スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破裂した! ひどい!

自転車をこいでた所、 突然「パァン!」という物凄い音がして、
タイヤがパンクしました。

近くに居た小学生の男の子は、
何が起こったのか分からず その音に驚愕してました。
(しばらく辺りを見回してましたが、 まさか自転車からあんな音がするとは思うまい。
   多分、音の発生源は分からなかったと思う)


まぁ、その「音」について。
風船も割れる時「パァン」という音がすると思うのですが、
あんな音の比じゃない位 凄い音でした。

※半径30mに響き渡るぐらいの音。
 もう花火。 打ち上げ花火のような音と空気の振動だった。


で、その後が大変でした。
自転車で10分くらいで帰る所を、
自転車を手押しで歩きながら30~40分かけて帰るハメに。


疲れた。
就職活動の帰りだったので、
スーツが物凄い日光吸収 をしてくれました。 最悪。
・・・でも いい運動になったからいいや。
(プラス思考)



まぁ、 今回は手押し出来ただけマシな方です。
以前もパンクした事があるのですが、その時は前輪が動かなくなりましたからね。

タイヤは、固い外殻とその中に、
変なやわらかいハラワタみたいなのが詰まってるのですが、
---------------------------------------------------------------
ピエロとかがよく、細長い風船をねじったりしてプードルを作ったりする芸が
有ると思うのですが、

あの細長い風船みたいなのが、タイヤの中に入ってる。
---------------------------------------------------------------
そのハラワタみたいなのが、 前輪にからまって動かなくなったんですよ。
おまけに、からまりをほどいても
自転車を押したら前輪が回転するので、 またからまるという始末。

結局、前輪部分を持ち上げて移動させました。
しかし、これがまた面倒くさい。

重いだけならまだしも、 物凄い持ちにくいんですよ。 自転車。
(持ち上げたら、 ハンドル及び 前輪の部分が、グニャグニャと左右に動きますし)

やった事の無い人は一度、前輪を持ち上げて自転車を移動させてみてください。
恐らく、移動速度が数分の1に落ちます。


で、パンクの原因を調べてみたのですが・・・
主に、段差の乗り上げ なんかが挙げられるそうです。

物凄く、納得しました。
だって、大抵の歩道って車道との間に5~6cmの段差があるんですよ。
何であんな段差があるんでしょうかね。

【参考画像】
歩道

なので、歩道に乗ったり降りたりすると、
車輪がガタン、ガタン!っていうんですよ。

コレ本当にどうにかならないかな。
もう、全然バリアフリーじゃない。
バリアが一杯張られてますよ。

本当に、滑らかにスッと乗れる歩道もありますが、
車輪をガタガタいわせないと乗れない歩道が圧倒的。

なので、歩道に乗る時に滑らかに乗れるようになったらいいのにな、と思いました。
まぁ、「自転車通行可の歩道」なので、
あくまでも歩行者が第一であって、自転車が走りやすい構造にはなっていないのかも。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。