スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FlashBuilderで作ったプロジェクトに広告を表示させてみた

更新が滞り気味になっていたので、
とりあえず現状報告です!

現在、アプリ公開するなら広告収入もあった方が良いよなと思い、
その方法を調べてました。

で、一番手っ取り早いなと思ったのが、
StageWebViewオブジェクトを使う方法です。

StageWebObjectは、アプリ内に
描画領域を指定して直接HTMLなどを表示出来ます。
( Webで言うところの、iframe(インラインフレーム)みたいなもの )

とりあえず、描画領域の左上の部分がx,y = (0, 180)で、
640×470の描画領域を指定して、
事前に用意しておいた、Amazonアソシエイトの広告が貼ってあるHTMLを表示させてみた。

【参考画像】
AdSample.jpg

※実機ではなく、FlashBuilderのデバッグ機能(エミュレータ)で実行しました。


こんな嫌がらせみたいな広告を貼るつもりはありませんが、
(画面のど真ん中である。)
せっかくなのでちょっと試してみました。

■懸念点
・Amazonアソシエイト利用規約に違反していないか?
・そもそもAppleの審査に通るのか?


まぁ、某アプリではAppleの申請の時だけリジェクトされる要因(広告とか)を消して、
申請に通ったら、隠していた機能を表示みたいな事をやっているので

そんな対応で切り抜けられるかもしれない。

(どうなるか分からんので、実際にはやらない方がいいです。
  訴訟とか訳の分からんことになっても、責任は持てません。)


あと、StageWebViewオブジェクトは、
アプリで良くある「運営のお知らせ」とかにも使えますね!

【参考画像】
AdSample2.jpg

巷で出回っているアプリも、
たぶん、上記の様な実装をしてるんじゃないかなーという予想。


ひとまず今回のソースコードです。

【ソースコード】StageWebView.txt

FlashBuilderで、「新規>ActionScriptモバイルプロジェクト」を選択、
名前を「TestActionScript」として作成した後、TestActionScript.asファイルに
下記のソースコードを貼り付ければ動作するはずです。
========================================================
【要点】
・StageWebViewオブジェクトは、一番前面に表示されます。

 (アプリ内の画像などは背後に隠れる。)
・StageWebViewオブジェクトを非表示にしたい場合は、
 新しく生成したRectangleを突っ込んでやればOK.

(上記サンプルでは、クリックした際に非表示になるようにしてます。)
========================================================



もしアプリを公開できたら、アスタとかネンドとかに登録してみようとか思っています。

■ネンド
iPhone/Android向け広告を表示できるサービス。
最短で一時間で広告配信開始できる。
既に完成済みのサイトやアプリを、登録の際に記載する必要あり。

【参考URL】nend(ネンド)-iPhone・Androidなどスマートフォン向けアドネットワーク広告出稿

■アスタ
サービス登録を行う事により、アプリ内でアイコン型広告などを設置出来るサービス。
登録には、既に完成しているアプリが必要。

【参考URL】スマホ、スマートフォンのアプリ広告で収益収入最大化ならアスタ
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。