スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"景品"の意味が変わっているのかも

ゲームセンターに行けば、UFOキャッチャーとか
色々と景品があるじゃないですか。

で、その
景品の存在意義が変わってきているのかなーと思いました。

--------------------------------------------------------
景品自体の価値 → 「景品を取る」ということへの価値
--------------------------------------------------------
↑まぁ、こんな感じですね。


今までは、限定品の時計やらポスター、クッションなど
景品自体に価値があり、それを取る為に遊ぶ
みたいな感じだった 印象があるんですよ。
(少なくとも自分の中では)

ですが、今は景品自体ではなく、
景品を取るという行為自体に価値を見出してる人
増えたんじゃないかなーとか思ってます。

要するに景品を取れた時の「やったー!」みたいな達成感・満足感を求めて
遊びに来てるんじゃないかな、と。

例えば 自分の家付近のゲームセンターには、景品としてポップコーンがあるのですが、
それは、近くの店で普通に買えるんです。
でも、買わない。 あくまでもゲームセンターで取ろうとする。
(もとの値段よりも高い金額を使ってまで取ろうとしてる人が居たりします。)

これは、やはり満足感を得るためにやってるんじゃないかな、と思うわけです。
そして、こういう達成感を味わいたい人にとってはお菓子という景品は好都合かなと、感じます。

だって、フィギュアやぬいぐるみとかだとかさ張るじゃないですか。
おまけに使い道みたいなのが無いですし。

お菓子の場合は、自分で消費出来てかさ張る事も無いので便利かなと。


あと、萌え絵というのがあるのですが、
アレも同じ感じだと思います。

あの、商品の中身自体は全く変わってないのに
外装を萌え絵にしたら売り上げが数倍になった
という怪奇現象 なんだか凄い効果があったヤツです。

あれも、商品そのものの存在価値ではなく、
別の何か(付加価値)が重要視された結果だと思うんです。
(商品が役に立つか?、立たないか?などではなく、
  「このキャラクターの製品だったら買う!」とか、「なんか面白いからネタとして注文しよう」
   みたいな本人の気持ちの問題。

なので、これからは
----------------------------------------------------
「どれだけ便利なシロモノか?」
「役に立つものなのか?」
「自分にとって必要なものなのか?」

----------------------------------------------------
みたいな商品そのものの存在価値ではなく、別の付加価値がついたモノとか
売れたり、需要が出来たりするんじゃないのかなと思いました。

ゲームセンターで言えば、
商品を取れたときの喜びが増すような工夫をすれば
リピーターが増えたりするんじゃないでしょうか。 多分。


(とりあえず、 存在価値が高い景品で集客するのは難しい と思います。
  万人が喉から手が出るほど欲しい、と思えるものはなかなか無いでしょうし。)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。