スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ39号感想

●ハンターハンター
プフは死んでしまいました。

王やピトーが、どちらかと言うと人間寄り
になる中、
プフは、蟻寄りの立場を貫いていたので、何か行動を起こすかな? と思っていたのですが。

これ、話をまとめに行ってますね。

残っている蟻は、瓦礫で埋もれてたビゼフを助けた
シナモンみたいな帽子を被ったやつぐらいでしょうか?
(よく覚えてないんですが)

【追記】
どうやらヒナという名前の模様。
ヒナの画像と、ついでにシナモン(シナモロール)の画像を貼ってみる。
hina.jpgsinamon.jpg
やっぱり頭の奴がシナモンに見えて仕方が無い。


●magico
ものすごく・・・「ねこわっぱ!」です・・・。
(物語の展開的に)

※ねこわっぱ・・・突然 大会みたいなのが始まって、打ち切りになった漫画。

あと、ブスや豚 連呼してる奴は、キャラとして立ってる訳でもないし、
何か面白くないので、止めた方がいいかと思います。
(脳噛ネウロみたいな毒舌キャラとは何か違う。 何かキャラが立ってないような気がする。)

【追記】
原因が分かった。

これ、毒舌を浴びせられてる側が、
普通に泣いたり、怒ったりしているんですよ。
こういう場合は、リアクションをギャグっぽく返さないと駄目じゃないかと。
(ネウロにいじられる桂木弥子は そんな感じだった)

テレビでも、
「バスケットボールを背後から頭にぶつけられたのがイジメのように見えた」
みたいな事件(?)がありましたが、

これも同じです。
リアクションがギャグっぽく見えなかったから、面白くないと感じるんじゃないかと。


●エニグマ
まーたキャラが訳の分からない事を・・・(´・ω・`)
今週も突っ込みます。

【1】このまま俺一人が乗ろうとすれば お前ら3人で俺に奪いにかかる
   さすがにそれは面倒だ・・・


赤目ツトムさんの発言です。
考えた末、こんな訳の分からない結論に至るとは・・・。

まず、何がおかしいかというと、
電車に乗ろうとしたら、3人が襲い掛かるだろう」と言っているんですよ。

コレは違うと思います。
「俺は4枚持ってるぜ!」と言った瞬間に襲い掛かられる
と判断すべきです。
(他の3人は、現状 リタイア確定の為、目の前にコインがあったら奪いにかかるかと。)

それと、そもそもコイン2枚を切符1枚に交換しないといけないので、
コイン2枚持って乗車しても意味無いですよ?

ドヤ顔でコイン2枚持ったまま乗車してリタイアになったら
それはそれで面白そうですが。


また、「外骨島に行けるのは最後に残った1人だけ」という事だった筈なので、
-----------------------------------------------------------------
「ちっ一枚も見つからなかったぜ!」とか、嘘をついておいて、
制限時間ギリギリに切符を購入、電車に乗る

-----------------------------------------------------------------
こういう風にした方が良いです。

自分以外を全員リタイアさせてしまえば、自動的に外骨島行き確定です。
(まぁ、また変な課題が出されるかもしれませんが、障害は無くなります。)

というか、赤目さんは行き先(目的地)は特に無いそうなので、
もう、虚無駅に潜伏していればいいんじゃないでしょうか?
(別に外骨島じゃなくても)


【2】残りの1枚は2人で奪い合え
最後の切符を手に入れられるのは どちらかだ!


次の瞬間、 「うぉぉお」とか言いながら、スミオと金庫マンが
赤目さんのコインを奪いに来たらどうするつもりだったんでしょうか?

この人(赤目さん)は、
何で自分のコインが奪われるかもしれないという危機感を持たないの・・・。
既に2枚以上持ってる俺は乗車確定!と思い込んでるみたいですが、
-------------------------------------------------
覆面の紳士 2枚  ←1枚赤目さんのを奪う
スミオ 2枚  ←1枚赤目さんのを奪う
会長 2枚
赤目さん 1枚 ←1枚会長にあげる。 2枚奪われる。

-------------------------------------------------
こういう結果にならないとも限らないのですよ?




<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。