スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STLコンテナを使ってみる

今まで、理解が浅いため意図的に使わなかったSTLコンテナな訳ですが、
ある程度 把握できてきたので使おうかと思います。

とりあえず、STLというのは
STL Standard Template Library (標準テンプレートライブラリ)
という意味で、そのなかのコンテナライブラリの中には、
----------------------------------------
・vector
・list
・map
・queue
・stack
・deque
・set
・bitset

----------------------------------------
このようなものがあります。


で、今までXファイルのFrame階層の読み込みなどは、
自己参照型構造体及び再帰関数などを使って瀕死になりながら実装してきたのですが、
STLで実装してみたいと思います。

動的確保する配列はvector
テクスチャ名などを格納する場合はstring
を使おうかな、と。
(stringは文字列ライブラリ)

コレで結構 楽になります。

再帰なんぞ使わなくても push_back()で行ける!

あと、最近本を買ったのですが、この本良いですね。↓
詳説C++

詳説C++。( 定価3800円、約600ページ

C言語の復習 や C++のクラスの概念といった基礎的な内容から、
参照数計測ポインタ、 STL、 オブジェクト・スライシング問題など、
文字通り詳しい部分まで記述されてます。

ただ、C言語の復習などは、ほんとに確認をする程度なので、
他の参考書なども買って 併用していく様にした方ががいいかなーと。


ともかく、コンテナライブラリなどを用いて
再度Xファイル読み込みの部分を開発してみようと思います。┗(`・ω・´)┛+
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

私は、いきなりMFCから入り、.NETを使い始めた後に、STLを勉強したので、却って理解が早かったです。
本来は順番が逆なんでしょうけど(苦笑)

No title

いきなり難解と言われているMFCからですかe-451

VisualBasicのつもりでやろうとすると、訳が分からん事になったりするんですよねv-292
(アーキテクチャを正確に理解してないと、難しい)

他の言語で言うならば、
C++から入って、その後にC言語を学ぶみたいな感じでしょうか。
(こんな感じなら、あっという間に理解できるような気がする)

MFCって、WINAPIのラッパークラスライブラリなんで、WINAPIに慣れておけば難解というほどでもないんですよ。
ただ、私の場合はC++どころかプログラミングの基礎もあやふやな状態でいきなりMFCでしたから、何が何やらでしたねぇ…(^_^;)

No title

なるほどーv-293
慣れていれば理解もしやすくなると。

パッと見て、 「訳が分からん」と思うことは色々とあるのですが、
案外、断念せずに理解しようと尽力すればいつの間にか身につくものかもしれませんねv-290

自分は
C++で言うと、初めはテンプレートやら演算子の多重定義やら「?」という状態でしたが、
何度も参考書などを読み返すうち、ある程度分かってきたりしました。
(何事も諦めないのが大事ですねv-290
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。