スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ01号感想

●ワンピース
ルフィの攻撃は、やっぱり効いていないようです。
"ギア"を使い、高速でエースの元に向かおうとしますが、

黄猿から「遅いねェ~!」と言われながら蹴り飛ばされてしまいます。
やはり、いくら高速移動しても光には敵わないのかも。
光速 >>> 高速。

で、ルフィが苦戦している一方 白ひげ海賊団の方は、
もう一つ隠してあったコーティング船を使い、広場への侵入に成功します。

白ひげ側も、色々と戦略は考えているようです。

で、広場に下りた白ひげは 持っていた武器を一振りするのですが、
一振りしただけで、海軍の下っ端は物凄い勢いで吹っ飛んでいきました。
(ウェアァアアー!!)

うん、戦闘力5の人間じゃ どうしようもないということですね。

で、最後の方でセンゴクが若干 筋肉をアピールするかのようなポーズをとっているのですが、
センゴクは肉弾戦も出来るのでしょうか?
(何らかの実の能力者かも? ムキムキの実のマッスル人間とか。)


●バクマン
中井さん 堕落し過ぎ。

何なんですかこの生命体は?
もう当初の中井さんではない。 "みなごろし地蔵"あたりにとり憑かれてるんじゃなかろうか。

ピューと吹くジャガーにも、浜渡浩満(ハマー)という
「お手本の様なクズ」by高幡不動 評 と呼ばれるキャラクターが居るわけですが、

それを遥かに上回る堕落ぶりです。
もう恋愛失敗してしまえばいい。

亜豆と真城も、喧嘩すれば壊れてしまうような恋だったというフラグが立ってます。

何だろう、一番初めにとてつもない恋みたいな描写をしていたのですから、
それが簡単に空中分解するかもしれないような展開は止めてほしいんだ。

あと 修羅場は別に構いませんが、ドロドロは嫌いです。
別の例えを出すと、
面と向かって「ムキー!」とか言いながら喧嘩するのは別にいいのですが、
上靴に画鋲を入れて裏でクスクス笑っているような雰囲気は嫌いなのです。

今は後者の状態だと感じる。
(泥沼というか何というか)

どうしてこうなった!


●賢い犬リリエンタール
リリエンタールと紳士がライバルになりました。 以上!

うん、今回はそれが全てのお話でした。

ライバルになったので、 リリエンタールには
------------------------------------------------
●「さすが」と褒めてもらえる
●競い合って技術を磨ける
●互いに"ニヤリ"と笑みを浮かべられる
●ライバルの危機に颯爽と現れる事が出来る

------------------------------------------------
このような様々な お得な特典がついてきます。
リリエンタールも大喜びでしょう。

今回の最後には、早速"ニヤリ"と笑みを浮かべてました。

表情が最高に素晴らしかったです。


●ねこわっぱ
慈英呂無ァァー!!
"安全ゾーン"なんかに六花さんを入れないで下さい。

そして、あなたの名前物凄く変換しにくいです。

いやぁしかし、キビマロもキャラクターとして面白いのですが、
この何とも言えない表情をした狐の側近達が面白い。
存在が神様を通り越してギャグですよ。

先週の大また開きでしっぽを回転させながら飛んでいる姿も最高でした。
現実で遭遇したら、自分は間違いなく大笑いして腰抜かします。


それと、この漫画の作者は絵が上手くなったような気がする。
特に幼い子供が。

物語の方も、ロリコ 子供萌えの方にシフトしているような気が。
だって六花さんの願い事2回目ですよ?
(普通ならば、色んな人の色んな願いを叶えて行くのがセオリー。)

来週、再来週あたりも、
「あっ! 六花の絵馬が―」とか言ってるかもしれません。

まぁ、次は"あかりちゃん"かも知れないんですけども。
(そうだとしても、やはり幼い子供の願いオンリーに・・・!)


●保健室の死神
今回のお話も、とても良かったです。

こういった精神にまつわるトラブルというのは色々と興味深く、面白いと感じます。
が、掲載順が危ない・・・!

話は面白いのに終わってしまうのか・・・!?
やはり、主体は小学生ぐらいの年齢だと思うので、
そういった年齢層に"嫉妬"とか"現実逃避"とかの話をしてもウケが悪いのかもしれません。

トリコみたいに、超人的な能力や 筋肉で敵を吹っ飛ばすような漫画の方が好まれるのかも。
うーん、終わって欲しくないな、と思う。


●トリコ
爆虫の存在意義は何なのだろう?

爆発して死ぬだけ、とか生物的に何をしたいのか分からないですよ。

そして、 起爆虫が殺害されたら 突然爆発する というのも謎。
どんなシステムなんだ これは。

とりあえず、爆発する事に関して。
もしかすると王や王女にあたる虫が居て、それを外敵から守るためだけに爆発するという、
いわば特攻隊のような虫なのかもしれない。


で、色んな虫を吐くトミーさんは各地でグロいと言われております。
確かにグロいですが、自分の中では許容範囲内です。

"検索してはいけない言葉"(ロイコクロリディウムとか。)を進んで検索して調べたので、
色々と耐性が出来てるのかもしれない。


で、次郎さんみたいな人物についてですが、
次郎さんではありませんでした。

推測ですが、どうやら次郎さんと師弟関係にある様子。
しかし、自分としては次郎さんにも活躍してもらいたいものです。
(「昔は節乃さんと共同作業していた」というエピソードもありましたし)

活躍させる方法としては、 以下の二つでしょうか。
-------------------------------------------------------------------------
●次郎さんも後で弟子を助けるために颯爽と登場。
●次郎さんは別の食材を探していた。
(センチュリースープを完成させるための材料が、まだ別にあるという説。)
-------------------------------------------------------------------------


●スケットダンス

次回予想。

椿「 椿エクスプロージョン!! 椿エクスプロージョン!!」
不良「ぐわぁー!」
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。