スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作ゲームの現段階発表~!

自作ゲームの段階を発表したいと思います。


とりあえず、
-----------------------------
【1】当たり判定 機構
【2】オブジェクト生成機構
【3】状態遷移 機構
【4】カメラ

-----------------------------
主に、この4つを修正・変更しました。


まず当たり判定ですが、
マップチップの2重for文による描画を止めました。

for(int i = BasePosY, count = BasePosY + MAP_HEIGHT; i < count; i++)
{
  for(int j = BasePosX, count2 = BasePosX + MAP_WIDTH; j < count2; j++)
  {
    DrawObject(m_Map[i][j].m_PosX + DifX, m_Map[i][j].m_PosY + DifY);
  }
}


2重for文で描画する形式にすると、実際の座標と、目で見える座標が異なるので
当たり判定がややこしくなるんですよ。
(それに、「実際の座標と目で見える座標が異なる」というのが、なんだか気にいらない。)

どういう事かというと、
今まで主人公は原点固定で、周りのブロックとかを動かして
まるで移動しているかのように見せかけてたんですよ。

【参考画像】
map.jpg


こういうやり方だと、Map上は、(0,20)の所に居るように見えるのに、
主人公の座標はずっと(0,0)で変わらないので
うまく当たり判定が出来ないんですよ。

主人公のX座標 - DifPosX = 20だから・・・、みたいな面倒な計算をする必要がある。)


なので、
------------------------------------------------
・オブジェクトは実際の座標に設置
・オブジェクトの座標ではなく、カメラ(視点)の座標を移動させる
・カメラの視野に入るオブジェクトだけ、描画対象にする

------------------------------------------------
という風に変えました。


<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。