スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ゲーム製作の現状~ について

今日は、企業側に提出するためのゲームの製作の現状を書いてみます。
(ゲーム製作といいうより、『能力証明』の為の作品 と言った方が良いかも)


とりあえず、
スキンメッシュアニメーションを実行する
プログラムは完成
しました!

【参考画像】
skin.jpg
特定の範囲内(黒い床)で、剣を持った主人公を動かせます。

技術を見せるだけなら、とりあえずコレでOKでしょう。

あと実行ファイル以外にも、ソースコードや、
原理や計算式を書いて纏めた書類なども持っていく予定。


さて、これからについてですが、
DirectXのサンプルコードみたいに、
技術ごとに分割されたソースコード群でも作ろうかなと思う。

↓こちらのページによると、
-------------------------------------------------------------
【参考URL】仕事を知る-ゲーム業界特集-
-------------------------------------------------------------

大体必要となりそうなのは下記の4つですね。
----------------------------
【1】数学、物理
【2】AI
【3】データ管理、アルゴリズム
【4】3D表示(シェーダ)

----------------------------

とりあえず、【1】【3】【4】の順番で何か作ろうかなーと思いました。

ゲームとして形を整えるのは、
能力の証明できるソースコードが一式揃ってからにしようかな、と。
(コレ全部用意して持っていけば、多分大丈夫だと思う。
   「なんか足りない」とか言われたら、その時に適宜 対応する予定。)
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

自作ライブラリみたいな形もいいかもしれませんね。

No title

自作ライブラリみたいなものを作って、
内部の構造などをアピールする事も出来そうですよねv-290

少なくとも、ライブラリが用意している、内部の処理を隠蔽した関数を利用するだけよりかは、
ある程度の処理手順を理解してるんだなとアピールできるんじゃないかなと思いましたv-293

ついでに、今は営業の上司の方が、
企業側が特に求めるスキルや、
提出する作品の動作環境があるか、などを確認しているようです(・ω・)+

顔合わせまでもうしばらく時間がかかりそうですが、
その間、提出作品の向上に努めようと思いますe-257
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。