スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ17号感想

●いぬまるだしっ
----------------------------------------------------------------
「ぼくと契約して魔法少女になってくれたら、花粉症を治してあげるよ」
----------------------------------------------------------------
なにいきなりキュウべぇになってるんですか。
勝手にたまこ先生と契約しないでください。


●magico
おぉ!あの変態に犬にされていた子供たちが
無事母親の元へ帰ったようです。

コレはアレですね。
後々、シオン達が追っ手に追いかけられてピンチになった時に、
この母親が家にかくまってくれる
フラグですね。
------------------------------------------------------
追っ手:「ここに魔法使いが来なかったか!?」
母親:「その方でしたら、真っ直ぐ走って行かれましたよ」

・・・・

エマ:「あ、ありがとうございます」

------------------------------------------------------
なんかこんな感じ。

とりあえずシオンについてですが、
案の定 指名手配されてました。
宝石を奪わずに交渉すれば良かったのに。

過大に報道されてますが、若干間違っていないので何とも。
(「俺は無実だ!」とは言えない。)


マロウニさんが下卑た笑みを浮かべて虐待している映像を撮影して、
「お前の性癖バラすぞ!」とか言ってやれば良かったのですよ。

そうすればマロウニさんの方から、
「この宝石上げる。 テープと交換してください。」とか言ってきたかもしれません。

それと映像の魔法に関してですが、
もうちょっと何とかならなかったのですか
シオンさん・・・。


出来損ないのこけしみたいになってるじゃないですか。
--------------------------------------------------
「おいっ!今変なクリーチャーが映ったぞ!?」
--------------------------------------------------
とか言われて、別の意味で有名になってしまいますよ。コレじゃ。


最後に、新たな魔法少女が出てきました。
個人的に魔法少女というより原始人に見えるのですが、
彼女は一体どんな能力を持っているのだろうか。


とりあえず彼女に関して気になったことは3つ。
------------------------
【1】目がデカい。
【2】3本指の足。
【3】カボチャ。

------------------------
まず一つ目についてですが、なんか目がでかいです。
少女漫画の主人公達とタメ張れると思います。
・・・まぁ、それだけなんですけども。


次に2つ目ですが、足が3本指になってるんですよね。

これは元々 そういう種族がいるのか、
もしくは"竜魔法"とか言うのがあって、魔法で足だけ竜に変化させてるのか
どちらなんでしょうかね。
("犬魔法"があったくらいですし、後者のほうが可能性が高いかな?)


最後の3つ目に関しては、なんでしょうね。
何故 彼女はカボチャを被っていたのだろうか?

カボチャといえばハロウィンであり、
顔の形にくり抜かれたカボチャは悪い霊を追い払う意味があるらしいので、
もしかしたら、凶悪なモンスターを近寄せない魔法がかけられてるのかもしれない。

もしくは、被る意味なんて特に無いのかもしれない。 (気に入ってるだけーとか。)


ともかく、早い段階で少女キャラを出してきたというのは・・・
連載的な意味で、良い作戦だと思います。

ただ、やりすぎると
某"ペドわっぱ!"と呼ばれた漫画みたいになるので加減が必要なのである。


●エニグマ
最後の最後まで嫌がらせみたいな課題が出されましたね。

改めて聞きたいんですが、
エニグマさんは具体的に何をテストしたいのでしょうか?

超能力の進化を期待しているのであれば、
手っ取り早く、「巻き戻しの練習だ。1年前の状態まで巻き戻してみろ」みたいな事を
指示すれば良いのです。

あと今後の物語に影響を与える事は無いでしょうが、
拷問の椅子は、モニター室で組み立てられたようですね。

(どこからか運んできたのであれば、靴と同じように
           椅子が空中浮遊して入口まで戻っていくでしょう。)

エニグマさんが、わざわざバラバラの部品を持ち運んで、
モニター室で組み立てたんだろうな
と思う。

最後に。
クリアしたんですけども、結局出口はどこ?

もしかしたら、こんな展開になるかもしれない。
-------------------------------------
「パスワード取得おめでとうございます。
でも、お帰りになれません。

-------------------------------------


●バクマン
あぁ・・・19位で完敗して、
ついに七峰先生がゲラゲラ笑いながら"影"化してしまいました。

もう永遠に冷たい廊下をさまよい続けるしかないですね。

肝心のストーリーはどんなものだったのか
描かれてなかったので何ともいえないのですが、

多分、「劣化PCPだな。」と思われて (しかも話が被り過ぎてるのでパクリと判断される)
票を入れてた人も全く入れなくなったんじゃないかと。


結論
----------------------------------------------------
・複数の人間を統率するのは難しい
・複数のアイデアを自分の作品として纏めるのは難しい

----------------------------------------------------
そういえば以前、ジャンプの最後の方で
『抱きしムェタイ』という企画漫画が載ってたんですが、

アレも
「色んな人のアイデアを全部入れようとしたら
訳が分からないものになってしまった」

作者の方が仰ってたような気がする。


●めだかボックス
「安心院さんが次のボスになるんじゃないか」と言っていたら、
本当にボスになりました。

今回気になったこと。
-----------------------------------------------------
・不知火袴(校長のじいちゃん)を不知火"君"と呼んでいる
・苗字が"不知火"の新キャラが出てきた

-----------------------------------------------------

まず1つ目。
あのおじいさんを君付けしている事から、
安心院さんはかなり年上の可能性があります。

いきなり、「実は僕、1兆53歳なんだ。」とか言ってくるかもしれません。


次に2つ目。
不知火半纏というキャラが出てきたんですが、
多分、不知火さんの兄か弟か父親になると思います。

んで、今まで不知火さんが暗躍してたのは、
この半纏さんと何か関係があるのかもしれない。

もしくは、安心院さんの封印が弱まっていたので、
「球磨川さんを改心させ、安心院さんの封印を弱める」為だったのかもしれないですね。

ここら辺はまだ良く分かりません。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。