スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ30号感想

●ワンピース
マゼランには奥の手があり、どんどん感染するように広がって行く毒を生成できる模様。
(ブリーチでいうと、バラガンさんの"死の息吹"(レスビラ)みたいな感じです。)

蝋で防御しても、その蝋自体が毒化してしまうので防御不能。
(これは逃げるしかない・・・!)

で、逃げてる途中でイワさんが"ンヌウィ~~~~ンク!!!"とか言いながら
物凄い勢いで地下から発射されてきました。
(デス・ウィンクの反動で、床を頭で破壊しながら移動してきたみたいです)

どうやら、イワさんは何とか助かった様子。
多分、ホルモンを射ちまくったのでしょう。

そして、最後はジンベエがジンベエザメを超音波か何かで呼び出して無事、脱出しました。
海に脱出すればもう、マゼランも追いかけてこれないでしょうね。
(海水をかけたりすれば、能力が使えなくなると思いますし)


●トリコ
今回の話で分かりました。
リンの好物はトリコです。
(文字通り、トリコを食べたりしないか心配。)

そして、みんなで宝石の肉を食べます。
ナイフで切ろうとすると、 肉汁花火が打ちあがるそうです。
何ソレ!?

最後は、トリコとサニーがどっちのフルコースに入れるかでモメて終了でした。
(他人のフルコースと被るのはイヤらしい)

ともかく、次回からは新章でしょうね。


●バクマン
サイコー達の連載順位がどんどん下がっていたのですが、
奇をてらった事はせずに、ストーリーやトリックに力を入れ続けた結果、
本格推理モノだと認められ、順位が良くなったようです。
(正直、打ち切りなど経験するのかなーと思ってました)

今回は、 「台詞回しのセンスが重要」という事に気付いたとの事。
確かに、独特な言い回しは評判が良かったりしますからね。
-----------------------------------------------------------------------
「あ、ありのまま今起こったことを話すぜ!」
「な、なんだってー!」
「~そこにシビれる!あこがれるゥ!」
「~と思っていたが、別にそんな事はなかったぜ!」

-----------------------------------------------------------------------
とか。


●AKABOSHI
今回は不自然なギャグが色々と挟まっていたように感じました。
不自然だと感じたのは、王進さん・林冲さん・戴宗が突然ボケだしたから だと思います。
(王進さんは特に、真面目でボケそうにない感じがする)

アレでしょうか。
「水滸伝には余裕が無い。もっと遊びを入れるんだ!」
みたいな担当の意向があったのかもしれない。
バクマンみたいに


●スケットダンス
ヤバイヤバイ。これはヤバイ。
何がヤバイかと言うと、
ボッスンがヒメコにメイドの格好をさせ
「ご主人様」と呼ばせて快感を感じている

のがヤバイ。

最近はですね、
「漫画やゲームの影響で 
なんたらかんたら・・・規制すべき!」

みたいな傾向があるんですよ。

で、
「先日、事件を起こした●●容疑者の自宅に、大量の漫画が発見されました。
その漫画の中には、主人公の男がヒロインにメイド服を着せ「ご主人様」と呼ばせる
内容のものがあり・・・」

と言う風に何らかの事件と勝手に結び付けられたらどうしようかと。
(まぁ、そんな事を言うとToらぶる等の方が危ないのですけれども)

脳噛ネウロの方は、 怪盗XIの犯行と似ているとかで、問題になりかけましたし、
"東方"というゲームは大量のナイフを浴びせて倒すゲームですとか、
"ひぐらしのなく頃に"は斧で敵を倒して行くゲームですとかも言われてました。

うーむ。
テレビは、 ゲームや漫画に対して偏見があるのではないですか?
個人的に、
「精神的に問題を抱えた人が、漫画やゲームを好きだっただけ」だと思います。
漫画やゲーム自体に
人の精神を破壊し、洗脳する効果などは無い

と思います。
(漫画やゲームに関わる人間が全員 犯罪に走ることになります)

そういえば、 ゲーム脳とか根拠の無い事 も報道してましたね。
(なんとしても害悪なモノにしたいのだろうか)

ともかく、また変な事件と勝手に結び付けられたりしないかと不安に思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

