スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ27号感想

●ワンピース
今のところ、 問題なくサボは出航できました。
で、「式典の邪魔になるぞ~!」とか、思い切り嫌な予感のする警告がされております。

天竜人の船から、砲撃とかされるんじゃなかろうか。
砲撃を受けるとすれば、下記のどちらかになるでしょう。 多分。
------------------------
【1】砲撃され、生死不明
【2】砲撃され、死亡確認

------------------------
エースは "行方不明"という事になったのですが、
同じように、 サボも"行方不明"になって、現在も生きているという可能性もありますね。

んー、ここら辺がちょっと分からないですね。


あれ、そういえばエースがルフィに見送られて質素な船で旅立つ
みたいなシーンがありましたよね。

行方不明だとルフィがエースの旅立ちを見送れないので、
近い内にエースは出てくるんじゃないでしょうか。

ダダンは分かりません。
正直、伏線とかが多すぎて(しかもあまり覚えてない)まともな考察が出来なかったり。


●少年疾駆
なんか、 頭が肩幅よりデカいという、
異常事態が発生しているコマとかあったのですが、

今後、作画は大丈夫なのだろうか。
(今回のは、まぁ、デフォルメ描写だとは思いますが)

次第に人体のバランスが崩れ始めたらどうしよう。


●べるぜバブ
今回はカラーでした。  で、一言。
大き過ぎです。
(何とは言いませんが。)

どうして、こう、 軒並み大きくなってしまうのか。
他の漫画でも起こりがちなんですよねコレ。
(特にこち亀が無茶苦茶やらかしてたような気がする)

"I" は軽く超えてしまってる。
(何とは言いませんが。)

で、ストーリーの方なんですが、
作者も どことなく迷走してるのを自覚してる模様。
誰か田村先生に脚本を・・・!


●バクマン
岩瀬さんは、何というか、日に日におかしな方向へ行ってるような。
とりあえず、関わりづらい人である事には間違いない。
ベートーヴェンぐらい気難しい人だ。
--------------------------------------------------------------------------------
※ベートーヴェンはとても気難しく、不機嫌になればすぐ顔に表れる人だったとの事。
不機嫌そうなベートーヴェンの肖像画があると思うのですが、アレは朝飯が美味しくなくて
実際にちょっと機嫌が悪かった
らしいです。
【参考URL】肖像画の中のベートーヴェン
--------------------------------------------------------------------------------

一言で言うと、クンガラマラマですよ。


一方、平丸さんのアニメ版の「ラッコ」は上手く行っている模様。
(逆に言えば、漫画の方は芳しくないのだろうか?)

で、平丸さんは蒼樹さんが裸でラッコのフィギュアを欲しがる様子を思い浮かべてるのですが、
一体どんなシチュエーションなんですかそれは。

まぁ、とりあえず港浦さんがセクハラで訴えられてない事を祈っておこう。


●ロックオン
大和君は良いですね。 雪さんに一途な所が。
出来れば、ずっとそのままの状態を続けてもらいたい。

説明しづらいのですが、こういうのは
恋愛を成功させようと頑張っている状態が一番面白いと思います。

告白に成功して、恋愛をし始めるのは・・・んーなんか違う。
そうなってしまうと面白くない。

バクマンの服部さんと同じような感じですね。
裏でこっそり応援したりする状態はやりがいを感じてるんですけど、
表舞台に立ってサイコーを応援する状態になってしまうと、何か気が進まない、みたいな。

なので今後とも彼には 雪さんを襲う不良たちに
「貴様ァァア!!」とか雄叫びを上げながら立ち向かって欲しいです。


●四ツ谷先輩の怪談
今回は品茂先生が大活躍でした。

しかし、いかんせん品茂先生は登場初期のイメージが悪すぎたからなぁ・・・。
「ちょっと厳しい先生」ぐらいの描写に止めておけば、
今回のナイフキャッチはとても格好良く見えたと思う。

やっぱり第一印象は重要ですね。


●めだかボックス
行橋さんが悲鳴を上げることも無く気絶してたのが不憫でした。
彼(彼女?)は本当に生活するのが大変そうだ。

で、多分
---------------------------------------------------
・めだかさんが王を倒す
(今まで身に付けた能力を全て駆使して)
・マグロ兄さんが、古賀さんを治療。 くじら妹は改心。
---------------------------------------------------
こんな感じでハッピーエンドになるんじゃないかな、と。

あと、エレベーターに詰め込まれてた6人は、
もうどうでも良くなってしまったような。

めだかさんはラスボスである王と戦ってますし、
正直 もう戦う理由が無いですよね。

細かいバトルは描写されずに、ボロボロの状態で「あいつら全員倒したぜ」とか
言いながら 戴宗さん 雲仙さん達が降りて来そう。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。