スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ10号感想

●トリコ
人間界編完結!グルメ界編 開始!
…という感じだった筈なのですが、

いつの間にか小松は救出した事になっており、
更に食材を持って人間界に帰ろうとしているのですが、これは一体?

人間界でのゴタゴタを解決する展開になるのであれば、
全然"グルメ界編"ではない様な気がする。

とりあえず人間界は荒廃してそうな気がした。


●暗殺教室
竹林君がE組を脱出したところで、
E組が成績でTOP争いをしたという事実は変わらない
(=E組は見下せる存在ではない)と思うんですが、

理事長もE組以外のクラスも、
何故、余裕な態度を取っている
のだろう。

もう、E組見下しシステムは崩壊しているというのに。


あと思ったんですが、「理事長の手を打つ」発言は、
竹林君へのE組脱出の打診だったのかな?

ん~そうだとすると、大した戦略では無いなーという印象。

例年やっているそうですが、特に今回の場合は
「殺せんせーがいる事により、E組の成績が上がった」のですから、
殺せんせーに対する措置を取らないと、
次のテストでまたE組が大躍進するだけ
なんじゃないかな。

そうなると、理事長の方針は崩壊しそうな気がする。
竹林君への打診だけで良かったのか理事長。


●ジェントル君
おい!!画力!!
画・力・!!

明らかにまだ週刊誌に載せる段階では無いと思ったんですが、どうだろう。
詳しくは分からんですが、ペンの使い分けもして無さそうな気がする。

漫画の内容はシュールで投げやりなラストで、
それ自体は良いかなーとは思ったんですけども。

絵の方は、要・努力かなと。


<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。