スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム業界の 社長の本音

ちょっと気になる記事を見つけたので紹介。

どうやら、9月1日~9月3日にパシフィコ横浜
「CEDEC2009『ゲームのお仕事』業界研究フェア」という、
入場無料のイベントが行われてたらしいです。


確か"パシフィコ横浜"って、近くに遊園地みたいなのがありましたよね。
(一回、 とても光栄な企業の説明会で行った覚えがある。)

まぁ、とにかく そんなイベントがあったらしいです。

で、色々と興味深い内容もあったので端的にまとめてみます。


【将来に関して】
・コンシューマ機のゲーム市場は、今後 確実に縮小する。
・日本企業は、海外への展開を急いでいる。
・日本のタイトルが世界で通用しなくなりつつある。

※ただし、任天堂を除く
・パッケージ型のゲームビジネスモデルは、壊れる一歩手前。


【就活に関して】
・ブランドや伝統で、判断すべきではない。
(革新しないと、現状維持では 生存できる可能性は極めて低い)
・新しく登場するブランドを育てているか?を見てみる。
・面接では、将来に向けてどのような対策をとっているのかを聞くべき。
・「なんとなく入りたい」では、就職は厳しい。
・自分が志望する職業と、その職業で必要なスキルは何か?を把握する事。



【社長、企業の声(本音)に関して】
・求められているのは即戦力。
・1つのゲーム作品を完成させた人材を求められている。
・簡単なゲームでもいいので、自分又は自分中心のチームで作る事が重要。
・「しっかり準備が出来ている人」が採用される。

(ポートフォリオを上手く纏めたり、など。)
・コードを見ただけで、「これからどう伸びるか?」は ある程度分かってしまう。
(プログラマー)
・使用しているテクニックと制作時間で、どの程度仕事が出来る人間か分かる。
(デザイン系)
・プログラムを書けて、仕様書を書けたらもう「採用」。
(プランナー)
・逆に、技術も持って無いのにプランナー志望は 無謀。


【プログラマーに必要なスキル】
・プログラムセンス
・グループワーク
・数学、物理
・C、C++
・データ構造とアルゴリズム




大体こんな感じですね。
やっぱり、プログラマーは
ゲームを完成させた経験が無いと駄目っぽいですね。
(無くても採用の可能性はあるとは思いますが、 あった方がやはり有利かなと。)


あと、自分の弱点はプログラミングセンスや、コードの中身 でしょうか。
ゲーム関連の技術(8分木、アニメーションなど等)は理解してきているんですけども、

安全性のあるコード、メンテナンス性に跳んだコードなどを書く力が不足しています。
"とりあえず動くもの"は書けるが・・・といった感じ。)

一回、基礎的な本を見直したりする必要があるかな、と。


あ、あと今回参照した記事はコレです。↓
【参考URL】『ゲームのお仕事』業界研究フェア」レポート

もっと精進せねば(`・ω・´;)
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

数学と物理を高校時代にもっとまじめに取り組んでおけばヨカッタ・・・
今はプログラムが扱えるようになって、簡単なゲームなら作れてしまうので数学や物理を利用する機会があって、必須ではないですが、それでも大切だなーと思えるんですけど、当時は日常生活で使う場面が無かったので 勉強する意味がなかったんですね自分は。

No title

CEDEC2009、聴きにいきました。今まさに就活中の者ですが、今後のゲーム業界の展望を考える上で役に立つ講演があったと思います。

それと、jobカフェというイベントが行われていて、各企業の人事の方に色々と質問ができたため、会社の雰囲気が掴めて非常に良かったです。

>ゲームを完成させた経験が無いと駄目っぽいですね。
まさしくその通りですね。ほとんどの会社が即戦力を求めていますね。もうちょっと将来性とかを見てくれてもいいんじゃないかなーとか思うときもあります。

即戦力ばかりを求める会社は長くはないでしょう…。昔から『財を残すは下、仕事を残すは中、人を残すは上』と言いますし…

No title

>>Cさん
数学と物理は、制作するものにもよりますが
結構 知識として知っておいた方が良いですよねe-260

まぁ 知っておいた方が良いんですけども、
日常で ほとんど使う機会が無ければ
あまり深く覚えこもうとは思わなかったりしますね。

自分も ベクトルとか 行列とか、当時は「なんの役に立つの?」とか思いながら、 なんとなく理解してました。

まさか、 3Dゲーム制作において ほぼ必要不可欠なもの とは 思ってなかったですe-447

予め どういう技術があるのか、どういう知識が必要となっておくのか など、
大まかに調べておくと良いかもしれませんねv-290
(早いうちに覚えておいた方がいいですし)

No title

>>Marloweさん
そうなのですか!
自分も直接聴きに行ってみたかったですe-259

やっぱり、話を聞いたり 人事の方と直接 質問などをした方が、
業界に対してイメージをつかみやすく なりますよねv-290

あと、やっぱり即戦力を重要視される事がありますよね。
(筆記試験だったり、作品提出だったり)

必要最低限の知識を持っていれば
かなり専門的な事まで熟知していなくても・・・とは思うのですが、
やはり、"現在の能力"で判断される状況もあるような気がします。

※カプ×ンなんかは、筆記試験でかなり良い点を取っておかないと選考に進めなかったっぽいです。
(試験内容は、プログラムだけでなく 基本情報技術者試験に出るようなものや、 3D制作に関わる用語・意味など多種多様でした。)

No title

>>バグさん
確かにそうですねv-293

即戦力ばかりを選ぶという事は、 即戦力の人が居なかった場合
会社内で育てて行く環境・形態が出来ない可能性があると思います。
(もしくは即戦力の人が少なかった場合など)

即戦力も重要ですが、 新人をスキル面で育てるという環境も無いと、
上手くやっていけなくなる場合が出てくるかな、と思いました。


余談ですが
以前、 友人がとある企業へ飛行機で行って 選考を受けてみたところ
専門的な内容しか出されなかったので、「意味不明!」とか文句を言いながら帰って来た
事があります。
(テイ×ズシリーズを制作している企業)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。