スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ02号感想

●ワンピース
あぁ やはり今のルフィではとても太刀打ちできない様子。

マゼラン黄猿青キジなど、
最近は強力な敵ばかりで太刀打ちできない事が多いので、近い内に進化して強くなって欲しいなと。
覇気や、"ギア"の強化版 習得など)

今回の戦いでガープと戦う事になり、その戦闘中に新しい技を閃いたりしないかな。
(元々ガープに鍛えられてましたし)


で、相変わらずイワンコフさんがデカイ顔になっているのを見て思ったのですが、
白ひげ側に、 ホルホルの実でホルモンを射ちまくったら戦況は変わりませんかね?
白ひげの体調を良くする事も出来る様な気がする)


そして、最後に「ぬうェい!!!」とか言いながら伝説の海兵ガープ参戦。

ガープは何らかの能力者だったりするんでしょうかね?
個人的には、能力者では無いイメージが強いです。

(特殊能力とかではなく、ひたすらゲンコツで戦いそうな気がする。


●トリコ
トミーロッドさんが強すぎです。
体内で飼ってる(?)虫はともかく、本人自体も強い。

関係ないですが、
今回の登場シーンの姿は、なんかフリーザ様に似てました。
(恐怖と威厳たっぷりの笑みを浮かべてる雰囲気が)

そして、後ろの方で虫二匹をつかんで必死に落ちないようにしている二人が、
何というか、とても格好悪かったです。

その内の一人はほぼ全裸ですし、もうギャグの領域に入っている かと。


想像してみてください。
ほぼ全裸のおじさんが、虫2匹をつかみながら
こっちに飛んでくるんです。


第一印象は「こ、怖い!」ではなく、「何この人?」となる事 うけあいです。


●バクマン
なんだかよく分からない内に、万事解決したようです。
うーん、亜豆の写真集の件の時と同じようにあっさり解決しちゃった感がある。

まぁ、解決したらしいのでそれはそれでOKなのかな。

で、蒼樹さんは随分と印象が変わりましたね。
(初登場時は 無表情というか、えらく淡々とした印象でした)

逆転裁判で言うと、華宮霧緒さんみたいな感じ。


で、それとは対照的に印象が最悪になった中井さんですが、
(逆転裁判で言うと、王都楼 真悟みたいな感じ。)

彼は一体どうなることやら。
正直、今の状態から改心して円満解決!という展開になっても恐らく納得できないので、
このまま、あのアシスタントの方にフラれてフェードアウトしてもらうのが無難かと。


●ギャグ漫画日和
今回はSQから週刊の方への出張センターカラーでした。

今回のカラーを見て思ったのですが、
増田先生は"死んだ目をしたキャラ"を描かせたら一番だと思う。
(みんな目が死んでる!)

そして、今回の話も面白かったです。
ドジ松君は未来で一体何があったんだ。


●あねどきっ
「俺・・・一体いつからコイツのこと好きになったんだろう―」

知らんがな(´・ω・`)


●リボーン
幻覚使いの骸様が光臨されました。

多分、マグマさん(仮名)と、ハハンさん(仮名)と、にゅーさん(仮名)は、
骸様にやられてしまうことでしょう。

で、確かゴースト(?)とかいう最後の「真・六弔花♪」が居たはずなので、
ゴースト VS 骸様 みたいになるんじゃないかなーと予想。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。