> 漫画やゲーム自体に
> 人の精神を破壊し、洗脳する効果などは無い
> と思います。
> (漫画やゲームに関わる人間が全員 犯罪に走ることになります)
> そういえば、 ゲーム脳とか根拠の無い事 も報道してましたね。
> (なんとしても害悪なモノにしたいのだろうか)

完全に無いとは言い切れないんじゃないですか?
本来ゲームで遊んでなくても犯罪に走る人もいれば、
ゲーム没頭しすぎて現実と区別がつかなくなり、犯罪に走った人もおそらく居たでしょう。
ただ、ほとんどの人がゲームや漫画程度で洗脳されたりしないだけです。

> なんたらかんたら・・・規制すべき!
あんまり厳しく規制すると、今度は飯が食えなくなる人が出てくる事は、
わかっていると思うので そのうち沈静すると思うんですけどね。

No title

常識や倫理観などを持ち合わせていれば、
犯罪を起こす事は無いと思いますね
「暗い日曜日」みたいに、曲を聴いた人間が次々と自殺するような因果関係が認められれば、
販売禁止などの措置をとる必要があると思いますが、
殆どの人が、そういう悪影響を受けていない以上、
個人の精神状態が根本的な原因かなーとv-293

ストレスや精神的な問題を抱えた人間を生み出さない
という方向へ対策を進めたほうがいいかなと思いますv-393

あと、ゲーム脳の科学的根拠については無いとの事です。
(本当に洗脳される人も居るかもしれませんが、今のところ根拠はナシ)

No title

ぶっちゃけね、洗脳効果という意味でならば、テレビの方がよっぽど高いと思うんですよ。
私よりも上の世代の人達だと、情報収集源がテレビのみという人は少なくないです。そうなると、テレビから流れてくる情報が自分の世界の全てのように錯覚してしまい、妄信的に信じてしまうんですよね。
で、何故テレビ関係者がゲームを叩くのかというと、簡単な事なんですよ。ゲームを遊ぶ=テレビを占有されてしまう=視聴率が低下するという理論からなんです。
あと、年寄りのお偉いさんがゲームを叩くの理由はもっと単純で、自分に理解できない文化だから怖いだけなんですよ。
無論、どんなことでもやり過ぎというのが身体や精神に悪い影響を与えるというのは周知の事実ですから、ゲームやり過ぎたからおかしくなるっていう理論は間違いではないにせよ、ゲームだけに特化したのもでないことは明白です。

で、話はガラっと変わりますがw
最近のバクマンは作者本人が辿ってきた道なのかなぁ…とか深読みしながら読んでます。

例えば、主人公が連載している「疑探偵TRAP」は「あやつり左近」のことなのかなぁ…とかw

おそらく、デスノートも最初は苦戦したんだと思うんですよ。あんな漫画こそジャンプに前例がないですからねぇ。青年誌で扱うにしても結構ヘビーな内容でしたし。その辺りのことを思い出しながら原作を書いているのかもしれませんね。

No title

なるほどーv-293
確かに、「納豆を食べれば痩せる」と報道され、
何も疑わずに納豆を買いに行ったりした事もありましたね。

何らかの情報を流せば、意図的に一般人の行動を操作できる可能性は高いのかも。

そして、最近はテレビ離れが進んでいるので、それの対策の内にゲーム批判、ネット批判などが行われているわけですね。

視聴者だけでなく、 CMなどの広告主も離れてきているみたいですね。
(任天堂は、 テレビじゃ宣伝費がかかりすぎるという事で、 "Wiiチャンネル"という、宣伝できる媒体を作った そうですし)


そうですね
バクマンは多分、 作者の経験+身の回りの現状を描いている部分があるんじゃないかな と思いますv-290

自分は、仕事場から姿を消した平丸さんは、
現在 連載を休止されている先生の事かな?と思いました。

あと、むしろ疑探偵TRAP = デスノート かも知れません。
(根拠は無いのですけども)

「デスノートにはもっとギャグなど入れた方がいい!」
「いや、このままサスペンス一本で進めたほうがいい!」
みたいなやりとりがあったのかなーと。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。