スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム開発状況 - 2013/10/10版 -

今日の報告!


新作ゲームの方の制作に取り掛かりました。
パズルゲームの方は、大方画像が出来ていて、あとは問題の追加とかを行うだけなので、

レイアウトの調整も終わっていない、
新作ゲームの制作を 先に進めた方が良い
、と判断した次第。

【参考画像】
Sample_20131010_1.jpg
背景画像が汚い事になってますが、後で差し替えます。

<やった事まとめ>
・メーター画像表示
・タスク表示枠表示
・背景表示
・ミニマップ表示
・メッセージボード表示
・ミニマップ移動機能実装



とりあえず、今まで開発スピードをあまり気にして無かったので、
今回は目標を決めたいと思います。
=========================================================
目標:1週間でゲームとしての体裁を整える
=========================================================

何も無い状態から
1週間でどこまで作れるのか、挑戦します。
というか、これくらいのペースで開発しないと、
イベントでの頒布にさえ値しないシロモノに


※10月16日(水)まで。

どれだけ変わるか
楽しみにして頂けたらと思います。


【今日のひとこと】
今日は消火のお話。

消火と言えば、とか
消火器の粉みたいなやつを噴射して火を消すのを連想しやすいと思うのですが、
二酸化炭素で消火する設備も存在するとの事。

酸素が無い宇宙や、密閉した空間では、火は消えるのと一緒で、
閉鎖空間に二酸化炭素をバラまいて、火を消してしまおう、という装置らしい。

メリット、デメリットは、簡単に下記の通り。
----------------------------------------------------------
メリット: パソコンなどがある部屋では、外的損傷を与えずに消火出来る。
デメリット:人も窒息して死ぬ。

----------------------------------------------------------

デメリットは結構、恐ろしいです。

パッと見、異常が分からないので、
部屋に入る ⇒ 窒息 ⇒ 死亡 という事も起こるようです。

これは気を付けないと怖い。
と言っても、部屋に二酸化炭素が充満してるかなんて判別しようが無いような。
アラートとか鳴ってくれるのかな?

【参考URL】二酸化炭素消火設備による酸素欠乏症
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。