スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ52号感想

●食戟のソーマ
-----------------------
パク
やぁああああ

-----------------------
!?

料理を食べて下着姿になるとは思わなかったよ。

これは斬新過ぎる・・・。
背景に竜巻とかが発生する演出は見たことはあるが、
食べた人間が全裸になる演出などは前代未聞。

もうなんなの。

新しい・・・新しすぎるぞ・・・。
まさ下界では面妖にも料理漫画がここまで目を見せる進化を(ry

とりあえず、なんか料理漫画的なバトルもあったので、
料理7、謎の演出3 ぐらいの割合で行けばいいのかなーと思ったりした。
(謎の演出が増えすぎるとただのToらぶるか何かになる。)

あと絵が異様に巧かったです。


●ブリーチ
第0番隊の人が強そうに見えないのである。

うーん。

今回のユーハバッハさん達の部下でも思ったんですが、
貫禄はない & なぜか敵の攻撃は効かない & 自分の攻撃で相手は即死 だと
なんか納得いかないのですよ。

朽木白哉さんや総隊長が敵を蹴散らすのならまだしも、
コンやガンジュとかが、朽木白哉さんや総隊長を蹴散らしてたら
「えっそんなに強いの?」って感じになると思う。

貫禄が今のところなさ過ぎるので、
もしかしたら、その内 "リアル0番隊" とかいうのが出てくるのかもしれん。
(0番隊の人やられたけど、その人達は影武者ですよ、みたいな展開)


●暗殺教室

まず どうでもいいこと。
時々、間違えて「●殺人教室」と書きそうになります。
殺人じゃないですね。暗殺ですね。
----------------
では本編。

自立思考固定砲台さんが進化を遂げました。
自作のモデリングソフトを作るとか、殺せんせー何気に凄い事をやってます。

殺せんせーは、"人間の姿"だったころに、
とても頭が良くてどこかの研究機関で働いていた、という伏線なのかもしれない。

しかし、思ったんですが、
自立思考ということは、経験次第で
殺せんせーの味方になるという危険性もはらんでるんですよね。

各国首脳たちは、自立思考固定砲台さんが殺せんせーの味方となった時、どうするのだろうか。
もしかしたら、スクラップにしにくるかもしれない。


●クロスマネジ
この漫画終わるかもしれない。
(個人的な予想)

何だろう、何がいけなかったんだ。

とりあえずキャラクターの造形が適当すぎるような気がする。

後から入った双子みたいな部員とか、ほぼデフォルメみたいな描写で
適当に人数合わせるために作りましたよ な感じがする。
(喋り方とかも、キャラ分けする為に「~なの」という喋り方にした、というような感じ)

「青春漫画!!」みたいなアオリがあったような気がするのですが、
試合前日に新入部員が全員見つかりました みたいな都合の良い展開があったり、
何だかんだでうまく行きますよ、みたいな所があるのが行けないんだと思う。

全体的にギャグみたいな雰囲気が漂ってる。
ギャグはギャグ、試合や練習のときは試合/練習、みたいな切り替えが重要だと思う。
アイシールド21とかはそこら辺 巧く出来てたような気がする。


スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

スキンメッシュアニメーション読み込み機構完成!

色々と予定が遅くなってますが、
スキンメッシュアニメーションの読み込み機構が完成しました。

Xファイルと言っても、いろんなバージョンやら書き方やらあるので、
全部のパターンには対応できませんが、

メタセコイア + RokDeBone2 で作成した
アニメーション付Xファイルは正常に表示
できます。

【参考画像】
SkinAnimation.jpg

-------------------------------------
【1】Xファイルの構造
【2】Xファイルの読み込み方
【3】プログラム内のデータ保持方法
【4】プログラム内のXファイル描画方法

-------------------------------------
まだ、万全では無いのですが、現段階での
上記の内容を解説記事として書きたいと思います。

【4】についてだけ、ちょっと書きますが、
-----------------------------------------------------------------------
・インデックスブレンディングを使用する、という設定をする
・使用する重み(影響度)の数の設定をする
・各データをバッファに格納
・各バッファを、どのストリームに流すかの頂点宣言を作成

・各TransMatを更新
・各SkinMatを更新
・頂点宣言セット
・各ストリームに、各バッファをセット
・マテリアル/テクスチャをセット
・マテリアルに対応する頂点インデックスをセット
・各SkinMatをセット ( D3DTS_WORLDMATRIX( ??? )という形式で指定 )
・DrawIndexedPrimitive関数を実行

-----------------------------------------------------------------------
大体こんな感じです。
たぶん、これだけじゃ意味がわからないですね。

しかし、これが
3Dゲーム製作の基礎の基礎だというのだから骨が折れる。

こういう複雑で把握が難しい技術とかは
大まかな概念を把握する事から先にした方が良いような気がするので、
プログラムの記載する前に手順とかを先に説明しようかなと思います。

多分、いきなり下記のソースコードを見ても「 ? 」となるかなと。
【参考URL】DirectX9 プログラミングメモ - スキンメッシュアニメーション

(自分はソースコードが長すぎて、読むのを途中で止めてしまった。
  実行してみたら「なんか動いた」みたいな状態で、理解があまり進まなかったです。。)

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

ジャンプ51号感想

●新米婦警キルコさん
面白いと思います。

【面白かった点】
・トンファブレードが格好良い
・キルコさんがキャラクターとして良い (滅茶苦茶強い、ひたむき等)

