スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の人に話しかけられた

以前述べたとおり、荷物の仕分けアルバイトをやっているのですが、
ある日、他のアルバイトをしている人から

「シェイ*ウィ?ディン??ナァン?」
みたいな事を言われたんですよ。

「え、何を言ってるの!?」と一瞬 思ったんですが、
「あぁ 中国の方だな」とすぐに悟りました。

※自分のアルバイト先では、中国人も少なからず居る。


だから、こう言い返したんですよ。
「リ、リーヴェンレン!」 と。

リーヴェンレン ・・・ 日本人:rì bĕn rén (中国語で"日本人"の意。)

そうしたら、「アァ 日本人ノ方デスカ」と日本語で
返答してくれました。

どうやら通じたようである。

ふぅ。
以前 大学の中国語の講義で習い、 個人的に
中国人に話しかけられて困った時を想定して
覚えておいた単語が、 役に立つ日が来ようとは思わなんだ。

で、その後は少々 雑談みたいな事をしました。
----------------------------------------------------------------------------------------
相手:「睡眠時間ド、ドノクライ デスカ」
自分:「3~4時間ぐらいだよ」
相手:「ウワァースゴイ!」 (自分はもっと睡眠をとらないと耐えられない、の意)
相手:「ダ、大学 4年生 デスカ」
自分:「そう。卒業して就職するつもり。」
相手:「オォー!」
----------------------------------------------------------------------------------------
何か妙に感動(?)してたような気がする。

思ったんですけどね、どこか特定の国であっても
良い人悪い人というのが存在すると思います。

個人個人で見たら良い人も居るかな、と。

まぁ、いかんせん全体がアレだったら色々と警戒をせざる得ないんですけどね。
中国であれば、ミサイル・毒物・汚染・犯罪・思想教育・類似品・民族浄化などなど。


あと、自分は海外の人と話すときに、何か物凄く気を使います。
日本人の知らない人と、海外の知らない人と話す場合は、
海外の人の場合の方が、数倍は気を使っているといっても過言ではないです。


うーん何だろう。「相手を困惑させてはいけない」とか「まともな返答をしなければ!」とか
そういう意識が強くなり過ぎるんですよ。

※どうでもいいですが、高校の頃のオーストラリア修学旅行でホームステイ先の人と 
うまく意図通りに話せなかった事が気がかりで 帰国後 少々寝込んだ実績があります。

かつて、上手く話せずにヤな思いをしたのがトラウマになっているのかもしれない。

うん、まぁ今日はそんなお話でした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。