スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ4・5号感想

●特別企画 2ページ ギャグマンガ

とりあえず、それぞれのギャグについての感想

■ルノアール兄弟 「前夜祭」「後夜祭」
----------------------------------------
い 井坂とは あの優秀で前途有望な
あの井坂編集のことですか?

お前言ってて むなしくないか?

----------------------------------------
これ、身内ネタ(関係者ネタ)かなぁ?

井坂編集が誰なのか不明なので、
少なくとも自分の中では、ギャグになってないという印象。

最後のセルフ拷問もよく分からない。
いきなり石抱(いしだき)してる描写をされても
特に大笑いする様なものでもない
…様な。

石抱 …  三角形の木を五本並べた上に正座させ、膝の上に重石を積み上げる拷問。


■久楽 「猫田さん 出張版」
ほんわかした絵柄と、のんびりとしたギャグ。

大笑いはしなかったけども、
気軽に読めそうだなーと思いました。
(ただ、淡々とし過ぎてたら、飽き(マンネリ)が来る可能性あり)


■宮崎周平 「オンオフ」
ひたすらレバーのオンオフを繰り返す作業を与えられる、
というシュールなギャグ。

"シュールな光景だなぁ"とは思えるものの
そこまで笑いには繋がらなかった
という印象。

社長がボケで、新入社員がツッコミ続ける感じの方が良いかも?
と思った。

※例
-----------------------------
新入社員「このレバーのオンオフって意味あるんですか?」
社長「ないよ」
新入社員「無いんですか!?」
社長「うん。びっくりした?」
新入社員「びっくりしたじゃないですよ!
     今までの作業全部無駄じゃないですか!」
社長「うん。だから君の給料は無いよ。」
新入社員「えっ!? いや、ちょっ(ry」

-----------------------------


■三木真薄 「もしジャンプの編集長が
          ドラッガーの『マネジメント』を呼んだら」


まず一つ目。
--------------------------------------------------
わざわざアマゾンで英語版をよりよせたかいがあった…
なるほど… そういうことだったのか…

俺 英語全然できねぇんだなぁ…

--------------------------------------------------
とりあえず、直前の発言と
オチ(?)の発言が噛み合ってなく
て、違和感を覚える。

「理解したと思ったら、理解してなかった!」という
ギャップを見せようとしたのかもしれませんが、

ギャップを作る為に作った直前の文が、
話の流れに全くそぐわない発言になってるような気がする。


次に2つ目。
--------------------------------------------------
この前 話してたギャグマンガ2ページをよせ集めるやつ
あれ やっぱキャンセルで

--------------------------------------------------
これも、あまりギャグになってない、かな。
作業指示にしか見えないもの。

例えば、サラリーマンが漫画の主人公で、
そのサラリーマンが、「来週水曜の打ち合わせ、やっぱキャンセルで」と
言っていたとします。

…。
何も笑う要素が無いと思う。


なので、キャンセルする内容を意味不明にするか、
キャンセルはあり得ない、という話の流れを作っておくのがいいかなーと思いました。

例:
---------------------------------------------------------
編集長「ごめん、漫画家同士がパンチラファイトする企画、やっぱキャンセルで」
漫画家「パンチラファイト!? 何スかそれ!?」

---------------------------------------------------------


■奥間セイ 「奥間セイのツボ」
宇宙人と、金太郎の話。

唯一、ギャグなのか、どうなのか
すら分からなかった漫画。


これは、何が笑いどころなのでしょう?

宇宙人の奴は、
「宇宙人にとって、ジャンケンの文化は面白くないと感じる」という意味なのだろうか。

金太郎の奴は、金太郎の背中が傷つくだけだし、
もう、どう楽しんだらいいのか不明。


■南貴大 「善代官」
これ、絵が良かった。
絵の威力で、より笑いに持っていけてる感じ。

演出とかを凝ったものにすれば、
「ぬらりひょんの孫」みたいな雰囲気に出来そうだと思った。
(ギャグでは無く、普通のストーリー漫画でも行けるのではないかと)


■青沼裕貴 「微塵虎兄さん」
気になったのが、タイトルが「微塵虎兄さん」なのに、
本編では「微塵虎さん」
になっている所。

個人的に、学ランを着た舎弟の方を、
実の弟にした方が良かったかな?と思いました。

例:
---------------------------------------------------
弟:「た、大変だ兄さん!果たし状が来たよ!」
微塵虎兄さん:「慌てるな、弟よ…。今プランクトンを食ってる所だ」
弟:「お、落ち着いてる…!さすが兄さん!」

---------------------------------------------------


■筆洗ゆうた 「ガンバレ カンチャン!!」
まず思った。
絵柄が なんか古い。

あと"クミちゃん"とやらが、身長3mぐらいありそうなんですが、
何故 何も突っ込まないのだ。

デッサンが狂ってるのか、ギャグなのか分からないよ。


というか、何でクミちゃん風船3つ持ってるの?
遊園地に居る訳でもないし、森みたいな所で
風船を3つ持っている妥当性が見つからないのですが。

これは…シチュエーション自体が謎過ぎる…。





<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。