スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルゲームについて思った事。

最近、何かと人気のある(?)「ソーシャルゲーム」についてですが、
それについて思った事。

実際にやってみました。
(何処の会社の何とはいいませんが)


こんな感じでした。↓
実際の文章とは内容を変えてあります。
------------------------
モンスターを退治しますか?
[はい]  [いいえ]

※はいを選択する。
------------------------
モンスターを退治しました!
LVが2になりました!

もう一度モンスターを退治しますか?
[はい]  [いいえ]

※はいを選択する。
------------------------
モンスターを退治しました!
LVが3になりました!

もう一度モンスターを退治しますか?
[はい]  [いいえ]
------------------------


・・・えええええええ!?
選択肢 選んでるだけなんですけど?

で、更に進めてみると・・・。
------------------------
もう一度モンスターを退治しますか?
[はい]  [いいえ]

※はいを選択する。
------------------------
体力が足りません!
体力は1時間に5回復します。
アイテムを使うと素早く回復できます。

[アイテム購入画面へ行く]
------------------------

アイテム課金画面が出てきた。

なんじゃこりゃー(´・ω・`)
これ"ゲーム"じゃねぇ!

なるほど。
これが今 勢いがある(?)と言われているソーシャルゲームなのか。

個人的に思ったのですが、これはゲームというより、
"暇つぶし"に近いものがあると思う。


例えるならば、
エアパッキン(プチプチ)をつぶす行為。
(「楽しい!」と思える訳ではないが、何故か淡々と夢中になってしまう。)

そういえば"ムゲンプチプチ"とか言うのもヒットしてたんだっけ。


~個人的な感想~
ヒットしてる理由ですが、その理由は「楽しさ」「面白さ」ではなく、
「暇を潰して淡々と夢中になれる」というのが理由の様な気がしました。

通常のゲームとは違うベクトルで、
「ハマる」という状態になっている
のではないかと。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

昔流行ったCGIゲームと全く同じなんですよね
課金についてですが、時間をお金で買うってのは個人的になかなかうまいなぁと思いますが

No title

そうですねv-293

通常のゲームは、
「楽しさ」等を、1本のゲームソフトとして売るのに対し、

ソーシャルゲームは、
時間の効率化を、期限付きなどで個別に売っているんですよね。
(それ以外にも、レアアイテムみたいなものを売ってたりとか)

利益率の点だけ見てみれば、
圧倒的に後者の方が上手いやり方だと思います。
(「楽しさ」を提供するのではなく、いかに課金したいと
 思えるポイントを作るか?
というやり方)

まぁ、そこら辺が、通常のゲームを求めている人達から
批判の対象とかになっている訳ですが・・・。

これから、どうなるかは分かりませんが、
業界全体がソーシャル系の手法に走るのは
嫌だな、と思ってます。

確実な利益を得るために、 ヒット作のリメイクや、
他社のヒット作の類似したゲームを製作したりする
傾向が少なからずあるので、

安易にソーシャルゲームに走る可能性が無いとも思えないのです。

思ったのですが、
通常のゲームを作る為の開発費を、
ソーシャルゲームタイプの課金方法で賄う、という
両立する方式にすれば、色々と解決するような気がします。
(損益を無視した、自由に冒険したゲームも開発できると思いますし。)

一時期、怪盗のアレとか、海賊のソレとかやってましたが、やりこんだ所で効率良く育成できる程度にしかプレイヤー側の成長がないんですよね。
で、結論としては『時間を持て余している廃人と、無尽蔵に課金しまくる廃人には勝てない』と悟り、止めました(笑)
ちなみに私は一度も課金しませんでしたよ。

No title

そうですねv-404
ストーリーとかで、何らかの価値観が変わったり
考え方が変わったりするものでもないですし、
やり込んでも、効率よく育成する方法が分かってくるぐらいでしょうv-292
(そして、そのステータスを上げる効率の良さが
 別の何かに活かせるかというと、そういう訳でもない

基本、一日中 手が空いているような状況の方々には敵わないですから、
そこまで上を目指そうと思えるようなものでもないですし、
やる意味合いが、結構薄れてしまう部分があるんですよね。

自分も、
【1】ちょっと気になって触ってみる
【2】無課金で頑張ってみる
【3】もういいや


こんなパターンが多いような気がします。
(課金する、という行為までに至らない)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【考察】ゲームはビジネスにすると搾取になるため、インディーズが適切である

資本主義とゲーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。