とりあえず先輩が犯罪者と化さないように注意ですね。
(「減俸」か「胸を揉むか」と尋ねられたら、
       即答で後者を選ぶような気がする。 悟りなさい。


ギャグで引っ張って行くのも良いかもしれませんが、
個人的に、犯罪者の組織とか、犯罪発生率の推移とか、
そういう環境などは、しっかり練りこんで欲しいなぁ
と思いました。
(こち亀みたいに短編で終了するのではなく、ある程度ストーリーがある感じ。)

あと、今回 下着が空を飛んで大変な事になっていますが、
ファフロッキーズ(Fafrotskies)現象が発生した、
とでも説明しておけば いいんじゃないかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------
■ファフロッキーズ(Fafrotskies)現象
突如、上空から魚などが降り注いでくる、という怪奇現象。

世界中で発生しており、一見おかしな現象に見えるが、
「竜巻などで巻き上げられた」、「魚をくわえた鳥が上空で魚を落とした」などで
現実的な説明がつくのではないかと言われている。
-------------------------------------------------------------------------


●暗殺教室

Q.あれは下駄箱ですか?
A.いいえ、あれは自立思考固定砲台です

みたいな。

まさか、「下駄箱に間違われる」という謎の英会話の例文が
違和感無く使える状況を見れる
とは思わなかったよ!

<追記予定!>


テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

ジャンプ50号感想

●HUNGRY JOKER
主人公が、読みきりの時より少しおっとりした感じになってる?
主人公を見てると、なんか南 千秋さんがフラッシュバックして困る

【参考画像】
chiaki.jpg
(左が主人公、 右が"みなみけ"の南千秋さんである。)

-----------------------------
このリンゴは
現代の科学では解明できない
超常物質だ・・・!

-----------------------------
多分、それ"悪魔の実"って言うんじゃないでしょうか。

----------------------------------------
また一つ"エウレカ"が目覚めたか・・・
----------------------------------------
"エウレカ"の部分を"神業"に変換すると別の漫画になるという。
(ごく最近 打ち切りになったけども。)

設定的に、デジャヴを感じる所があるので、
ここら辺はどんどん独自路線を突っ走ってもらいたいなーとか思った。


●ブリーチ
敵 帰っちゃったよ!
何でだよ!

そんな展開じゃ無いだろ・・・。
完全に最終決戦が始まるか、という流れだったのに。

FF5で例えるなら、
「わしらが力を抑えている間に、早くエクスデスを倒してくれ!!」
みたいな事を言われているのにも関わらず、一旦セーブポイントへ戻り
さらに町へ帰還してピアノを弾き始めるレベル。

物語の流れ完全無視。

<追記予定!>

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

ゲーム開発 現状報告 ~11/6~

ゲーム開発の現状報告です。

【1】描画システム構築について

DXライブラリの方は、大体完成しました。
キーフレームアニメーションとか、役に立ちそうな機能とかを作ったりして調整中。


↓ キーフレームアニメーションを定義するフォーマットがこれ。

【参考画像】
KeyFormat.jpg

一番上の行は、変化させる要素を記載します。
上記では、座標X,Y、画像、透過度を 変化させるように指定しています。

※座標Xしか変化させない場合は、
 1行目を「 Time 1:PosX 0:end 」という風にする。

で、上記のキーフレームアニメーションについてですが、
-----------------------------------
・アニメーション開始待ち時間 指定
・相対座標、絶対座標の指定

-----------------------------------
も出来る様にしてます。

たとえば、タイトル画面で、
「はじめから」という画像を X座標 0 → 200、Y座標 0 → 0 と
変化させてスライドインさせるとします。

で、次に、
「つづきから」という画像を X座標 0 → 200、Y座標 200 → 200 と
変化させてスライドインさせるとします。

この場合、以下の2つのキーフレームアニメーションフォーマットを作るのは
面倒 & 効率が悪いので、
------------------------------------------------------------
【アニメーション1】X座標 0 → 200、Y座標 0 → 0
【アニメーション2】X座標 0 → 200、Y座標 200 → 200

------------------------------------------------------------

下記の描画オブジェクトを定義し、
その2つのオブジェクトに相対座標で【アニメーション1】を適用します。

・描画オブジェクト1  (0,0)
・描画オブジェクト2  (0,200)

すると、「はじめから」「つづきから」の画像が、
両方とも適切にスライドインして表示されるという寸法。


【2】Xファイル読み込み機構について
Xファイル読み込み機構についてですが、
現在、
メタセコイアで作成したモデルを読み込む機能は実装しました。

【参考画像】
ModelDraw.jpg

(左が元データ。 右が元データを読み込んで表示したもの。)

-------------------------
・アニメーション機能
・テクスチャ貼り替え
・メッシュ情報のコピー

-------------------------
上記の機能も実装出来次第、
ソースコードを公開する予定ですので、
少々お待ちください。

諸々 予定が後にずれてますが。。
えと、アレだ。時間をください・・・!
(作業の大まかな終了期間を想定するのは、意外と難しいですね。。
  目標(予想)より、2か月分くらい大目に見ておくぐらいがいいのかもしれない。)

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

ジャンプ49号感想

●クロガネ
1万本取る練習とか、常軌を逸してるなぁと改めて思った。
俗に言う一万時間の法則というやつか。

-------------------------------------------------------------------
■10000時間(1万時間)の法則
The New Yorkerのスタッフライターのマルコム・グラドウェル氏が提唱した法則。
ある分野で一流になるためには、1万時間の練習が必要となる、という説。

-------------------------------------------------------------------

あと、個人的に思ったんですが、
今回の1万本を取る練習はかなりきつそうですが、
1万本を簡単に取る方法はあります。

こうすればいいのです! ↓

ba-n.jpg

だが、間違いなく「お前ら帰れ」と言われる。

<追記予定>

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。