スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム開発 現状報告 ~11/6~

ゲーム開発の現状報告です。

【1】描画システム構築について

DXライブラリの方は、大体完成しました。
キーフレームアニメーションとか、役に立ちそうな機能とかを作ったりして調整中。


↓ キーフレームアニメーションを定義するフォーマットがこれ。

【参考画像】
KeyFormat.jpg

一番上の行は、変化させる要素を記載します。
上記では、座標X,Y、画像、透過度を 変化させるように指定しています。

※座標Xしか変化させない場合は、
 1行目を「 Time 1:PosX 0:end 」という風にする。

で、上記のキーフレームアニメーションについてですが、
-----------------------------------
・アニメーション開始待ち時間 指定
・相対座標、絶対座標の指定

-----------------------------------
も出来る様にしてます。

たとえば、タイトル画面で、
「はじめから」という画像を X座標 0 → 200、Y座標 0 → 0 と
変化させてスライドインさせるとします。

で、次に、
「つづきから」という画像を X座標 0 → 200、Y座標 200 → 200 と
変化させてスライドインさせるとします。

この場合、以下の2つのキーフレームアニメーションフォーマットを作るのは
面倒 & 効率が悪いので、
------------------------------------------------------------
【アニメーション1】X座標 0 → 200、Y座標 0 → 0
【アニメーション2】X座標 0 → 200、Y座標 200 → 200

------------------------------------------------------------

下記の描画オブジェクトを定義し、
その2つのオブジェクトに相対座標で【アニメーション1】を適用します。

・描画オブジェクト1  (0,0)
・描画オブジェクト2  (0,200)

すると、「はじめから」「つづきから」の画像が、
両方とも適切にスライドインして表示されるという寸法。


【2】Xファイル読み込み機構について
Xファイル読み込み機構についてですが、
現在、
メタセコイアで作成したモデルを読み込む機能は実装しました。

【参考画像】
ModelDraw.jpg

(左が元データ。 右が元データを読み込んで表示したもの。)

-------------------------
・アニメーション機能
・テクスチャ貼り替え
・メッシュ情報のコピー

-------------------------
上記の機能も実装出来次第、
ソースコードを公開する予定ですので、
少々お待ちください。

諸々 予定が後にずれてますが。。
えと、アレだ。時間をください・・・!
(作業の大まかな終了期間を想定するのは、意外と難しいですね。。
  目標(予想)より、2か月分くらい大目に見ておくぐらいがいいのかもしれない。)
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。