スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ35号感想

まず、ジャンプの表紙を見て、
あれ、先週号?と思ったのは自分だけであろうか?
(34号と35号 ナルトの表紙が似てる。)


●暗殺教室
うん、面白いです。
やっぱりインパクトや、意外な展開があると興味が惹かれます。

・朝礼で先生を射殺開始
・月が蒸発して三日月に
・殺しにいこうとしたら、数学を教えてもらった
などなど。

そして、本編。
カルマ君の精神攻撃は恐ろしいです。
前の担任は自殺に追い込んでるな。多分。

しかし、ずっとカルマ君のターンでしたが、
ここに来て先生がタコ焼きを作って応戦してきました。
先生はカルマ君を手入れする事が出来るのだろうか。

・・・あ、そういえば、点火したミサイルは どうなったんだろう?
このままだと教室が消滅するような気が。


●トリコ
そういえば会長の忠告2点が収録されたビデオは閲覧して無かったですね。
このビデオに、
-----------------------------------------------
・四獣はどこからやってくるのか
・この四獣は毒が効かないからココ以外で対応しろ

-----------------------------------------------
みたいな指示があったら、
ちょっとゼブラさんは大変なことをしでかしてしまったような気がする。

ココさんは敵の死相が見えないとか言ってますよ。
大丈夫なのかコレ。


●ニセコイ
また真相は分からないのであった。
これ納得のいくエンディングは用意出来ているのだろうか?


風呂敷を広げまくって、そのまま たたまずに終わり、みたいな
評価をされてる漫画家を知っていますが、そんな感じにならないで欲しいなーと思ってる。


<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。