スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"非実在犯罪"規制?

以前、「非実在青少年が~」という事で色々と問題になってたのですが、
今度は「非実在犯罪」を規制するという流れになってるみたいです。
(東京都の条例で)

つまり、漫画やアニメ内での、架空の犯罪の描写があったら駄目、
みたいな感じになってるっぽい。


一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、
青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

二 漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)で、

刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている
近親者間における性交若しくは性交類似行為を、

不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、
青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、

青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの(平四条例一九・平一三条例三〇・一部改正)




で、素人目に見てもおかしいと思うのが、
下記の実写を除く。という文面です。

2番目の項目は、性的な描写に関する規制内容になってるんですが、
実写は除かれるってどういうことでしょう?

成人向けのアニメはNGで、成人向けのビデオはOK!という事ですかね。
( 成人向けのビデオは、健全な成長を阻害するおそれはない、と? )

確か、
--------------------------------------
成人向けのビデオを見て、
小学生男子がクラスメイトの女子を襲った

--------------------------------------
とかいう事件が あったような気がするのですが。


ともかく実写だけ除かれてる理由が「?」です。
【参考URL】都条例、「非実在青少年」 規制から 「非実在犯罪」 規制へ
【参考URL】弁護士山口貴士大いに語る - 条例の問題点
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

No title

小説(画像ではない)と映画(実写だ)はこの法律の適用外になります。
都知事自身の書いた小説「太陽の季節」「狂った果実」「完全な遊戯」「贖罪」や、それらの映画版は華麗にスルーされます。
本当にやめて欲しい。

No title

作品は持ってないですが、大まかな話は調べてみました。
ストーリーが結構アレですね。
(あえて詳細は書きませんが)

性描写のアニメや漫画に関わる人に対して、
「頭がおかしい。馬鹿なんじゃないのか。」みたいな発言を
してたと思うんですが、

人の事はあまり言えないんじゃないかな、と思いました。
(文章で表現するか、絵で表現するかの違いですし。)

とりあえず、自分の関わる作品は除外出来るようにしたんでしょうかね。
真意は分からないですけど。

感情だけで理屈が伴わない人達は、
理屈を説明しようとしても、聞かないことが多いですし、

発言や法案自体も、論理的な所が無かったりするので
そういう部分はちゃんと考えてほしいですねv-292
(鯨は「賢い動物」だから捕鯨反対!
18歳以下に「見えたら」アウト! などなど。)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。