スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ12号感想

●暗殺教室
おっと、これは良くないですね。

ルールの抜け穴を利用するならまだしも、
露骨なルール無視をしてきました。
( リングの外に足が付いたらその場で死刑、という約束だったというのに。 )

自分(達)で定めたルールを、
自分(達)が守らない
とか、もう意味不。

クラスメイト達は、イトナ君の頭めがけて
対殺せんせー弾とかを撃っても良い
と思う。


●新米婦警キルコさん
なんか、若干方向性が分からなくなってるような気がする。
(物語的な)

やっぱりストーリーの軸はあった方が良いのかなと思う。
事件の発生率、検挙率の目標を決めて、その目標に対する推移を描写する、とか。

日常パートでも良いかな、と思いましたが、
あんまり日常過ぎると警察官という題材が全く無意味になるような気がした。

なので、
-------------------------------
・守るべきものの明示
・犯罪者の登場
・キルコ達が犯罪者に立ち向かう

-------------------------------
という感じにすると良いのかなと。

例:犯罪者が子供たち(幼稚園児)を誘拐。キルコ達が救出に向かう。

あと、せっかくトンファブレードがあるのだから、
必殺技の一つや二つ用意しても良いかなと思う。

トンファブレード奥義 -其の七- :「●●●!!」  とか。

<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : 週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。