スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ13号感想

●ロックオン
第2話目で言うのもアレなんですが・・・打ち切られるかもしれない。

この漫画は"主人公がよく分からないタイプ"の漫画なのですが、
(性格・言動・生い立ち などなど)

この場合、次の後者にならなければならないと思うんです。
-------------------------------------------------
・意味が分からないので、感情移入できない
・よく分からない所に一種の魅力らしきものを感じる

-------------------------------------------------

※意味分からなくて敬遠したくなると思われたらアウト。
もし、そうなった場合は、主人公の欠点を補えるほど魅力のある脇役やストーリー
などが無いと、漫画の存続は無理。

最近の漫画で言うと、あねどきっでしょうか。
(桜井さんが居なかったら、"そのマンガもう読んでませーん ビャーッ"状態になってたかも。)

逆に、一種の魅力を感じるパターンの例としてはジャガーさんネウロ
あと今週始まった四ツ谷先輩などが挙げられるかな、と。


●賢い犬リリエンタール
おっと、令一郎さんは、 日野兄さんをライバル視していたようです。
天才 VS 天才 ですね。
(兄さん頑張れ!)

このまま、メカを開発したり分解したりのバトルが繰り広げられそうな気がしますが、
それはそれで面白いかもしれない。

この漫画の性質上、悲惨な結末を迎えたりする、というような心配は無用なので
純粋に、懸念も無く 展開を楽しめると思う!


●めだかボックス
ページをめくったら、
名瀬さんが一人バックドロップを決めてました。

地面に立っていた状態から、どんな落ち方をすれば頭から落下するのだろうか?
あと、あの状態から普通に会話続けられても困りますね。
(いろんな意味で)

もし自分が バックドロップ状態で話しかけられたら、多分 フリーズします。

【参考画像】
一人バックドロップ


●ハンターハンター
ネテロ会長の最後の最後の切り札は核爆弾でした。
そういえば戦ってた場所が"核の実験場"だとか何とか言ってたような。

しかし、心臓が停止すると作動するって事は、
ネテロ会長が普通に寿命を迎えられたら酷いことになるんじゃなかろうか。
病院周辺が吹き飛びますよ。

まぁ、そんなこんなで王を巻き込み大爆発。
百式観音『零』での王のダメージを見る限り、かなりダメージを受けているのではなかろうか。

あと、「和解とかあるのかな?」と思いましたが 普通にありえなさそうですね。
王の安否は不明ですが、瀕死or死 で確定だと思いますし、
残りのハンター VS 蟻 という展開になるのかも。
<続きは明日!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

「ロックオン」のノリは嫌いじゃないです(むしろ好きなタイプの漫画です)が、万人受けして長期連載できるかと問われれば、無理だと答えざるをえない…そんな漫画だと思います(笑)
個人的には今週始まった「四谷先輩」の方が打ち切られそうな雰囲気が濃厚なのですが…(^_^;)

No title

やはり、ワンピースのような立ち位置になるのは難しいでしょうねv-293
あと、今後の展開も心配です。
(それほど話を大きく広げられないかも)

四ツ谷先輩は、今のところ独特な雰囲気を持っていると思います。

で、独自の絵柄などを持っていて、
連載が続いた(続いてる)ホラー(心霊など)タイプの漫画としては
「ムヒョロジ」、 「ぬらりひょん」 等がありますが、
「ぼっけさん」みたいに短命に終わったものもあるんですよね。

独自の絵柄などを出せるのは強み だとは思いますが、
それだけで連載を続けられるかというと、そうでも無さそうですv-394

んー・・。 四ツ谷先輩はどうなるのだろう。
良くも悪くも、恐らく今後の展開次第になりそうですねv-293
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。