修復。)

【6】恋愛の相談や、恋愛のサポートをするマスコットキャラみたいなのが居る。
(死神、式神、わがままな妖精、ペンギン、おまじないネコとか。)


●めだかボックス
刀でスパスパ斬ってしまう、贄波生煮さんが登場しました。

刀で斬る & 「きるきるきるきるきるきる斬。」とか言うあたり、
名前としては”大刀洗 斬子”の方が合ってるよな
とか思いました。

・大刀洗 斬子さん・・・「はたらかない」アイマスクを付けてる人。
             この方は、名前のわりに何も斬ったりしません。

あ、そういえば
「自慢のコレクションの一つです!」とか言ってた 武器子さんは、
真っ二つになった空母を見て何を思うのだろうか。


●トリコ
これはアレですね。
トリコが"食没"をマスターして帰ってきたら、
師範代が全員 コック3人に殺られているフラグ
ですね?

どうも 小松の昔馴染みの 大竹さんや、  "繊細料理の千代"さんとかは、
洗脳されている(?)ような気がします。

で、3人目の鬼みたいなヤツ何?

何か連載初期にトリコの背景に出てた鬼のオーラに似てるような気がする。
最近、トリコの背景に登場しないなーと思ってたんですが、
別の生命体になって勝手に行動してたんですね。

フォークやナイフが具現化したりするのと同様、
背景に出てた鬼のオーラも実体化して暴走してるんでしょう。 多分。




<追記予定!>

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

地方が大企業を撤退させた お話。

基本的に、大企業が地方に参入すると、
地方の商店街なんかは廃れたりするんですが、

逆に大企業を追い返してしまったお話。

------------------------------------------------
場所は、大分県 中津市。

ここでは、唐揚げが地元の名物になっているのですが、
この場所にKFC(ケンタッキーフライドチキン)が進出したらしいんです。
(唐揚げの本場? への挑戦。)

で、どうなったかというと、
全然 売れなくて撤退したとの事。

地元の人に聞いてみたら、
「よそのヤツより地元の方がいいわ」とか仰っていました。

まぁ、おいしい地元の名物があったら、
外部のものを 食う必要はないですな。


というわけで、KFCが唯一 撤退した地域だそうな。


個人的に、地元名物とか地元伝統とか、
そういうのが好き
なので、中津市は 量産型大企業が来ても負けないで欲しいと思った。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。