スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ42号感想

●LIGHT WING
もうサッカーじゃない。

どうやったらあんな肉の壁を突破できるんだ・・・。
「主人公凄い!」ではなく、「いや、ありえんだろ」という
感想しか出てこなかったです。

その内 上空1000mぐらい飛び始めたりするんじゃないでしょうか。


●エニグマ
どんな頭脳戦とか繰り広げるのかな?と思ったら、
ただの無理難題が出されました。

「写真にうつっている、人物の背に隠れている名札」なんて
分かるわけないじゃないですか。
花咲一休さんなら何とかしてくれそうですが。)

明らかに特殊能力 前提ですね。

先に言っておきましょう。
------------------------------------------
「Aという能力があった」
「だから、問題Aを解くことが出来た」

「Bという能力があった」
「だから、問題Bを解くことが出来た」

------------------------------------------
こんな単調な展開になったら多分、面白くないです・・・。


あと今回 気になった事。
「タカハシさんが・・・」の放送をかけたのは誰なのか?と言うこと。

もし、エニグマが放送しただけ or エニグマが、「影」が出たら放送する仕組みにしている
という展開だったら、何も面白くないですが・・・。

まぁ、あえて何か裏があると思って疑ってかかることにします。
例えば7人だと思ったら、8人目の参加者が居た、とか。

やたら「7人」「7人で~」とか言っているので、
逆に7人じゃない気がしてきました。
(「参加者は7人です」とは、エニグマは一言も言ってないですし。)

本当に意外性もなく7人だったら、んー・・・。やっぱり面白くないかも。


気になった事その2。
-----------------------------------------------------------------
「閉ざされた運命から脱出して未来へ行くには、7人の力がいるのだっ!」
「だから俺達は7人居るっ!!」
「一人でも欠けたらイヤだ 全員でここを出ようぜっ!」

-----------------------------------------------------------------
いや、もう6人しか居ないんですが。
突然 何を言い始めるんだ。この主人公は。

そして誰も「あの生徒会長みたいな人 消えちゃったよ・・・?」みたいな
突っ込みもしてないですし。

どうなっているんだコレは。
( 伏線?作者のミス? )


●SWOT
き、切り札を出してきおった。

いきなりメイドカフェが出てくるとは・・・!
てこ入れというヤツだろう。)

掲載順位浮上の為の最後の一手だと思われる、が、
効果の程はどうなるんだろう。

もしかしたら、「保健室の死神」みたいに、
危険ゾーンから脱出するかもしれない。

あと、今回出てきたメイドカフェについてですが、
-------------------------------------------
・ニャンニャン ラリアット
・くまさんの ハイキック
・萌え辛 ジャイアントスウィング
・萌え頭突き

-------------------------------------------
メニューがカオス。
なんでメニューがこんなにバイオレンスなのだ。

思ったんですけど、
よく考えたらメイドカフェなる存在自体が混沌としてますよね。

「萌ーえ 萌ーえ にゃんっ にゃんっ♪」 とか
「おいしくなる魔法をかけますね♪」 とか言われたら、
自分は、多分 一瞬 笑った後 しばらく頭を抱えると思う。
(非現実的なやりとりに、どうしても 耐えられない・・・)


●保健室の死神
操は女の子でした。

名前についてですが、
「操」って女性か男性かはよく判断できない名前ですよね。
哲也とか、加奈みたいに、性別を連想させない不思議な名前。

そもそも「男らしい名前」とか、「女らしい名前」とか、
どうやって脳は判断してるんでしょうかね。

よくわかんないですが、脳は不思議です。
(身近な人の名前とかの、経験によるものかな?)


あと脱線しますが、
「勇気」・「元気」という名前の女性をしってます。
※どちらの方も、「●●子」みたいな名前が羨ましいと言ってました。
(特に名前が「元気」の女性の方は。)

名前が「元気」の女性の方は、
こんな感じで愚痴とか言ってたりしました。
-------------------------------------------------------------------
もうホント「元気」って何なんですか。
元気~!元気~!みたいな。
可愛らしさみたいなのが無いじゃないですか!


え~いい名前じゃん。
元気があって明るそうな感じだし。
気にしなくて大丈夫だと思うけど~?


んーでも・・・。
やっぱり「●子」とかのほうが良いかなーって思ったりとか・・・。

・・・あっ!、それと、アタシ若く見られるんですよ!
周りから なんかよく言われて・・・。
それも結構 気にしてるんですよ。


え~若く見られるならいいじゃぁん。
私はもう小っちゃい子からは「おばさん」って呼ばれるんだよ~!? ・・・はぁ。


いやっ何ていうか「ガキっぽい」って言われるんですよ。
大人の女性~みたいな。
アタシそういうのに憧れてるんですけど なんか・・・。 
うぅ・・・。 (以下略

-------------------------------------------------------------------
(自分のアルバイト先での出来事。)


●逢魔ヶ刻動物園
端的に言います。
園長の設定が間違っていた。

園長は自分がウサギにされた事で反省して、
必死に動物園を立て直そうとしてる状態がよかったと思う。

ウサギにされたあとも、
面倒くさい事は誰かに押し付けて~みたいな性格じゃダメだ。

どうすれば人が集まるのか?を考えたり、
新しい建築物を建てる計画を出したり、
動物達が病気になり、相次いで倒れるなどの困難に直面したり、

そんな感じで、死に物狂いで動物園 再建を目指している様子を描いてくれたら
良かったかもしれない。

そうすれば、今回の「仲間誘拐 → 救出しに行く」というエピソードも活きて来るような、
そんな気がする。

つまり、救助される対象、救助しに行く対象に友情なり絆なり、そういうものが無いと
「助けてあげて欲しい!」とか、「救出 出来るのか、続きが気になる!」
と言った感情が出てこないかと。

これはマリオとピーチの関係においても分かるでしょう。

スーパーマリオブラザーズで遊ぶ場合、 
常時 「早くピーチ姫を救出しに行かねば!」と思いながらプレイする人
ほぼ居ないでしょう。

少なくとも自分は、
マリオが「ホッホーゥ!」とか言いながらアクションするのを楽しむ状態になってます。

これは、マリオとピーチ姫の関係が、
それほど深刻に、生真面目に描かれていないからであり、
プレイヤーは遊んでいると、ピーチ姫の救出をついうっかり忘れてしまうぐらいの
心境になってしまっているのです。
(気軽に楽しく遊ぶゲームだから、それでいいんですけども)










<追記予定>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。