スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ41号感想

●トリコ
なんと、四獣は四天王全員でも倒せないという。
コレは・・・マンサムさんゾンゲの出番ですね。

マンサムさんは、普通に肉弾戦で戦ってくれるとして、
ゾンゲに関しては、Mrサタン的な立ち位置で
地味に重要な役割を果たして
くれそうな気がする。

とりあえず、ゾンゲさんは四獣に対して
屁でもこいてればいいんじゃないでしょうか。

もしかしたら四獣の動きを(一時的かもしれないが)とめられるかもしれない。
("ゾンゲの屁の臭さの恐ろしさ"は、美食會に匹敵する、っていう設定ありましたし)


●戦星のバルジ
終わったか。。。

話自体、明るい内容ではなかったし、
敵の討伐も、それほど爽快感があるという訳では無かったし、
それが原因なのかなーと思ったり。

最後の"おしまい"が投げやりな感じがしなくも無い。


●恋染紅葉
どうしよう。先の展開があまり気にならない。

やっぱり恋愛モノは、登場人物に興味を持ってないと(感情移入できないと)
先が気にならなくなってしまう
という、危険性があるような気がする。
(連載的な意味で)

とりあえず、何らかの理由により、
春日小鳥が改心する展開になるんじゃないかなーと。

例えば、こんな感じ。
①春日小鳥が、芸能生命の危機に立たされる
②そこを、主人公が助けてくれる
③小鳥:「どうして、私のことを・・・?」
④主人公:「俺の家族や妹はアンタのファンなんだ、だから…」
⑤小鳥さんが改心



●暗殺教室
イリーナ先生は、倉庫での暗殺のときに
対先生弾を使っていれば暗殺に成功してた
んじゃないかなーと、ふと思った。

ひとまず、 新しい暗殺者が現れた ⇒ 殺先生の勝利 
⇒ 新しい暗殺者が現れた ⇒ 殺先生の勝利
これが繰り返されるとマンネリになりそうなので、ここら辺で別次元の展開を希望…!


●烈!!!伊達先パイ
この漫画は、勢いが良いですね。
べるぜバブみたいに気軽に読める感じの漫画になりそうです。

もう、ひたすらハイテンションで暴走して行けば面白いと思います(笑)


●クロガネ
最後は気合や努力的なもので勝ってしまった(´・ω・`)

個人的に、「ここを攻撃するときにこういう理由で隙が出来る」みたいな
理屈とかで倒す方が良いなーと思いました。
(しかし、剣道という題材である以上、そんなに数多くの戦略とか策略は作れなさそうである)

次回は、2TOPの対決との事ですが、
こちらもどんな強さを持っているのかをキャラ別に用意できているのかが心配だったり。

●斉木楠雄のΨ難
霊能力者が出てくるのは面白い展開だと思った。
しかも寺生まれのTさんじゃないですか。
(寺生まれのTさんって、知っている人は少なそうなのだがどうなんだろう?)

こっちのTさんは煩悩に塗れまくってますけども。


●BLEACH
おぉ総隊長が格好よい・・・!
久保先生は見せ場のコマとか描くのが上手いと思う。

先に卍解を見せてしまったので、相手からの反撃がありそう、
というのが 少し気がかりな点ではありますが。

それはともかく、
なんかルキア奪還編の頃の雰囲気が出てきたような気がする・・・!
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。