スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ23号感想

●花咲一休
読切の時よりも、結構 話が練られていると思いました。
カルマの方にも、何かまだ裏話や能力の設定みたいなものがありそうですし。

今回の話についてですが、
"全知全能の神のお話"と似た方法だと思いました。
----------------------------------------------------------------------
・全知全能の神は「誰にも持ち上げられない石」を作れるか?
作れる → 全知全能の神は、石を持ち上げられないので、"全能"ではない
作れない → 全知全能の神は、石を作れないので、"全能"ではない

※どちらに転んでも、全知全能ではない事になってハマる。
----------------------------------------------------------------------

しかし、「何でも斬れる、この刀で斬れないものは何?」という質問の回答ですが、
自分は、『その刀自身』という回答でも良いんじゃないかなと思いました。

最後に。
今後、読切の時に登場された掛け軸の神様も登場して欲しいです。


●バクマン
今回、新妻エイジさんが本気で1位を目指し始めました。

で、今回、
------------------------------------------------------
【1】(恐らく)PCPを読んでいる新妻さん
【2】1位との順位を気にする新妻さん
【3】「終わらせる権限」を使うのでは?と思う雄二郎さん
【4】1位になってやる、と意気込む新妻さん

------------------------------------------------------
上記の様な順番で、権限を使ってPCPを終わらせるかのような描写が入りましたが、
おそらく、コレはミスリードです。

まず、連載初期の方から引っ張っている「終わらせる権限」の伏線を
今使ってしまうとは思えません
し、
何より、その権限は新妻さん自身の漫画の為に使うと思うのですよ。
(無駄な引き伸ばしをせずに、自分の漫画を綺麗に終了させる)

今回は、新妻さんの意向も明らかではなく
雄二郎さんが「権限を使うのでは?」と思い込んでるだけですので、
どうもミスリードくさいのです。

ありうる展開としては、
----------------------------------------------------------------
【1】法律に触れるスレスレの漫画を描き、1位になる
【2】こんな描写をしても、受け入れられ、人気も出ます!
 亜城木先生も、いつもの「亜城木先生らしさ」を出して頑張ってください!

----------------------------------------------------------------
というような、調子の狂っているサイコー達への応援行為だった、とか。

※以前も、サイコー達への挑戦状として"吹き出しが一切無い回"を描いた事もありますし、
今回も同じような感じで、新しいスタイルへの挑戦ではないかな、と。


●魔界グリム
豚がチャーシューになった所で、
思い切り笑いました。

(3万匹で作業すればいいのに!)

ひどすぎるよ!あんまりだよ!


●エニグマ
エニグマさんがキレて、難易度を最凶にしてしまいました。
コレ、どうするの?


とりあえず、
-------------------------------------------------------------
・会長は気合で抑えているが、最終的に"影"化は止められない、という事。
(というか、もう既にゲラゲラ状態へ。)
・主人公を助けるが、仲間が次々と犠牲になって行った事。
・最終的に、主人公1人だけになってしまった事。

-------------------------------------------------------------
上記の3点が、非常に良い緊迫感を出していると思います。


で、思ったんですけど、
エニグマさんは主人公達が能力覚醒して喜んでいましたよね?
目的は、能力の覚醒 & 進化 だと思うんですけど、

せっかく覚醒した人たちを再起不能に追いやって
何をしようとしているのだろう?


アレか。"強い人間達"じゃなかったら別にいらないって事なのか。
そこら辺の価値基準が曖昧かも。


●ぬらりひょんの孫
神社に住み着いていた男達は最悪です。

おまけに自分達を"神"とか自称してますが、
"神"でも何でもないです。 カスの間違いじゃないでしょうか。


●magico
---------------------------------------------------------------
【1】儀式をして魔法を使えるようになっても、その内使えなくなること
【2】『裏』箒魔法というものが存在すること
【3】新しい儀式の開発は、術者に負担がかかること

---------------------------------------------------------------
という事が今回分かったんですが、【1】と【2】について。

【1】についてですが、
正直、不必要な設定だと思います。

だって、コレだと、
ルーはまた100万回殴り続けなきゃいけないですし、
何と言うか、努力が一時的にしか実らないというのが嫌だ。

それに、今は強いけど時間がたったら、また一般人に戻るんだろ?みたいな
印象が強くなって、個人個人の威厳が損なわれる気がする。

ワンピースで例えるなら、
ルフィが、「そろそろゴムゴムの実を食べないと、ゴムの能力が消えるんだ」とか、
言っているようなものなんですよ。
(編み出した技とかも、全部 無意味に。)

要するに、
"個人そのものが強い"のではなく、
一般人に、"強い能力が付加"されているだけ

という状態になってしまっているんですね。

出来れば、自分は
"個人そのもの"に体得・会得した技がずっと宿っていて欲しいと思います。

思ったんですが、エキドナを封印する儀式にも有効期限があったりするのだろうか?
(封印弱まってきたから、最初からもう一回!みたいな。)


【2】について。
『裏』箒魔法とか出てきたんですが、
裏って一体何なんだろう?

魔法の属性・強さ・相性とかを
分類して欲しいな
と思います。

そうしないと、何故 敵に勝ったのか、苦戦したのかが分からなくなり、
バトルが面白みに欠けてしまう気がする。

あ、でも今回の剣を振ってそこから星が出るという必殺技は、
とても魔法っぽくて良いなと思いました。




<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

●花咲一休
面白いですよねー。
読みきりのときから好きだったんで今後に期待してます。

●magico
【1】車の免許みたいに更新なのでは?
100万回殴った実績はあるので儀式だけでOKとか…
【2】ご都合主…ゲフン

No title

"花坂一休"は面白いですよねv-290

読切の時は、 
----------------------------------------------
四角→死角
屏風の虎の背→ 屏風の虎の背後

----------------------------------------------
上記の様な、言葉遊びで一泡吹かせる形でしたが、

今回は、
-------------------------------------------------------------
フタを開けてはいけない → 茶碗の方を開ける
石頭を斬る対象へ → どちらに転んでも負ける

-------------------------------------------------------------
こんな感じで、どちらかというと発想の転換や、戦略で勝つ形になっていたので、
それが良いなと思いましたv-411
(強いて足りないものを挙げるとすれば、
ヒロインの存在くらいでしょう。)


magicoは、
更新制だとすると、どうなるんでしょうかね?
呪文かなにかを詠唱すれば、儀式(更新)完了になるのかな。

ルーの例で言えば、
-----------------------------------------------------------
【1】「儀式をすれば、再び魔法は使えます。 儀式は100万回殴り続ける事です。」
【2】「儀式をすれば、再び魔法は使えます。 更新なので、1万回殴り続けるだけでOKです。」

-----------------------------------------------------------
【2】なら良いとは思うのですが、【1】であれば、
すなわち0からやり直しという事になってしまうんですよね。

ここら辺は、「儀式」というのが何なのか?によって
大きく変わってくるかもしれませんv-293

バトルの方はアレですね。
新・必殺技を出したら、とりあえず敵はやられるという法則が(ry
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。