スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らなかった大型バイクの恐怖

先日、人気の無い道路を歩いていた時の事です。
突然、「パァー! パァー!」クラクションが鳴り始めたので

「何事!?」と思っていると、
目の前に、バランスを崩してケンケンで前へ進むバイクの運転手が現れました。


【参考画像】
バイク
(バランスを崩し、意図せずにクラクションを押す状態になってたと思われる)


で、しばらく様子を伺っていると、
ガシャーン!という音と共に倒れてしまいました。

【参考画像】
バイク2


「大丈夫なのか!?」と思っていたところ、
すぐに運転手は立ち上がり、「あーあ」みたいな反応をしてたので、

あ、大丈夫なんだな、と思い 立ち去ろうとした所、
また運転手の様子がおかしい事に気付きました。

【参考画像】
バイク3

・・・どうやらバイクを起こせない様子。

20秒以上苦闘してたので、急いで運転手の所へ向かい、
「手伝いましょうか?」と言い、持ち上げるのを手伝いました。

そして、持ち上げようとして驚愕しました。

重い・・・!
とんでもなく重い・・・!



軽い気持ちじゃ絶対に持ち上がりません。
大型バイクがあんなに重いなんて
知らなかった。



び、びっくりした・・・。 予想外の重さに、若干 恐怖すら感じた。
例えるならば、冷蔵庫や力士を一人で持ち上げるようなもんです。

人気の無い道路だったから良かったものの、
大通りとかだったら、動かすに動かせなくて二次被害が発生してたかもしれない。


とりあえず、倒れたバイクは無事起き上がり、
自分と、近所の家から「大丈夫か!」と言って出てきた上半身裸のおじさんに見送られて
運転手の方は、どこかへ行かれました。

良かったです。
というか、倒れたら起き上がらせられる機能か何かがあればいいのに、
とか思いました。
倒れたら大変ですよ。間違いなく。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。