スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康食品で病気になった話 (石鹸以外)

以前、「茶のしずく」という石鹸を繰り返し使ってたら、
アレルギーになって、殆どの料理が食えなくなるという
事件がありましたが、(あってますが)

それと同様に、
健康食品で別の弊害がもたらされる例が他にもあるようなので、
それを紹介してみます。

******************************************
今回紹介するのは、 酸蝕歯です。

酸蝕歯は、読んで字の如く 酸で歯が溶ける生活習慣病であり、
近年 患者が増えているそうです。

一度解けた歯は元に戻らないとの事。


で、コレを引き起こす原因は酸性の飲食物なのですが、
その飲食物が大まかに以下の通り。
--------------------------
・炭酸飲料
・かんきつ類(みかん等)
・黒酢
・野菜ジュース
・スポーツドリンク

--------------------------

上記のものは、以下の様に ↓
健康を意識して意図的に摂取する事があるので、
---------------------------------------------------------------------
「ビタミンCを多く取ろうとして、グレープフルーツを毎日食べた」
「健康に良いと聞いて、黒酢を毎日飲んだ」
「運動した後、水分補給にポカリスエットを飲んでいた」

---------------------------------------------------------------------
健康に気を付けてた と思ってたら、
歯がボロボロになっていた
、といった事が起こってるようです。


とりあえず対処法は以下の通り。
-------------------------------------------------------
■飲食に関わる対処法
・酸性の飲食物を、口の中に長時間 含まない。
・炭酸飲料など(コーラ、ビールとか)の摂取を控える。
・酸性の飲み物の場合は、ストローを使用し歯に接触させない。

■歯磨きに関わる対処法
やわらかい歯ブラシを使う。
フッ素を含む歯磨き粉を使う。
・力任せに歯を磨かない
食事をした後、すぐに歯を磨かない  ※注1

-------------------------------------------------------
※注1
食事により酸が歯に触れた際、歯のエナメル質が一時的にやわらかくなり、
歯磨きの際、エナメル質が削り取られやすくなるらしい。

時間を置くと、唾液が口内を中性に戻してくれるので、
20~30分後に磨くと良いとの事。


んんーとりあえずアレですね。

「健康食品」とか「天然素材」とか、そういうのを
「摂ればOK!」「とにかく安心」と安易に考えない方が良いのかもしれないです。

【参考URL】酸性食品に気をつけて
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。