スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考書はこっそり萌えなさい

大型書店などで色々と本を探したりした時に思ったのですが、
最近では参考書関連も萌えているものがあり、困ります。

だって 買いづらいじゃないですか。
(変な誤解をされたりすると、なんか面倒です)

買いづらいし、 それと使いづらいです。
仮に、参考書で必死に勉強していたとしても、
表紙に魔法少女みたいなのがプリントされてたら もう駄目ではないかと。

特に女性に関しては、「これ勉強の役に立つんだよ!」とアピールしたところで
変な目でしか見られない可能性が高い。

中には、絵だけではなく「萌える!●●」みたいに
自ら 萌えている事を宣言している本もあります。

余計 買いづらいではないか。

それはともかく、書店などで見かけたものを 簡単にいくつか紹介してみます。
解析魔法なんたら
例えばコレ。
表紙はおかしいかもしれませんが、本の内容としては
どうすればクラック(不正コピー)されないソフトウェアをつくることができるか
など、役に立つ事を解説しています。


法律読本
そして次にコレ。 法律の本です。
法律の話に何故 女子校生が2人必要なのか分かりませんが、
中身は 著作権法、不正アクセス禁止法など至って真面目です。


まだまだありますが、あとはいくつか纏めて画像にしてみる。
アウト

上記を見ても分かるように、一般的に拒絶されそうな表紙が多々あります。

別に萌え自体を否定はしないのですが、
参考書は、役立つものもあるのですから もう少し控えめにして下さい。
表紙だけでも良いので、二の足を踏まないようなデザインにならないかな、と。
(カバーを外すとハイブリッド英単語帳に変身するやつもありますが)


やはり、こういう表紙にすると売りあげが上がったりするんでしょうかね。

・・・そういえばオンラインゲームの広告
大抵女性キャラクター「永久無料!今すぐプレイ!」みたいに
勧誘してますよね。

やはり、こういう風にしたほうが影響が大きいんだろうなー と思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。