スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ47号感想

●タカマガハラ
最近の展開は面白いです。
エミシ君の能力は "音消し"ではなく、"他人を操る"であったか。

殴らないと操れないというのも、事前に伏線が張ってあって良かったです。
ただ変態が出てくるだけの展開だった初期とは大違いである。)


●トリコ
(確か)鉄平さんが死んだ・・・?
ハンターハンターのカイトを髣髴とさせる展開である。

唐突に死んだので、衝撃よりも困惑の方が強いかも。
(ハンターハンターの方は、事前に恐ろしい敵だという描写があったので、
   恐怖・絶望感が強かった。

マンサムさん結局出てこなかった。
もしかしたら、不意打ちを食らって倒れてたりするのかもしれん。


●リボーン
何かもう終わりそう?な感じである。
--------------------------
ツナが死ぬ気で○○ッ!?
--------------------------
何か上記の予告があったんですが、
告白とかプロポーズとかかな?と思った。


●ブリーチ
よく思い返してみた。

よく考えたら、更木剣八さんは、
偽者のユーハバッハさんに負けた
ことになるのか。

姿・能力を真似るロイドロイドには勝利して、
姿・記憶を真似るロイドロイドさんには敗北したことになる。

普通に考えて、前者の方が負ける可能性が高いような気がするのですが、
何故 後者に敗北してしまったのか。


●ニセコイ
よく分からんが、漫画の世界で演劇をやる事になった場合、
「ロミオとジュリエット」を行う可能性が高いような気がする。
(特に恋愛が関わってくる漫画)

現実の世界でも、「ロミオとジュリエット」ってやったりするのかな?とふと思った。
自分も演劇をやった事がありますが、「風の又三郎」でしたよ。


<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。