スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ26号感想

●暗殺教室
磯貝君が左手に何か隠し持ってる様な感じがしたのですが、
そんな事は無かった。

パワーじゃ勝てそうにないので、
何らかの戦略(ばら撒かれると困る写真を見せて脅す等)が必要だと思ったのですが。
とりあえず、現状は正攻法(?)で行くようです。


この前冗談で「棒を担いで山の中に籠ればいいんじゃない?」とか言ったんですが、
どうも、やろうと思えば出来そうですね。
(今回、敵を抑え込むのに使っているので、もう移動は出来ないかもしれませんが)

とりあえず、考えられうる奇策を纏めてみましょう。
■奇策
-----------------------------
【1】棒を燃やす
(棒もしくはその周辺を火の海にする。
 自分たちも含め、触れないようにする。)

【2】棒を埋める
(深さ2mぐらいの穴に差し込んだりする。)
【3】ズボンを下ろす
(そのまま。敵の攻撃意志を乱す。)
【4】全裸で突撃
(敵の戦闘意欲をを削ぐ。)
【5】敵を懐柔(脅迫)
(やっぱり脅迫の材料を持っていて、
  それを用いて脅迫などをする。)

【6】観客を棒倒しに参加させる
(何らかのA組に対する不満をあおり、扇動する。)
【7】服を脱いで、敵の頭に被せたりする
(束縛、混乱を目的とした攻撃。)

-----------------------------
一番衝撃的なのは【3】と【4】だと思う。
下ろすだけでなく、服を完全に奪うとなお致命的かも。

【4】が出来るのは、約一名しかいないですね。
自然体で盗撮するあの方に任せた。


とりあえず、(普通に授業で培った身体能力、暗殺技術を駆使するのかもしれませんが)
最後のコマや殺先生の語りを見る限り、奇策は使ってきそうなので、下記の行動を行うと予想。
・服を脱いで、敵の頭に被せたりする
・敵を懐柔(脅迫)
・ズボンを下ろす
・全裸で突撃


さて、当たるかな?
それとも想像を上回る奇策が出て来るかな?


<追記予定!>
スポンサーサイト

ジャンプ

●暗殺教室
真の目的は、「次のテストに影響を与える」事だったのか!
みたいな事が言われていますが、どうもそれだけじゃない様な気がする。

浅野君は「E組に何か秘密がある」と疑っていたので、
その秘密を探る手も打ってるんじゃないかなーと思う。

試合についてですが、ルールは大体こんな感じですね。
--------------------------------------
① 武器の使用禁止
② 暴行禁止
③ 棒を倒されたら負け
④ 足を使用したけん制、タックルはOK

--------------------------------------
棒を担いで山の中にでも
逃げ込めばいいんじゃないか
とか思いましたが、
それはアウトなのかな。ルールにはないけど。

まぁ、とりあえず気になったのが、
磯貝君 左手に何か持ってる?

直近のコマを見てみても、何故か左手が見えない様に描かれている。

もしかすると、
殺先生が秘密裏に収集した、
各生徒の弱みを写した写真を渡されており、
攻撃しに来た生徒に配る

という戦略なのかもしれない。

寝返ったらダメ、というルールも無いので、
「これをバラまかれたくなかったら、A組の棒を倒しなさい」とか要求するのかも?

とりあえず、予想を纏めてみます。


【予想まとめ】
・浅野君は、「棒倒しで勝つことだけ」でなくE組の秘密も探っている
・磯貝君は、殺先生から写真を手渡されている
・E組の作戦は、攻撃をしに来た相手に、弱みの写真を配ること
・A組に造反を要求し、エース4人 VS E組+A組みたいになる


<追記予定!>

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

ゲーム会社の最終面接に合格する方法について。

自分は以前、K社の最終面接で落ちてしまった経験があるのですが、
落とされた要因が分かったかもしれないので、纏めてみます。

結論を先に言うと、
恐らく 質疑応答で失敗しています。
順を追って記載してみます。

■もくじ
【1】面接の状況について。
【2】面接の内容について。
【3】質疑応答について。
【4】退室、意味深な発言について。
【5】~意味深な発言の考察~
【6】最終面接での印象を考える。
【7】最終面接の対策まとめ



【1】面接の状況について。
最終面接は、社長、役員、社員の3名と、
就職希望者3名の対談式でした。
(グループ面接ですね。)


【2】面接の内容について。
面接では下記の様な質問をされました。
大学がどうの、というより、個性や性格を把握する為の質問が多かった気がします。
----------------------------------------------------
・自己PRをお願いします。
・週末などは、どのように過ごされてますか?
・今まで一番頑張った事、何かを乗り越えた事は何ですか?
・もしプログラミングで行き詰った場合、どうしますか?

