スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FlashBuilder4.7での、iPhoneアプリ開発を開始しました!

現在、早速
FlashBuilder4.7を使用してのアプリ開発に着手しております。

※参考として下記の書籍を買いました。
(プログラムだけではなく、アプリの作成からマーケット登録までの流れも解説してある。)
              Andoid_iPhone実践プログラミング
【参考URL】Flash Builder 4.5で学ぶAndroid/iPhone実践プログラミング

あと、まだ購入してないですが、
下記のアプリ内課金システムの構築に特化した書籍も購入する予定。


==============================================

で、着手して思ったのですが、
「これがあれば完璧だ!」と思える参考書籍&サイトが少ない。

FlashBuilder4.7にて、Flexフレームワークの最新バージョンである4 (Flex4)で
開発を進めているのですが、解説サイトとかではFlex3のソースコードだったりする。

※おまけにFlex3⇒Flex4の移行により、かなり実装方法が変わった部分もあって、
 コンパイル自体が通らないor意図どおり動作しない場合多し。(画像が表示されなかったり等)


あと、実装方法が納得行かないコードが多くて、
こういう実装方法は出来ないのか?と試行錯誤するのに時間がかかったりしました。

【具体例】
例えば、書籍では下記の様に
【1】MXMLファイルに、コンポーネントを記載
【2】そのコンポーネントに対して、ActionScriptで操作

というコードが解説されてあったりするのですよ。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:View xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml2009"
xmlns:s="liberary://ns.adobe.com/flex/spark" title="ホーム"
<fx:Script>
<![CDATA[
[Embed("Sample.jpg")]
[Bindable]
private var img:Class;

protected function SampleClick(event:MouseEvent):void
{
image1.source = img;
}
]]>
</fx:Script>
<s:Image id = "image1" x = "100" y = "100"/>
<s:Button x = "0" y = "400" label = "クリックで画像表示" click="SampleClick"/>
</s:View>

※ボタンとimageオブジェクトを配置しておき、
 ボタンをクリックするとSampleClick関数が呼び出され、
 imageオブジェクトに画像情報が入る、というサンプル。


上記の場合、まずActionScriptを外部ファイルに出来ないのか?と思ったんですよ。
(fx:script~/fx:scriptで囲まれてる部分。)

確かに実装は出来ますが、 C++でたとえるなら
main.cppにソースコードを全部書くという事をしてるのと同義な訳で、
何とかできないのかと調べまくりました。

また、コンポーネントに代入というのが
非常に納得がいかなかった。


(上記のような単純に画像1つを表示するサンプルならまだしも)
だって、ゲームで敵が10体出るとするじゃないですか。

その時は予め下記の様にコンポーネントを用意するのでしょうか?
こんな感じ。↓

<s:Image id = "Enemy1" x = "100" y = "100"/>
<s:Image id = "Enemy2" x = "100" y = "100"/>
<s:Image id = "Enemy3" x = "100" y = "100"/>
<s:Image id = "Enemy4" x = "100" y = "100"/>
<s:Image id = "Enemy5" x = "100" y = "100"/>
<s:Image id = "Enemy6" x = "100" y = "100"/>
//以下略

物凄く固定的で、もし敵が出現しない場合は、
"使用しない無駄なコンポーネント"を大量に定義してる状態なります。

こんな馬鹿な実装方法でいいはずが無い
と思い、これも調べました。

※調べたらありました。動的に描画オブジェクトを追加する方法が。


とりあえず、現段階では上記2つの問題点は解決し、
ブラウザ上で実行出来る所まで確認出来ました。
【参考URL】フラッシュサンプルテスト.html

↑実際にFlashBuilder4.7で作った.swfファイルを実行するページ。 多分動くはず。
 ※実行するとレイトン教授VS逆転裁判の画像が表示されます。
 ついでに赤色で塗りつぶした四角形も表示されます。

※本来なら"Flexモバイルプロジェクト"で、スマートフォン用に作るべきですが、
Web上で動くサンプルも作ってみたかったので
"Flexプロジェクト"でFlashファイルを作ってみました。


とりあえず、今後の予定
【1】頒布用ゲーム製作(DirectX)
【2】Web上で動作するゲーム製作(FlashBuilder>"Flexプロジェクト")
【3】スマートフォン上で動作するゲーム製作(FlashBuilder>"Flexモバイルプロジェクト")
【4】FlashBuilder4.7を使用したアプリ開発の解説記事の製作


【1】・・・イベントで配布した、例のにほんごパズルゲーム
【2】・・・ローグライク的なものを作ろうと思ってる。
     "ギコネコの大冒険3"みたいなのを作ってみようかと画策中。
※ギコネコの大冒険 ・・・唐草氏によって作られたFLASHゲーム。
           "ギコネコの大冒険3"が作られる予定であったが、
           時間が無い等の理由により、開発中止が発表された。現在も公開されていない。
【3】・・・具体的にどんなジャンルのものを作るのか未確定。
    アプリ内課金も実装したいので、仕様から練りこむ必要がある。
【4】・・・FlashBuilder4.7を使用した解説記事が少なすぎる事により憤慨。
    自分のこのブログで解説記事を書く事を決意。
    上記で示した外部ActionScriptの読み込みなどをひとまず解説する予定。

急いで諸々の作業を進めていきます・・・!(`・ω・´)
(もっと開発の時間が欲しいです。(ボソ)

寿命
FlashBuilder4.7の寿命まで、あと55日。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

おー頑張ってますねー。
個人的にはDirectXで作って欲しいんですが、
時代が時代なだけにそうもいかない感じですかね・・・?
にほんごパズルゲーム楽しみにしてます!

No title

予定が遅くなってしまって申し訳ないですv-292
日本語パズルの方を早く完成させたいと思います・・・!
(根幹となる自動アップデート機能やらキーコンフィグ機能やらで難航中)

日程通りにはなかなか上手く進んでいない現状があるので、
ちょっと開発効率向上の面でも対策を考えないといけないですね(´・ω・`;)

ちょくちょく進捗状況も目に見える形で共有していこうと思います・・・!
開発頑張ります!今年もよろしくお願いいたします!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。