スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナが絶滅する 可能性があるらしい

最近知ったのですが、
バナナが絶滅する可能性があるらしいです。

~理由について~
まず、バナナは普通種が入ってないと思うのですが、
実はコレ、人間が意図的に量産しているものらしいです。
(つまり、"本当の"普通のバナナには種がある)

なんでも、突然変異で生まれた、種の無いバナナを、
"株分け"という方法により、たくさん増殖させてるとか。

ただ、この方法で増やすと、
全部同じタイプの遺伝子持つ状態になり、
伝染病が発生したら、一気に全滅する可能性もあるとの事。
(クローンが増殖してるような状態なので、
伝染病に強い、伝染病に弱い、みたいな個体差が全く生まれない。
一本の木がやられたら、他の木も全てやられる、という事。)


で、その伝染病というのが実際に存在していて、
パナマ病というらしいです。

このパナマ病により、1950年代、ホンジュラス(国名)にて、
経済発展を遂げるほどの利益を出していた
バナナの大農園が壊滅してしまったらしい。

今はパナマ病に強いバナナを生産し、対応しているらしいのですが、
最近、新パナマ病とか言う、新たな伝染病が発生したようです。

現状、猛威を振るっているらしく、更に悪い事に、
現存するバナナのほとんどが、
この 新パナマ病には勝てない

品種との事。

口蹄疫というのが流行りましたが、
それと同じくらい厄介な伝染病が、バナナ襲うかもしれない。

大丈夫なのだろうか。

なんとも恐ろしいです。
絶滅しない事を祈るのみです。

【参考URL】日本の食卓からバナナが消える日
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。