スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ17号感想

●ワンピース
数多くの人たちの手助けがありながら
ルフィ達は危険な状況にあったのですが、

そんなルフィ達を救ってくれたのはコビーでした。
(図らずも、ではありますが)

コビーの必死の訴えにより、黄猿、赤犬などの大将クラスの人たちまでが
動作停止。

単純な叫び声ではなく、悲愴感など様々な感情を込めた決死の訴えだったからこそ
動きを止められたのでしょう。
(コビーすごい)

で、最後になぜか「四皇」の方々が到着。
(話を聞くに、戦争を終わらせに来た、との事。)

あとベン・ベックマンという方が、黄猿にピストルを向けたのに対し
黄猿が降参のポーズを取っているのですが、これは一体・・・?

撃ったら黄猿は死んでしまうのでしょうか?
(覇気か何かで黄猿に致命的なにダメージを与えられる のかもしれない)


●トリコ
トミーロッドさんの切り札が出ました。
"パラサイトエンペラー"という生物のようです。

以前、トリコの腕が凍った描写があったので、
「一体どんな自然現象なんだろう?」と思っていたのですが、
ただの変な虫の仕業だった模様。

この虫は微妙に可愛げのある顔してますね。
(銀魂のパン・・・デモニウムさんを髣髴とさせる)

そして無駄にデカイ。
体の何処に入っていたのか?と思えるぐらい。
("瞬時に孵化"というレベルを超えてるような)

トミーロッドさんは※1 『俺の胃袋は宇宙だ』 を地で行く方ですね。
----------------------------------------------------------------------
※1 昔々、草薙剛さん主演の「フードファイト」というドラマがあったのですが、
そのドラマでの決めゼリフです。
訳あって、謎の妹を残したまま打ち切りになってしまいました。
(結構 好きなドラマだった・・・)
----------------------------------------------------------------------

そして、どうやらスープは美食カイの人たちに取られてしまったみたいですね。
まぁでも、ここでもトリコ達が勝利すると
「今後、何かあっても トリコ達が美食カイを倒したりしてどうにかなるんじゃない?」
みたいなマンネリ感が出たと思うので、バランス的に良かったとおもいます。
(以前も言いましたが、
    野球で言うと 11対0 よりも 5対6 ぐらいの試合の方が面白いと思う。)

小松さんは耳から血を流してますが、 多分 生きているでしょう。
(物凄く前回の クラッカー自滅事件を思い起こさせはしますが)


●ブリーチ
ブリーチは一体死神と何の子供なのでしょう?
----------------------------------------------------------
【1】死神 と 人間
【2】死神 と 死神
【3】死神 と 滅却師(クインシー)
【4】死神 と 虚(ホロウ)
【5】死神 と 王族

----------------------------------------------------------
確か一護は、精神世界で白い一護が存在したりしてるんですよね。
これを考えると【4】でしょうか。

で、浦原喜助さんが開発した崩玉は愛染様の体に埋め込まれているのですが、
この崩玉は、死神と虚の魂の壁取り払って強大な力を得られるという
シロモノなんですよね。

なので、崩玉を使って生まれたみたいな可能性が高いかと。

しかし、それだと母親が虚なのか?という問題が出てくるので、
一護だけ黒崎家ではなかったみたいな展開もあるかも。

-----------------------------------------------------------
【1】浦原喜助さんが崩玉を使って、虚と死神の子供を作る。
【2】一護の父親が、その子供を引き取る
【3】その後 母親との間に、女の子が二人生まれる (ゆず、かりん)

-----------------------------------------------------------
こんな感じ。
(正直、今までの伏線等は良く覚えてないので 欠陥があるかも)

こんな展開だったら一護は精神崩壊しそうですけど、どうなるのだろう。
(俺は天涯孤独! とか言い出したり)


●いぬまるだしっ
名前を2回続けてニックネームにしてみたら、
たまこ → タマタマとなり、
下ネタになってしまったというのが面白かったです。

いや、でもタマタマはギリギリ下ネタには入らないかなと思います。
「たまたま助かった」みたいに、文章として使ったりする文字列ですし。

それに、下ネタにしてしまうと
ポケモン図鑑:102のモンスターが可哀想です。


●バクマン
どうやら、邪道展開で行くようですね。
そしてタントは打ち切り、と。

しかし、
そもそもタントはブラックジョーク的な展開、やや邪道な展開に持っていける
という事で決めてたような気が。

タントで邪道展開も出来たような気はします
ギャグとしての人気が出てるので、もう変更は不可能のレベルになってたのかも?

でもまぁそうなると、静河さんの作風と思い切り被ってしまいますね。
個人的には、以前ブルブル震えながら「ネームを見てください」と言ってたのを見て、
静河さんにも連載上手く行って欲しいなーとか思ってます。


●スケットダンス
サーヤというキャラクターは、登場時
「勘違いしないでよねっ」みたいなテンプレートな事しか言わなかったので
何だか不自然さがあったのですが、それが無くなってきたような気がする。

多分、 テンプレート的な事を言わなくなったから だと思う。
(むしろ、ツンデレ属性とやらを捨ててしまった方が良いキャラクターになる
    のではないかなと。)

それとボッスンは、縄跳び中に真顔で胸を凝視するのは止めましょう。
今回、たまたま相手が好意を抱いているから良かったものの、
そうでなければ、
数週間後には女子の間で「変態」として認識されている事うけあいです。
(結構、そういう噂は広まったりする。)

というかボッスンは胸どころか胸に接触しても何とも思わない設定だったような・・・?
あれ、設定崩壊?

まぁでも、こち亀でも 両さんが突然
将棋に強かったり将棋の素人になったり、
女性に全く関心が無い性格になったり、「おっ美女!」とか言って女性に反応したりなど
設定がおかしくなる事はありますね。
(ブリーチでも、流暢に喋ってたキャラクターが
「ワタシ・ビクリ シタネ」みたいな突然片言で喋り始めたのが居たような)


●賢い犬リリエンタール
リリエンタールは誘拐されました。
首領という人が出てきたのですが、あの人はトリガー人か何かでしょうか。

最後のアオリ文曰く、「平和な日常をぶち壊すクソ野郎!」との事。
初登場でアオリ文に無茶苦茶言われてますよこの人。

多分、シュバインさんや令一郎さんも含め、
総出で救出に向かう事になるんじゃないかと思います。
そしてクソ野郎さんを倒す、と。

そうなると、骨折していたウィルバーさんは戦力にならないのでは、と思いましたが
もう骨折は直ってるみたいです。

恐らく紳士の腕は、紳士的なスピードで紳士らしく回復したのでしょう。
だって紳士ですからね。彼は。

全員で力を合わせてリリエンタール奪還に向けて頑張って欲しいです。

※あと、顔が隠れてはいましたが、 リリエンタールの事を報告したのは
トイレ掃除のペナルティを受けてた人達でしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

・リリエンタール
何だか終わってしまいそうな雰囲気ですよね・・・。
ラスボス展開ですし、掲載順も後ろの方ですし・・・
好きな漫画なんで持ち直して欲しいですね。

No title

掲載位置もずっと定位置になってますし
ヤバイですね・・・(´・ω・`)

漫画として駄目というような要素がある訳でもないですし、
何とかならないかなと思いますe-260

小学生あたりの年齢層には人気が出ないのかもしれないですね。
(アンケートでは子供重視だとか聞いた気がします)

ジャンプだと戦国モノとかほのぼの系は終わりやすいような気がします。
(リボーンやめだかボックスなんかはバトルへ転向しましたし、
切法師や侍うさぎなどの時代背景が古いものは終わってしまいましたし)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。