スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ43号感想

今週は土曜日にジャンプが発売されていた・・・!
と言うわけで感想です(`・ω・´)

●ワンピース
ルフィが颯爽と登場。
そして、モリアが動揺してます。
さっきまでキシシシ!とか余裕をこいて笑ってたのに、 怒りと恐れを伴った表情に。
まぁ、モリアにとっては ある種のトラウマですからね。

そして、ルフィは白ひげに対して
----------------------------------------------------------
「うるせぇ!お前がそんなこと決めんな!
おれは知ってんだぞお前 海賊王になりてぇんだろ!
"海賊王"になるのはおれだ!!」

----------------------------------------------------------
と、堂々と宣戦布告し 白ひげと張り合い始めます。
いやはや、何とも無茶苦茶というか。
でも、それがルフィらしいな とも思います。
(白ひげも その度胸を気に入った様子

対決は次週に持ち越しになったので、来週のルフィの暴れっぷりに期待!


●ぬらりひょんの孫
どれだけ陰陽師勢が 羽衣狐様を含めた妖怪勢 と善戦するのかな 、と思っていたら
壊滅したらしいです。

えー(´・ω・`)

あの陰陽師TOP3ならば それなりに戦えると思ったのに。
3人とも 何で1話の間に初登場して即死しているのですか。

大体、破戸(パト)さんが
「やった――!! それぇえペッシャンコォ― ―!!」
とか自ら死亡フラグを立てるような発言をするからいけないのですよ。

うん 何だろう、漫画には「こういう発言をするとこういう展開になる」みたいな
ある種のジンクスみたいなものがあるんですよ。
----------------------------------------------------
「よし!やったか!?」 → やれてない
「この技は今まで一度も破られた事はない!」 →破られる
「これでトドメだ!」 → トドメを刺せない

----------------------------------------------------
こんな感じ。

で、今回は「威厳の無い言葉で力自慢をするキャラは それほど強くはない」という
法則が発動したと思います。

他の漫画で言うと、これらのキャラが該当するかな と。
-----------------------------------
ドラゴンボールの Mr.サタン
ワンピースの バギー
トリコの ゾンゲ様

-----------------------------------
親近感が沸いてキャラとしては良いんですけども、
真剣なバトルとかになると悲惨な目にあったりする事が多いキャラです。

本編感想に戻りますが、あのTOP3が最強と自負していたものは、
羽衣狐様には全く通じず。
これらの状況を見るに、
秀元は、本当に陰陽師の中でも天才の中の天才だったんだなぁと思わせられます。

さて、別の場所にいた ゆら達は生き残っていると思いますが、
どう行動をするかが重要な鍵となりそうです。
寺に残っていた分家の方々では もうどうしようもあるまい)

式神・破軍 と リクオ と リクオのじいちゃん あたりでどうにかするのかなーと思ったり。


●賢い犬リリエンタール
この漫画は、テツコの兄の名前がまだ明かされておりません。
日野・兄(15)としか書かれていない)

個人的に、理由を2つ考えてみました。
----------------------------------------
【1】日野・兄(ひの ドットあに) が名前。
【2】テツコの兄ではあるが、日野家の者ではない。

----------------------------------------
【1】は正直無いとは思いますが、 【2】なら可能性としてありそうです。

要するに、テツコの兄も 
ある日突然リリエンタールと同じように両親から送られてきた可能性があるわけです。
--------------------------------------------------------------------
「テツコへ
ちょっと予定が変わってしまい帰れなくなりました。ごめんなさい。
このメモを読んでいるのなら、 おそらく目の前に改造好きな男がいると思います。
その男があなたの兄です。」

--------------------------------------------------------------------
もしかすると、 こんな感じだったのかもしれない。
普段は強がっているものの、内心では寂しがっているテツコを
元気付けさせようとしたんですよ。きっと・・・!
いきなり兄が出来るのもアレですが


●あねどきっ
おっと 桜井さんが洸太に告白するようです。
よし、今後の展開を考えてみる。
---------------------------------------------------------------
【1】花火の音で聞こえなくて、「えっ何?」みたいな感じになる。
【2】す・・・きやき食べるの好き!? みたいに、別の文章にして誤魔化してしまう。
【3】「す」 以上の言葉が出てこずに終わってしまう。
【4】「何してるの~?」と誰かがやってきて、失敗に終わる。
【5】告白に成功し、洸太がどうするか悩む展開に。

---------------------------------------------------------------
※失敗するパターンの方が多いのは、桜井さんだからです。
彼女には、何かと不運な展開を呼び寄せる力があるのです。


●保健室の死神
今回、校長先生が現れました。
一瞬、どこかの戦うアンティークドールに見えたのですが、
まぁそれはともかく、ハデス先生の恩師らしいです。

個人的には、ハデス先生の素性等よりも病魔のバトルをして欲しいです。
それも、ただ単に倒すのではなく
憎悪 嫉妬 愛憎 など そういう問題に起因するストーリー
など、深く考えさせられるようなものになって欲しい。
"モノノ怪"(アニメ)の「のっぺらぼう」等の話みたいな感じ)

あ・ モノノ怪面白いですよ。

ともかく、新妻エイジの言葉を借りるのならば、要するにエグい話です。
現在は、とにかく病魔登場→あっさり倒すの流れになっているので
残念なところではあります。


スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。