スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越後屋、それは トレビアン

えと、多分 タイトルの意味が分からないと思います。
「越後屋、それは トレビアン」というのは曲名です。

で、この歌を歌っているのは越後屋大番頭(半田啓輔)さん
という方で、

この方は、高校の頃の吹奏楽部の顧問の先生の知り合いの方だったんですよ。

その為、よく音楽室で昼食をとっている際に
顧問の先生が「越後屋、それは トレビアン」を流してました。
※吹奏楽部の部員のみ、音楽室で昼食をとれる。 但し、汚さない事がルール。


その時に この曲が気に入って、今でも聴いたりとかしています。
この曲は、 明るくて、ノリのよい曲です。

↓こちらで聴けるので、良かったら聞いてみてください。
【参考URL】藝術結社 越後屋総本店
※色んな曲がありますが、ちょうど中間ぐらいにあります


~余談~
顧問の先生が、「越後屋、それは トレビアン」のアカペラVer
が収録されているCDも持っていらっしゃったので、CDをコピーさせてもらいました。

※アカペラ・・・楽器を使わず全て声でやる

アカペラVerも面白いです。
(インターネット上では公開されてないっぽい?)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。