スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ21号感想

●暗殺教室
イトナ君が加入した事で、
「心臓が弱点という事がバレる」と殺せんせーが予測したのですが、
何故 予測出来たのでしょう?

予測するには、下記【1】~【3】のどれかの認識を持っている必要があります。
-----------------------------------------------
【1】シロが、殺せんせーの弱点を知っている
【2】イトナ君が、殺せんせーの弱点を知っている
【3】シロとイトナ君が、お互いに殺せんせーの弱点を知っている

-----------------------------------------------

殺せんせーが、「イトナ君もしくはシロは、心臓が弱点である事を知っている…!」と
把握した描写
ってあったかな…?
(よく覚えていない)

あと、最後のページでシロがネズミを食ってるんですが、これ何?

全身が見えない服を着ていますが、
人間ではない顔や肉体をしているのかな?

もしかしたら、殺せんせーが月を破壊した際に、
全身火傷などの致命的なダメージを負った
、とかの理由があるかもしれない。
殺せんせーの事を、かなり憎んでますからね。



それと最後に"死神"についてですが、
ロヴロ先生を殺害した時、拳銃も何も持ってなかったんですよね。
今思えば、殺せんせーが体得した、
圧縮エネルギー砲を使った
のではないかと思える。

つまり、死神は、殺せんせーと同じ
触手の細胞を持っている
という事になるのではないかと。


「生まれた時から君のそばに居る」みたいな意味深な事を言ってましたが、
細胞レベルで、全ての人類の中に居るとかいうチート設定なのかも?


●i・ショウジョ
連載初期は、「色んな恋愛を描く」みたいな事を謳っていた様な気がするのですが、
最近は恋愛要素があまり無いような気がする。

色んな設定、色んなシチュエーションで
読者サービス的な展開が起こってるだけ
の様な感じ。

絵柄的に、普通に恋愛を描いても良いと思うのですが、
そういう方向性には持って行けなかったのであろうか。

また、オムニバス形式の様な、
毎回登場人物が変わっていくような感じになっていますが、
その内、キャラ設定のネタ切れそうな気がする。

あまりキャラ替えが増えすぎると、
名探偵コナンの犯人、被害者、その他モブキャラの様な、
印象に残らないキャラクター量産
、という状態になりそうなので、
なるべく一つ一つの話を掘り下げた方が良いんじゃないか、と思ってる。




<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。