スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼肉店で発見した、「これは駄目だろ」と思う欠陥

以前、焼肉店でちょっとした欠陥を発見したので、
それについて書いてみる。

焼肉店では、よく最初に靴置き場があって
その中でも木の板が鍵になってるロッカー形式のものがあります。

【参考画像】

west.jpg west2.jpg
※木の板には切れ込みが入っており、番号によって切れ込みの数や位置が違う。


コレに欠陥を発見しました。

ロッカーが100個分ほどあったので、
---------------------------------------------------
「100種類以上の切れ込みの違う
      木の板があるんだな」

---------------------------------------------------
と思い、暇つぶしに他のロッカーの木の板を取り出して、
切れ込みの違いを見比べてた
んですよ。

すると、ある事に気づきました。

自分が27番の木の板を持っていて、
7番のロッカーの木の板を取り出した時なのですが・・・

【参考画像】
west3.jpg

・・・あれ、切れ込みが一致している・・・?

切れ込みが同じなのに、違う鍵として機能しているのだろうか?と疑問に思い、
27番の鍵を7番のロッカーに突っ込んでみました。

すると、

【参考画像】
west4.jpg
普通に開いた・・・

更に調べてみると、
-----------------------------------------------
「下一桁が同じものは、鍵も同じ」
という法則性がある

-----------------------------------------------
という事も発見しました。

【参考画像】
west5.jpg

えぇー・・・
これセキュリティ的にどうなの?
鍵がかかってたロッカーにも、下一桁が同じ木の板を突っ込んで見ました。
  普通に開いて、中には他人の靴が入ってました。)


靴を盗む人は少ないかもしれませんが、
やっぱり、盗まれる可能性は考慮しておいた方が良いような気がする。

ボーリング場で貸し出す靴も、
盗まれないようにわざとダサいデザインにしているらしいですし。


・・・まぁ、たまたま自分の行った店だけが、こうなってたのかもしれませんし
他の店では一つ一つ鍵の形が違うかもしれません。

また、1~2年ほど前の話なので、今では仕様が変わっている可能性もあります。
でも試しに確認してみるのもいいかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

No title

マジで!!Σ(´・_・`)
セキュリティあめぇ・・・今度試してみます!
切り込みの種類増やしても別にコスト的には大丈夫なような・・・あぁ、でも長い目で見ますと、鍵をなくしたり壊す人がいるので、スペアをいっぱいとっとくという意味ではこちらの方がコスト的に良いかもしれませんね。

No title

自分が行った所の店はそうなってましたv-293

あのタイプのロッカーは、
-----------------------------------------------------------------
【1】ロッカーと鍵一式が用意されていて、それを購入する
【2】ロッカーと木の板の原型だけが用意されていて、
板の切れ込み&ロッカーの錠前(?)は店側で調整可能

(店側で、木の板に切れ込みを入れたり、
木の板を差し込む錠前の形を調整する必要がある。)
-----------------------------------------------------------------
【1】、【2】どちらかか分からないのですが、
【2】の場合であれば、店側で色々と異なる可能性がありますねv-292
(柔軟性を考えたら、【2】の方式を採ってそうな気がする)


確かに。
鍵が使いまわしになっているのは、やっぱりコスト面が大きいでしょうねv-404

店の倉庫みたいな部屋に、番号が描かれていない木の板がストックされてたり
するかもしれません。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。