スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「作曲の仕方」を解説してみる! 

自分は作曲をしてたりするのですが、
今日は作曲のやり方を個人的に解説してみます。

作曲方法はおおまかに2つあって、
----------------------------------------------------
【1】コード進行を作り、それにメロディを付ける
【2】メロディを思い浮かべ、それにコード進行を付ける

----------------------------------------------------
上記の通りになります。

今回は【1】の方法を実践してみます。
Music Studio Producerの画像も交えながらやります
(以下、MSP)

-----------------------------------------------------------------
まず初めに。

自分には【1】の方法で作曲した
丁度お手本のような曲があります。
曲名は、DesperateBattleです。

【参考URL】 DesperateBattle.mid

今回は、この曲が出来上がっていく様子
お楽しみください。
-----------------------------------------------------------------


まず、コード進行を作ります。
コード進行は、MSPにソフトウェアキーボードというのが付いてるので、
それで音を鳴らして、確認しながら作っていきます。

「コード進行が分からないよ!」という方、安心してください。

自分も分かってないです。
※約10年間 吹奏楽部に所属し、色んな曲を聴いてきた経験と勘だけでやってます。
作曲する立場としてどうかと思いますが、案外 曲みたいなのが作れたりします。


もし、どうしてもコード進行が分からないならば、この記事の最後に、
今まで自分が使ったコード進行の表の画像を添付します
ので、
それを参考にしてみてください。
(コピペして使う感じで)


STEP1 コード進行を作る

で、今回の曲、DesperateBattleのコード進行はコレです↓。
【参考画像】
create.jpg

基本、これをひたすら繰り返してるだけです。
【参考URL】DesperateBattle.mid (途中段階1)


STEP2 伴奏を作る。
上記のコード進行だけじゃ物足りないので、伴奏をつけます。

伴奏はどうやるの?というと、
コード進行の音のどれかを鳴らします。

しかし、適当に鳴らしても曲にならないので、ある程度のリズムを決めます。

今回は2種類の伴奏をつけました。
伴奏A  (33:Acoustic Bs.)
create3.jpg


伴奏B  (35:Picked Bass)
create4.jpg


伴奏B+α  (46:PizzicatoStr)
create5.jpg

※伴奏Bだけじゃ物足りなかったので、伴奏Bαを作りました。
音は違いますが、基本的なリズムは伴奏Bと同等です。


見ても分かるように、音は変わってますが、
-----------------------------------
伴奏Aは、 タッ ター  タ
伴奏Bは、 タタタタータタタ

-----------------------------------
というリズムは変えてません。
適当に音を配置するのではなく、ある程度の規則は作るです。


伴奏つけたmidiが下記のようになります。

【参考URL】DesperateBattle.mid (途中段階2-A)
【参考URL】DesperateBattle.mid (途中段階2-B)
【参考URL】DesperateBattle.mid (途中段階2)
※上から順に、
コード進行 + 伴奏A
コード進行 + 伴奏B
コード進行 + (伴奏A + 伴奏B) です。


STEP3 打楽器を入れてみる。
ある程度 音楽の下地が出来てきたら、打楽器を入れてみます。

打楽器は通常 トラック10番になってます。
なので、トラック10番を新規生成します。

MSPの場合だと、トラック10番を生成すると
通常とは違う打楽器の種類を選択する画面が出てくるので、
好きな打楽器のセットを選んでみましょう。

【参考画像】
create6.jpg

で、打楽器で実際にリズムを刻むんですが、
どうリズムを刻めばいいか最初分からないと思います。

そういう時は、適当に拍のアタマで叩くようにしてみましょう。
(8ビート(?)みたいな、 リズムの刻み方もある程度決まっているっぽいのですが、
コード進行同様、自分は「刻み方のある程度決まった形式」はよく分からない。)

※専門的な知識が無くても作曲する方法という事で
 紹介しているので、ご了承ください。

ともかく、拍のアタマで叩くようにしてみたサンプルです。
【参考画像】
create7.jpg
※自分がよくやるのは、とりあえず小節のアタマに「シャーン!」という
シンバルの音を入れてみる
事です。

ただ、このままだとツマラナイ(メロディとかみ合わない)事があると思いますので、
慣れてきたら色々とリズムを変えてみましょう。

音の追加 & リズムを変更した例 ↓
【参考画像】
create8.jpg

【参考URL】DesperateBattle.mid (途中段階3)


STEP4 メロディをつける
最後にメロディを付けてみるわけですが、コレも同じです。
基本、コード進行の音に沿って音を鳴らしてみます。

【参考画像】
create9.jpg


最初のコード進行の所で説明しましたが、
今回のこの曲は、
----------------------------------------------
ミ ソ# ド# → ファ# ラ レ
----------------------------------------------
の和音を繰り返し鳴らしてます。

なので、上記のメロディの画像を見てみて下さい。
------------------------------------
1小節目、3小節目は、 ミ ソ# ド#
2小節目、4小節目は、 ファ# ラ レ

------------------------------------
この3種類の音しか使ってないです。

その3種類の音を、長さを変えたり、オクターブ上 オクターブ下に変えたりして、
メロディに聞こえるようにやりくりしてるわけです。

オクターブ上・下 ・・・ 高いド、低いド、もっと低いド、のように音の種類は同じだが、
            高さが違う音。

【参考URL】DesperateBattle.mid (途中段階4)



これで、コード進行から作る作曲の仕方の説明を終わります。

で、STEPに順番を付けてたんですが、
STEP2~STEP4までは順不同で大丈夫です。
(メロディを先に付けても良いですし、打楽器を加えても良い)

コード進行を造る部分だけは一番最初で固定
という感じで。

そして最後に、コード進行表を添付する予定でしたが、
なんか記事が縦長くなったので、コード表の部分だけ別記事としてまとめて、
そのリンクを貼る形式にしたいと思います。

【参考URL】
↑完成したら、ここにリンク先が登場します。
スポンサーサイト

テーマ : 作詞・作曲 - ジャンル : 音楽

コメント

No title

こういう記事はありがたいです。
私にとって、ゲーム制作時の音楽というのは壁なんですが、参考になります。

No title

自分で、ゲーム製作をするとなると、
音楽・画像・3Dモデルあたりがネックになるんですよねv-292

本当に、自分の作りたいものが作れるようになるには、
かなり大変だと思います。

ともかく、音楽に関しては 解説(?)記事を書いてみます!v-411
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。