スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ44号感想

●エニグマ
今回、よく分からなかったのがタケマルの能力です。

能力は確か、
-------------------------------------
・物体の動きを、(時間的に)逆行させる
-------------------------------------
だったと思うんですよ。

今回、キジマの時間を逆行させたんですが、
時間的に逆行させたのであれば、
------------------------------------------
【1】キジマが咀嚼されたパイに戻る
【2】キジマが咀嚼される前のパイに戻る
【3】キジマの骨が咬田シメイの口から飛び出す

------------------------------------------
このように変化しないとおかしい。

今回のは、位置関係を無視した逆行
"状態"の逆行しかしていません。

"状態"の逆行しかしないのであれば、

最初に能力を使った("何故か脱ぎ捨てられていた靴"を逆行させた)際、
靴は全く動かずに、靴が新品の状態に戻るという変化をしないといけないのですが。

なんかもう、タケマルの能力がよく分からない。


●トリコ
ドーピングガーリックだと・・・?

その昔、
七日七晩かけてドーピングコンソメスープを生成する事に
成功したシェフ
を思い出した。

珍しい食材を使わずにドーピングコンソメスープを完成させたあの男は、
小松に匹敵する料理人だったのではなかろうか。


とりあえず、トリコ達は治安の悪い所へ向かった様子。
途中でナチュラルに顔面に向かって発砲する男も居るという、恐ろしい所である。

まぁ、発砲した男はただの素人のチンピラでしょう。
プロは、撃つ時は顔ではなく胸に向かって発砲します。

何にしろ、トリコの相手ではないですね。

で、最後のアオリに「グルメギャンブル伝説開幕!!」と書いてあるので、
ライアーゲームみたく、結構 複雑な試合状況の描写があるのかな?と期待しているのですが、
どうなるんだろう。


●リボーン
今回 登場した尾道とかいうキャラクターが、
適当に考えたキャラクターに見える。 

なんというか、手抜き(ry
ぐるぐる塗りつぶしただけの目とか特に。


●実力派エリート迅
面白かったです。
設定を更に練り込めば、連載しても問題ないと思う。

悪役(?)の息子も、
ストレスが溜まらない程度のクソ加減 で良かったのではないかと。


●鏡の国の針栖川
この漫画は、あまり熱中できないんだ。
なんでだろう?

「好きな相手がバレると死ぬ(?)」という、ラブ・ミラーのリスク
現実的に実感できない、というのと、

全体的にギャグっぽく描かれている為、恋愛のシリアスさが出てない
のが原因かなーとか考えてみた。

前者については、
曖昧なので「死ぬ(?)らしいけど、まぁ何とかなるんじゃないの?」という印象を持つ。

後者については、
「ギャグっぽく描いてるから、なんだかんだで恋愛はうまく行く展開になるのでは?」と思える。

なので、
---------------------------------------------------------------
【1】ラブ・ミラーによる死人を実際に出す (※ただし針栖川以外)
【2】デフォルメ顔を少なくして、また全体的にシリアスな感じにする
---------------------------------------------------------------

こうすると、興味が湧いてくるような気がするんだ!(`・ω・´)


●magico
なんと、ヨシュアさんは
「リア充爆発しろ」を実現させる能力を持っているのか。

なんと素晴らし(ry恐ろしい・・・!


あと思ったこと。
----------------------------------------------------------
「・・・大事なのは・・・・・・『今』なんじゃねーの・・・・・・?」
----------------------------------------------------------
ちょっと臭いです ヨシュアさん。
(セリフ的な意味で)
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。