----------------------------------------------------

また、質問に答える順番は、ランダムでした。
「では左端の方からお願いします」
「今度は右端の方から順にお願いします」など。


【3】質疑応答について。

質疑応答は、質問したい場合は手をあげて、
当てられたら質問をする
、という形式でした。

自分含め、社長に対して
・ゲーム業界はこのように変わっていくと言われていますが、社長は~
という様な、業界の動向に基づく意見を聞いたり、
もし入社した場合、持っておいた方が良い知識はあるかどうかなどを聞いていました。


【4】退室、意味深な発言について。
質疑応答が一通り終わった後、
扉が開けられ、就職希望者は順に退室しました。

※就職希望者は、
「本日は面接に貴重なお時間を割いて頂き、ありがとうございました」
という様な言葉を述べると共に、礼をして退室
しました。


しかし、ここで扉を開けて下さっていた応接役
の方から意味深な発言が。 ↓

----------------------------------------------
「本日は遠いところからお越しいただき、ありがとうございました。
 有名な方等がいらしていたと思いますが、上手く質問など行えましたでしょうか。
 それでは、こちら(出口)の方へどうぞ」

----------------------------------------------

…この時は緊張していたのもあって、
「はい、本日は本当にどうもありがとうございました」という旨の返答をしたのですが、
思い返してみると、やけに引っかかる言い方をされたんですよね。

この部分。
----------------------------------------------
有名な方等がいらしていたと思いますが、上手く質問など行えましたでしょうか。
----------------------------------------------
暗黙的に何かを訴えられているような気がした。


【5】~意味深な発言の考察~
まず、意味的に「上手く質問できたかを心配する」発言です。

ですが、面接では一人当たり2回以上は質問しており、
最後に「質問は以上となります。」とハッキリ宣言して、お礼を言って退室してるんですよね。
満足したような表情、仕草で。

「上手く質問できたのだろうか?」など、心配する必要が無い。


…で、今になって色々と考えてみたんですが、
「有名な方」という表現で、ハッと気が付きました。

最終面接では、社長や役員の他に、
●●シリーズの開発部部長もいらしていたのです。
※●●にはゲーム名が入ります。伏せてます。
 例:マリオシリーズ、バイオハザードシリーズ、FFシリーズなど。

そして、面接での質問は社長に集中していました。
開発部部長への質問が、ほぼ…無かったと思う。

※面接中に開発部部長が就職希望者側に質問をして、
 それに対して就職希望者側が 開発部部長に返答をする事はありました。
 しかし、最後の「自由に質問をどうぞ」という場面で、開発部部長への質問が無かった。

なので、退室時に言われた発言の真意は、
「開発部部長への質問はしなくて良かったの?」
だった可能性が高い。


【6】最終面接での印象を考える。
良く考えればそうだ。
何故、こんな単純な事に気が付かなかったのか。

社長に対して、「今後ゲーム業界は●●になると言われていますが~」みたいな
いかにも「業界研究/企業研究しましたよ」とPRするかの様な質問よりも、

「●●シリーズの開発部部長でいらっしゃいますよね?
 実は、●●シリーズには非常に楽しませて頂いておりまして、
 また、新作での●●システムは、とても素晴らしいと感じております。

 それで、新しいシステムや、またその実装を上手く進める為に、
 チーム内で必要不可欠な考え方や、行動の仕方などがあれば是非…」

みたいな質問の方が良いと思う。

自分なら、後者に良い印象を持つ。
(本当に企業に貢献したくて志望したんだな、と思える)


【7】最終面接の対策まとめ
社長以外に、開発部部長、プロジェクトリーダーなどの方が同席される場合、
その方特有の質問を用意した方が良いと思います。

少なくとも、
「業界の動向はこうですが、
これについてどう考えますか?」みたいな質問
よりかは
印象は悪くはならんだろう。

学生の頃は気づかなかった。

企業の特性(多角経営とか)や、発売したゲームソフトは何か?ばかりを研究して、
そこで働くプロジェクトリーダーや、開発部長のインタビュー(発言録)は
まるで調べてなかった…。
(どういう理念、考え方を持って働いている人なのか?など)

