スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ53号感想

●ワンピース
白ひげ海賊団及びルフィー達は、
包囲され、足場である氷を溶かされ手も足も出ない状況だったのですが、

足場が海水になった事を逆に利用して、
ジンベエがルフィを3大将の前まで連れて行きます。

凍らされないように、直接攻撃ではなく物を投げつけて攻撃するなど、
ルフィなりに考えているのですが、それでも3大将を相手にするのは厳しいと思います。

全員 ロギアで物理攻撃は効いてないみたいですからね。

ここは、
覇気に目覚めるか、ハンコックがお怒りになるか、何かトラブルが発生するかしないと
乗り切れないでしょう。
(あ・でも能力者なんだから、上手く海水をかけたりすれば何とかなるかも?

最後の方では、白ひげが『切り札』を出すと言っているのですが、
一体何をするのでしょうか?

うーん、さっぱり見当がつかない・・・!


●トリコ
ユンユン言いながら小松をつつきまくってるウォールペンギンがなんか可愛かったです。

そんなウォールペンギンは、 警戒心が無く どんな生物にも近付いてしまうため
捕食され、絶滅危惧種になっているそうです。

あぁ可哀想に。
なんだかアホウドリみたいですね。

--------------------------------------------------------------------------
※アホウドリは、昔 人間の居ない場所に暮らしていたのですが、
ある日、そこへ人間がやってきたのです。
で、アホウドリは人間を見たことが無かったので、興味深々で自ら人間へ近付き
次々と捕獲されて行きました。
「自分から捕まりに来るなんてアホだ」と言うことで"アホウドリ"という名前になったのです。

--------------------------------------------------------------------------

このウォールペンギンの親はどんな姿なんでしょうかね。
小松にウォールペンギンの親にボコボコにされそうなフラグが立ったので
どうなるか心配です。

バトルウルフの件(テリー)みたいに、美食會がまた いらん事をするかもしれない。


●バクマン
蒼樹さんは一体何を書いているんだ・・・(´・ω・`)
(色々とツッコミどころがある。)

とりあえず、
シュージンの話をそのまんま取り入れてます。

いくら恋愛経験が無かったからと言って、
他人の恋愛経験をそのままコピーしてどうするのか。

コレ港浦さんが言ってたタブーなんじゃないでしょうか。
他人の意見を何でも取り入れると支離滅裂なものが出来る。
                それは最早、作者の作品ではない
、みたいな)

シュージン達は、あまりのショックで顔が崩壊してます。
青樹さんに、何か文句を言いに行ったりとかするのかな。

で、中井さんの方はどんどん印象を悪くしてます。
蒼樹さんも言ってますが、熱しやすく冷めやすい人は信用できない。
何ヶ月かしたら、また心変わりをしているかもしれないですし。

恋愛模様についてですが、
--------------------------------------------
⇒ 蒼樹さんが恋愛経験をシュージンから聞く
⇒ 動物園で会うことになる
⇒ 岩瀬さんが乱入。 本と本に挟まったメモを渡す。
⇒ 見吉がメモを見て傷心。 家に帰る。   ←恋愛に亀裂
⇒ 見吉が亜豆に相談
⇒ 亜豆がシュージンに電話をかける
⇒ サイコーも電話に出る。 しかし、しどろもどろ。
⇒ 亜豆「真城君のこと信用できない」  ←恋愛に亀裂
--------------------------------------------
どんどん連鎖反応が起きて、状況が悪化してます。

しかし、サイコーもシュージンも何故しどろもどろしているのか?
初めから「漫画家の蒼樹さんと言う人と、意見交換をしてくる」
言っておけばいいじゃないですか。

見吉が「何かアヤシイ!」と言えば、「じゃあ一緒についてきてもいいよ」という風に
普通に対応すればいいかと。

変に隠して、言及されて
「あーいや、その、 えーと・・・ あの~ うーん」とか
ゴニョゴニョ言ってたら、「ハッキリ言わんか!」みたいな感じで、
更に心証が悪くなることうけあいです。


●めだかボックス

「あんっ!!」
↑?

迷路の構造を把握するために、 喜界島さんが大声を出し、 
めだかさんが跳ね返ってくる音響で迷路の構造を把握した訳ですが、

何故に叫び声が「あんっ!」なのか?

とりあえず大声を出せばいいんですから、
「あーっ!」 とか「わーっ!」とか「うぼぁー」とかで いいじゃないですか。

アンアン叫ぶのは、 アンパンマンのチーズだけで充分なのです。

   \アンアーン!/
チーズ


●ピューッと吹くジャガー
実際にはそれほど詳しくないのに、
「オタク的な知識・趣味を持っている」という事をアピールしてみたら、
その道のプロの方々が降臨してきた、 というお話。

あーこれは掲示板なんかでもありますね。
--------------------------------------------------------------------------
A:「飛行機っていうのは、推力だけで浮いてるんだよ!(`・ω・´)+」
B:「知ったか乙。まずべヌルーイの定理というものがあって~・・・で、
    渦理論における~翼に働く『揚力』が翼の迎角との・・・
    通常の飛行ではキャンバー成分と迎角成分が同じ向きに足し合わされて~~」

A:「(´;ω;`)三」

--------------------------------------------------------------------------
なんかこんな感じ。

ちょっと面白半分でアピールしたりすると突っ込まれたりする可能性があるので
「自分の知ってる知識は正しいのか?」など、気をつけないといけないかも。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。