スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本のナイアガラ」 が存在していた・・・!

先週の土曜に、大分観光に行ってきました。
(家族で)

で、具体的に何処へ行ったのかというと、大分県 豊後大野市 緒方町にある
原尻の滝です。

↓原尻の滝(クリックで拡大)
原尻の滝
↓調子に乗って、腹ばいになって崖っぷちから撮影したもの
原尻の滝2
(どちらも、かすかにが写っていると思います。)

で、この滝は
その姿・形から、"日本のナイアガラ"と呼ばれてるそうです。
へぇ子
↑へぇ子さん。 (感心するとへぇへぇ言ってくれる)

近くには滝を見ながら食事できるお店もあったので、
滝を見ながらだんご汁定食を頂きました。
うん、美味しかったです。

滝を見た後は、 稲積水中鍾乳洞を探検しに行きました。
(場所は 大分県 豊後大野市 三重町


中はなんか涼しかった(寒かった)です。
で、 若干 高いところから斜め下に向かって撮った写真です。

稲積鍾乳洞

途中で、どこかの大学の研究の為の装置が設置されてました。
鍾乳洞の上から滴る雫を一箇所に落として、石筍を作る実験(?)ぽかったです。
(石筍・・・つららが地面から生えてるみたいな感じのもの。)

あと、 ハトも居ました。
鍾乳洞が気に入ったのか知りませんが、鍾乳洞で生活している様子。
(近くを歩いてみたところ、 「ポォォオ~!」とか言って威嚇してきました。

うん、まぁ色々とありましたが面白かったです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

No title

原尻の滝は日本の滝の中ではちょっと他には
ないような珍しい形態の滝ですね。滝の落ち口の
上に道路があったり、道の駅が併設されていたり、
すっかり観光地化されていて、整備され過ぎている
感もありますが、私的には好きな滝の1つです。

No title

確かに、レストランやつり橋なども作られていて、
設備が多く設置されている感がありますねv-293
(大自然が好きな方にとっては、ちょっと方向性の異なる滝かもしれませんね)

しかし、滝の全体像や
水の流れ落ちる様子を間近で見ると、とても迫力があり
何ともいえない魅力があると思います。
(普段、滝を見に行く機会は少ないというのもあって、印象に残ってます)

長い休みがあれば また観光に行って、
ゆっくりするのもいいかなーとか思ってますv-290
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。