という訳で、大企業のゲーム会社などを受ける方は、
大体、ファ●通だとかの雑誌に"開発裏話"だとか、
インタビュー内容が載ってたりする
ので、
それらから"開発部部長への特有の質問"などを用意しておいたりすると
良いかと思いました。

長くなりましたが、以上です。
自分はダメでしたが、これから面接を受ける方の参考になればと思います。
就職希望者に幸あれ!!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

ジャンプ22・23号感想

●暗殺教室
コードネームが「女たらしクソ野郎」とかで笑った。
どこかの「ハゲマント」というヒーローネームの主人公を思い出したよ。

あと前から思ってたんですが、「永遠の0」って、
バスト0だったら上半身と下半身が分離してる様な気が。

今回は、あまり重要な伏線らしきものは出てこなかったかな。
-----------------------
・木村君の父親が警察官
-----------------------
ぐらいかな、物語と関わってきそうな要素は。
(木村君の父親から、"警察だけが知り得ている情報"を入手、など)


●トリコ
何だかいろいろとおかしいような気がする。

---------------------------------------------------------------
ポイズンライフ … 意志、感情などが本人と同じコピーを、毒で作る
---------------------------------------------------------------
まず、この能力からしておかしい。
サラッと言ってますが、原理が全く謎ですし。

とりあえず疑問点を纏めてみよう。

【1】カエルは結局、何?
カエルは結局何だったのか。
リアルミストで出来ていた偽者だった、のかな?

それだと、ヒルに吸血されているのと、
「カエルの血だけじゃ足りない」とか言っている意味が良く分からないですが。

※信じたものが現実になるのであれば、
 ヒルヒールは大量のカエルを想像して、
 吸血してれば生活できるんじゃない?
と思う。


【2】毒を持っているから、ココは襲われなかった?
ココは、「毒を持っているから自分だけ襲われなかった」と言っていましたが、
結局、全員ポイズンライフによるダミーだった訳ですよね?

つまり、下記の様になります。
---------------------------------------------
吸血されたトリコ … 毒による偽者
吸血されたトリコを目撃したココ … 毒による偽者
---------------------------------------------
ならば、トリコだけ襲われて、ココは襲われなかったのはおかしいです。
トリコもココも毒なので、両者とも襲えない筈です。


【3】リアルミストとは?
「信じていれば、それが現実になる」というリアルミストでしたが、
カエルが海で見たものとは異なる、と判明した瞬間に屋台やカエルが消えましたね。

ここら辺の原理も良く分からないなぁ。

「信じたものを生み出せる。生み出されたものは第三者にも見える。」
がリアルミストだとすると、仮にトリコ達が信じなかったとしても、
ヒルヒールが信じて(想像して)いれば、カエルや屋台は消えないと思う。

そもそも、外の海で、トリコだけが見たカエルを、
ヒルヒール達が生み出せる筈がない。
信じる、信じない以前の問題。


「周囲に居る生命体全てが信じた場合のみ、生み出されたものが見える」
だとすると、最初に「この屋台は本物なのか?」とトリコ達が疑った時に
消えてなくなっててもおかしくない
と思うし、良く分からぬ。


一番妥当なのは、
「リアルミストは、気候ではなくヒルヒールが生み出している幻」かな。

・何らかの理由で、トリコがカエルを目撃したのを知っていた。
 (今回の変なおじさんみたいな黒幕が関係?)
・だから、カエルを生み出しておびき寄せた。
・カエルが偽者だとバレたので、幻を解除した。

 (バレて解除する理由は良く分かりませんが)
・腹が減ったので、幻で出来たカエルを吸血してみた。

かな…?

何だろう、何といえばよいか分からないですが、
深く考えると、因果関係や事の経緯が良く分からなくなります。

もしかすると、一番正しいのは、
「トリコが吸血されたり、カエルが急にミイラになったり、
 実はトリコ達はニセモノだったりなど、
 インパクトのある展開を用意したら論理が破綻した」

かもしれない。

今回は、かつて連載されていたエニグマとかいう漫画を思い出させられた。




<追記予定!>

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。