スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ37号・38号感想

●トリコ
----------------------------
ほぉ… 『開花』しましたね
----------------------------
開花とは一体何なのだろう。
とりあえず、自分には開花というより、開眼したように見えるのですが。

何でいきなり第3の目が出来たのか。
(能力開花というより、百々目鬼(どどめき)に憑りつかれたんじゃないか、としか。


まぁ、纏めてみます。
下記の様に、"グルメ細胞の進化"とは異なる概念があるのかもしれない。
ブリーチで言うと、始解と卍解みたいな。
--------------------------------------------------------
・開花 … グルメ細胞と自分の細胞が融合して更に強くなる?
        (開眼するなどの肉体的変化、能力変化が起こる?)
・進化 … 美味いものを食べて、グルメ細胞のみが強化される
--------------------------------------------------------

最後に気になった事。

とりあえず、会長が三虎にやられたっぽいのですが、
恐らく、会長が弱かったのではなく、
会長は最期まで和解を求めて三虎に積極的な攻撃はしなかった
みたいな
理由があるんじゃないかなと思いました。

それと、栗坊だけトカゲから逃げた様に見えるんですが、
これは一体…?

IGO側に見せかけた第3勢力のスパイだったと見せかけて、
やっぱりIGO側だった
(もしくは第四勢力か、美食會側だった)
という展開があるのかもしれない。


●ソウルキャッチャーズ
「グロッケンに向いてなかった」とかいうエピソードでは、
なんじゃそりゃーとか思ってましたが、

今やっている、
コンクールに向けての
心理描写は凄く面白い
と思います。

更に、指揮者としての才能があるというのを
上手く漫画で魅せている
と思う。


●食戟のソーマ
一色先輩は なんでずっと ふんどしなの。


<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。