スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム開発状況とか - 4/14(日)

各ゲーム制作の進捗状況を記載します!(`・ω・´)



■3Dゲーム制作
六角大王にて作成された3Dモデルが、正常に読み込めるかの検証を行いました。
("乙谷"さんが3Dモデルを作成しているのですが、
  それを読み込めなかったら意味が無い為。)



ひとまず四角すいのデータを作って貰ったんですが、
内部データはこんな感じでした。

Material Material0 {
0.750000;0.750000;0.750000;1.000000;;
0.000000;
0.300000;0.300000;0.300000;;
0.000000;0.000000;0.000000;;
}

Mesh {
5;
-4.484934;39.94751;19.176960;,
10.431082;0.000000;-0.250117;,
-26.129743;0.000000;-0.250117;,
-26.129743;0.000000;38.808709;;

6;
3:0,2,3;,
3:0,3,4;,
3:0,4,1;,
3:0,1,2;,
3:4,2,1;,
3:4,3,2;;

MeshMaterialList {
1;
6;
0,
0,
0,
0,
0;;
0;;
{ Material0 }
}
}

※"乙谷"さんが送信してくれた、xファイルの画像をテキストに直してみました。
 その為、誤字などがあるかも。

で、パっと見気づいた点が2つ。

まず一つ目。
Materialの記述形式が違うという事です。

上記を見ても分かりますが、
Materialの情報が、Meshの外にて定義されています。

自分は、下記の様に
MeshMaterialListの中にMaterialの定義がある事を想定していたのですが、
六角大王が吐き出すxファイルは、ちょっと形式が違うようです。

MeshMaterialList {
1;
6;
0,
0,
0,
0,
0,
0;;
Material {
1.000000;1.000000;1.000000;1.000000;;
0.000000;
0.000000;0.000000;0.000000;;
0.000000;0.000000;0.000000;;
}

}



次に2つ目。
四角ポリゴン、多角ポリゴンが存在しないという事です。

今回"乙谷"さんに「四角すい」を作ってほしいと依頼をしたのですが、
これは、三角ポリゴンと四角ポリゴンが混在するかを確認する為でした。
(もし混在してxファイルに変換されるとするならば、
    四角すいの底面が四角ポリゴンに変換されるであろう、と推測。)

これは非常にありがたいです。

メタセコイアという3Dモデルを作成するソフトがあるのですが、
こちらは四角ポリゴンが生成されてしまうのです。

四角ポリゴンが生成されてしまうと、
---------------------------------------------
・四角ポリゴンを、三角ポリゴン2つに置き換え
・置き換えた三角ポリゴンに対応する様に、頂点インデックスを修正、
 法線情報を修正、頂点の数を修正

---------------------------------------------
など、面倒な処理が発生するのです。

【三角ポリゴンに変換する理由】
DirectXで表示出来るのは三角ポリゴンのみで、
四角ポリゴンには対応していない為。


というか、Xファイルの形式は一つにして欲しい。
なんでFrameがあったり無かったり、Materialのデータが中にあったり外にあったりしてるの。

最新版のDirectXではXファイル関連のサポートが無くなっているようですし、
3Dモデルの独自形式(フォーマット)を作成しても良いのかもしれない。



<追記予定!>
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。