スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作ゲーム紹介

かつて自分が作成したゲームを紹介したいと思います。

【タイトル】ダンジョン(仮)

【ジャンル】ローグライクゲーム("風来のシレン"、"ポケモン不思議のダンジョン"系)
【簡易説明】
        ●キー操作●
         6・・・右移動   'm' ・・・メニュー画面
         4・・・左移動   'c' ・・・キャンセル
         8・・・上移動   'z' ・・・決定
         2・・・下移動

        ●画面表示●

         ・・・ 主人公   ・・・ 壁
        ■ ・・・ 階段    ・ ・・・ 部屋の床(歩ける)
         ・・・ アイテム × ・・・ 通路
        (上記以外は全部敵) 



プレイ中の画面を載せておきます。(画像の右端が入りきっていませんが気にしないで下さい

ゲーム画面1
ゲーム画面2



とりあえず、就活で提出する作品はこのジャンルのゲームにしようかと思います。
そして、提出するに当たっての目標が、下記の通りです。

●シーケンス遷移を作る (スタート画面、メニュー画面などを作る)
●画像を使ったものにする (windowsAPIを使うわけです)
●コードを可能な限り綺麗にする (このサンプルのコードは悲惨な事になってます)
●C++の機能を使う (コンストラクタ、デストラクタなどを利用)
●敵のAIを作る
 (これが一番の鬼門。出切るのだろうか?

実は、このサンプルはAIを作る部分で失敗してしまったのです。
(妥協案として、主人公が1歩動くと、敵も適当な方向へ1歩動くようにした)

主人公を追いかけるようにしてみようとしたのですが、
突然、壁を突き破って主人公に襲い掛かったり、自分から壁にのめり込んで動かなくなったりと
訳の分からない行動ばかりし始めたので断念しました。

・・・しかし、とにかく作るしかありません。頑張るぞ!(`・ω・´;)b
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。