スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ36・37号感想

●タカマガハラ
ミズホという女性キャラが登場しました。

えと、とてもとても失礼ではありますが、
女装した男にしか見えなかっ
年上のおねーさん・・・だと・・・?


まぁ、それは置いておいて、
次の敵が出てきましたね。

な、なんですかこのドーピングコンソメ神業は。
まさか、カッター男を上回る変態が出てくるとは。

もう、主人公が漫画家になれるとかどうでもいいから、
週間隔で変態が出てくれば自分はそれでいいです。
(なげやり。)


●トリコ
四獣は1匹とのこと。

えー(´・ω・`)
じゃあもう"一獣"でいいじゃないですか。
("一獣"が 4匹のモンスターを召還する、みたいな)

何でそんな紛らわしい名前をしてるんだ。
あれか、百足(ムカデ)なのに実際の足は100本ありませんみたいな。


●戦星のバルジ
掲載位置がヤバい。

思うに、キャラクターに感情移入が出来なかったのが原因かな、と。

この漫画では、
もう何度も"家族"をテーマにしてると言わんばかりの描写があったんですが、

家族が大事だと思っているんですね
というのが分かっただけで、
主人公に対しての愛着は(何故か)あまり沸かなかったのです。

トリコみたいな、主人公すげぇ!と思える能力を持っていなかったのも原因かな、と。
あくまでも王具を扱えるだけで、主人公は強くない、みたいな状態ですし。。


●めだかボックス
真の狙いは、
人質たちが、封印を自力で解くまでの時間稼ぎとの予想ですが、
これは違うと思う。

時間稼ぎが目的であれば、
-----------------------------
制限時間:1万時間
(1万時間未満に答えたら失格)

-----------------------------
上記のようなルールを設定すると思います。
(安心院さんぐらいしかクリア出来ないですね)

それに制限時間の設定は
"偶然にも"黒神めだかさんが決めて良い事になったので、
最初から時間稼ぎの戦略を考えていたとは考えにくい。

しかし、結局めだかさんの狙いが分からん。


●ブリーチ
休載になるのか!

ともかく、体調が良くなり次第、復活して欲しいと思います。
ブリーチだけじゃなく、念能力のアレとかも。


●暗殺教室
なるほど、カルマ君の経緯が分かりました。
----------------------------------------------------------
【1】カルマ君は、味方になってくれる先生を信頼していた。
【2】先生が味方になってくれたのは、
   ただ単に、自分の地位や都合の為だった事が判明。

  ("カルマ君 個人"に対する想いなどは無かった。)
【3】先生に殺意を抱く。
【4】しかし、信頼していた先生は"死んでしまった"ので、殺せない。
【5】代わりに、E組の先生を殺そうとする。

----------------------------------------------------------
で、今回 殺先生は本当に生徒の事を考えているので、
カルマ君の中で殺先生は"死なない"し、殺す事も出来ない、と。

なるほど・・・良いエピソードです。
松井先生は、こういう現実の無機質な部分の描写と、
それに対する精神的な描写が上手いなと思う。

-------------------------
話は変わり、殺先生を暗殺する方法を考えて見ましょう。

一番 暗殺に成功しやすいのは、
やはり生徒を人質に取る事かなと思います。

------------------------------------------------
動くと生徒を殺す。
生徒を殺されたくなければ、おとなしく暗殺されろ。

------------------------------------------------
↑こんな感じの要求をする。

しかし、コレをやると、
個人的に考えうる限り一番 暗殺成功の可能性が高いですし、
暗殺方法が、上記の人質戦法のみになりそう(ワンパターン化しそう)な気がする。
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。